弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

休業損害の解決事例

示談金提示後の交渉で約50万円増額解決した事例(むちうち)

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

依頼主 20代 女性 相談前 20代の福岡市在住の女性が、夫の運転する車の助手席に乗って高速道路を走行中、後方から車線変更しながら追い抜こうとした加害車両に追突される事故に遭い、頚椎捻挫・腰椎捻挫・手関節捻挫の怪我を負われました。

被害者は5ヶ月に渡る治療を行い、幸いにして症状はほとんど残存しませんでした。

このため、治療終了時点までの損害賠償額について相手方から75万円という提示がなされました。

この提示が適切なものか否か不安になった被害者は、契約されている保険代理店に相談され、弊所をご紹介いただきました。

ご相談時に、相手方から提示された賠償額を拝見しながらお話を伺ったところ、傷害慰謝料と休業損害が低額であり、悲観的に見積もっても40万円程度の増額は見込めると考えられました。

弁護士費用特約も付されていたため、被害者にとって弁護士を付けるメリットはあってもデメリットはなく、その場でご依頼を受けることになりました。
相談後 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃当事務所の活動
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
被害者はパートで働かれている兼業主婦の方でしたので、主婦休業損害を請求することにしました。

主婦休業損害は、交通事故によって生じた怪我のため、家事労働が困難になったことを具体的に主張する必要があります。

被害者は、頚部痛・腰部痛に加え、手関節の痛みのためにギプス固定を行っており、実母に幼い子どもの世話や家事を代わってもらっていました。

これら実際に被害者が感じている家事への支障を相手方に主張しました。

また、慰謝料について、裁判基準からの減額は認めないという強気の態度で交渉に臨みました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃当事務所が関与した結果
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
交渉の結果、休業損害については当方の請求の60%(実際に訴訟をした場合、当方請求の40%程度になると考えられます)、慰謝料は裁判基準どおりの回答を引き出すことに成功しました。

これによって、ご依頼から1ヶ月半ほどで約50万円の増額を勝ち取ることができました。

==主な損害項目とサポート結果========================
 ●休 業 損 害:[相談前]18万円 → [相談後]42万円【24万円増額】
 ●傷害慰謝料:[相談前]58万円 → [相談後]83万円【25万円増額】
 ●最終支払額:[相談前]75万円 → [相談後]124万円【49万円増額】
==========================================
宮田 卓弥弁護士からのコメント 主婦休業損害は、具体的な家事への支障を相手に伝えることに加え、それが訴訟になっても立証可能であるため示談で終わらせたほうがいいと思わせることが必要です。

今回は相手方が訴訟を嫌がっている感触を受けたため、慰謝料も併せて、かなり強気に交渉した結果、裁判基準での示談を成立させることができたと思います。

お気に入りに追加
宮田 卓弥
宮田 卓弥 弁護士

弁護士法人たくみ法律事務所

★九州最大級の実績★解決するまで費用は発生しません★保険会社とのやり取りはお任せ★交通...

電話番号

電話で問い合わせ
050-5877-0416

メールで問い合わせ

休業損害に関する解決事例

羽賀 倫樹

羽賀 倫樹弁護士

【脊柱変形11級・主婦】弁護士依頼前から2.3倍に賠償金が増額になり示談

Aさんは、横断歩道を青信号で歩行していましたが、同方向から右折してきた四輪車に衝突されてしまいました。この事故でAさんは、第1腰椎圧迫骨折の怪我をされ、脊柱の変形が残ったとして11級7号の後遺障害が認定されました。そして、保険会社から賠償金の提示がありましたが、その妥当性が分からず、弁護士費用特約を利用して示...

羽賀 倫樹

羽賀 倫樹弁護士

【高次脳機能障害7級・学生】高次脳機能障害7級。約7000万円で示談成立。

Iさんは、バイクを走行して交差点に差し掛かったところ、左側車線を並走していた四輪車が突然転回してきたため、避けられず衝突してしまいました。この事故で、Iさんは、びまん性軸索損傷等の怪我を負い、1年間治療を続けましたが、記憶力低下、イライラするなどの症状が残ってしまいました。Iさんとご両親は、治療中に一度今後の...

宮田 卓弥

宮田 卓弥弁護士

自営業者の男性が依頼後わずか1ヵ月で、保険会社の提示額よりで約140万円増額できた事例(むちうち)

60代の福岡市在住の男性が、福岡県内の信号機のあるT字路の交差点で、渋滞のため停止していたところ、後方から相手車両に衝突される事故に遭いました。 事故の影響で、男性は頚椎捻挫・右肩関節捻挫の怪我を負われました。 この方は、幸いにも後遺障害が残らず、治療終了後、保険会社から示談金の提示がなされていました。 提...

宮田 卓弥

宮田 卓弥弁護士

むちうちなどで併合14級の認定を受け、受任後わずか3週間で118万円増額した事例

福岡県在住の44歳の男性が、自転車に乗って、青信号に従い、横断歩道を走行していたところ、右折してきた四輪車に衝突され、頚椎捻挫・腰椎捻挫等の怪我を負いました。 相談時には、事故後1年間通院した後、後遺障害等級14級の認定を受け、保険会社から示談金額の提示も受けている状況でした。 しかし、提示されている金額は妥当...

交通事故を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...