弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害の解決事例

むち打ち症例事案で、当初提案額約45万円を、約90万円で解決しました。

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

依頼主 30代 男性 相談前  6ケ月程むち打ち症例で通院加療している事案で、休業損害は発生していないケースでした。
 相手方の損保会社の提案は、約45万円の提示でした。
相談後  このご相談者様の場合には、弁護士費用特約があるために、提訴への経済的な負担がないことから、交渉の段階でも、いわゆる赤い本基準(裁判所基準)で交渉をしたところ、最終的には、赤い本基準にて、解決を図ることができました。
 手取り金額は、約45万円から、2倍の90万円となりました。
寄井 真二郎弁護士からのコメント  当事務所では、むち打ち症例の非該当事案、14級事案、12級事案も数多く取り扱っております。
 解決方法としては、示談交渉、紛セン申立て、調停、訴訟等の手段がありますが、ご相談者様と相談して、その時点では、ベストな手段が講じられるよう丁寧に対応させていただいております。
 今回も、休業損害が発生しないケースでしたが、弁護費用特約を付保しているために、交渉がしやすかったと思います。
 ぜひ、当事務所をご利用下さい。

お気に入りに追加
寄井 真二郎
寄井 真二郎 弁護士

弁護士法人しまなみ法律事務所

【交通事故に特に注力する地元密着の弁護士】【むち打ち/高次脳機能障害/死亡事案のご...

電話番号

電話で問い合わせ
050-5285-0757

休業損害に関する解決事例

染川 智子

染川 智子弁護士

個人情報の休業損害や逸失利益(後遺障害)の増額交渉

個人事業主で、休業損害や後遺障害の逸失利益の計算のために、確定申告書などの経理書類を保険会社に提出しました。すると、税金対策をしていたため、実態に合わない、とても少ない金額しか認定してもらえませんでした。そのため、弁護士さんに相談してみました。弁護士に任せたところ、経費処理していた実質的な収入なども計算しても...

藜園 泰斗

藜園 泰斗弁護士

後遺障害等級認定を獲得し、示談金が4倍になりました

ご相談者様は、普通乗用自動車に乗車して信号待ちで停車中、後方から同じく普通乗用自動車に追突され、外傷性頸部症候群の診断を受け通院。保険会社からは、後遺障害について、申請しても等級は認定されないと言われ、治療を終了して約68万円で示談したいという申し入れを受ける。示談金額および後遺障害等級を申請しないままで示談す...

鈴木 聡

鈴木 聡弁護士

代表者の休業損害が認められたケース

交通事故被害を受け、休業したので、 加害者の保険会社に対し、 休業損害を求めました。 しかし、代表者で減収がないと言われ、支払いを拒絶されました。代表者であっても、実際には自ら現場に出ていて労働していること、実際には収入が減っていることを明らかにした結果、一定の休業損害が認められました。代表取締役が交通事故...

内堀 逸郎

内堀 逸郎弁護士

自営業者の休業損害を的確に立証し増額を実現しました

当初,保険会社は,被害者の確定申告書記載の「所得金額」を基礎収入として休業損害を計算していました。当職が介入後,休業損害の基礎収入に固定経費分を上乗せするべきであることを主張した結果,こちらの主張が全て認められ,当初提示の倍額に近い内容での和解が成立しました。自営業者の場合,保険会社による休業損害の補償は低額...

交通事故を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...