弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害

2018年09月10日

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもらうことができます。 休業損害の計算方法は、会社員や自営業など、職業によって異なります。専業主婦や学生など収入がない場合でも支払ってもらえる可能性があります。 この記事では、休業損害の職業別の計算方法について詳しく解説します。

目次

  1. 休業損害とは
  2. 休業損害を算定する3つの基準
  3. 裁判基準の休業損害は職業によって異なる

休業損害とは

休業損害とは、交通事故の賠償金の費目のひとつで、交通事故でケガが治るまでの間、または症状固定(これ以上治療を続けても症状が改善しないと医学的に判断されたこと)までの間、仕事を休むことによって減ってしまった分の収入のことをいいます。

逸失利益との違い

休業損害と似ている賠償金の費目に「逸失利益」があります。 交通事故によるケガが完治せずに後遺障害認定を受けた場合(または死亡した場合)に、「後遺障害が残らなければ(死亡しなければ)得られたはずの収入」を逸失利益として請求できます。 休業損害と逸失利益は、どちらも被害者の収入を補償するという点で共通しています。 しかし、休業損害は、治療のために仕事を休むことについての補償です。これに対して、逸失利益は、治療しても後遺障害が残った場合(または死亡した場合)に、そのことによって減少する将来の収入を補償する意味があります。 つまり、症状固定日または死亡までの収入の補償が休業損害で、それ以降の損害が逸失利益という関係にあります。 alt

逸失利益は、休業損害とは別の費目として請求することになります。逸失利益の詳しい計算方法については、文末の【次に読みたい記事】を参考にしてください。

休業損害を算定する3つの基準

休業損害をはじめ、交通事故の損害を計算する基準は、次の3種類があります。

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 裁判基準

自賠責基準とは、ドライバー全員が加入する義務のある自賠責保険が定めている基準です。自賠責保険は最低限の補償を目的としているため、金額としては3つの基準の中では最も低額となります。また、上限額が決まっています。 自賠責基準で支払われる休業損害は、原則として、休んだ日数1日につき5700円です。

仕事を休んだことによる収入の減少が1日につき5700円を超えることが資料などにより証明できる場合には、1日につき1万9000円を上限として支払ってもらうことができます。

任意保険基準は、ドライバーが任意で加入している民間の保険会社がそれぞれ定めている基準です。 賠償金が自賠責保険の上限額を超えた場合に使われるため、自賠責基準よりは高額になります。 裁判基準とは、過去の裁判例から統計化された基準で、3つの基準の中で最も高額な基準になります。 保険会社が提示される休業損害の額が適切かどうか判断するためにも、裁判基準の算定方法を理解しておくことが重要だといえるでしょう。

裁判基準の休業損害は職業によって異なる

裁判基準の休業損害の算定方法は、給与所得者や自営業といった職業別に異なります。 以下、職業別の計算方法の記事を紹介しておくので、自分のあてはまる職業の記事を参考にして、自分に認められる休業損害の額を想定できるようにしておきましょう。

給与所得者

会社員など、給与所得者の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

事業所得者

自分で会社を経営しているなど、事業所得者の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

会社役員

会社の取締役など、会社役員の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

専業主婦(主夫)

主婦・主夫(兼業主婦を含む)の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

失業者

失業者の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

学生

学生の計算方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

このページのタイトルとURLをコピーする

あわせて読みたい関連記事

交通事故被害の解決までの流れ

知らなかったことで泣かないため 道しるべここにあります

交通事故被害に遭ったときに、
この先知っておくべき注意点解決までのステップが1ページでわかります。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故を扱う弁護士を探す

休業損害に関する法律相談

  • 個人事業主の人身傷害補償保険の休業損害

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償休業損害

    個人事業主の人身傷害補償保険の休業損害について、自損事故で骨折し、9ヶ月ほど休業しました。仕事内容は現場仕事です。忙しい時は外注を頼んだりしてます。3ヶ月分の休業損害は頂きまし...

    2弁護士回答
  • 交通事故の休業損害について

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償休業損害

    今年の5/12に信号待ちで後ろから 50-60キロで追突されました。 10:0の事故です。 弁護士つけています。 車両は直してもらいました。 怪我については、まだ首と肩が 痛むので整形外科に通っ...

    1弁護士回答
  • 水漏れ事故の損害賠償請求について(当方建物借り手側です)

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償休業損害

    初めてご相談させていただきます。 ある店舗を経営しているものですが、先日建物の天井に通っている給水管から水漏れがあり、床や空調、陳列してある商品が濡れてしまいました。この復旧の為...

    2弁護士回答
  • 仲裁役であれはずねか加害者側の弁護士の役割に疑問。

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償休業損害

    人身事故の被害者です。治療を継続して休職中です。加害者の保険会社に必要な書類をまとめて治療費と休業損害を請求してから1カ月経過しましたがいまだに支払われずまして1週間ごとに付加的...

    2弁護士回答
  • エスカレーターの事故

    交通事故交通事故慰謝料・損害賠償休業損害

    慰謝料、休業損害についてお伺いしたいです。 下りのエスカレーターに乗っている時に泥酔した男性が落ちてきて巻き添えにあい怪我をしました。 相手の弁護士から慰謝料50万申し出の手紙と示...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30

法律相談を検索する

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...