スナック水漏れ休業補償と営業補償までされた。

公開日: 相談日:2019年03月29日
  • 1弁護士
  • 1回答

マンションで、テナントオーナーをしています。
一階のスナックの天井から水漏れがあり、休業補償要求されました。
休業日8日、営業日7日
年間売り上げ➗12
平均売り上げ➗25日
納得いかないのは、休業日営業日が交互にあります。
営業できる状態なのに、あえて休業したこと。
さらに、営業日の補償1日平均売り上げの半分を要求してきました。
補償は、いくらぐらいが妥当な金額でしょうか?
よろしくお願いします。

780453さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    滋賀県3位
    タッチして回答を見る

    あえて、休業した場合には、損害ではありません。
    工事期間のみが基本でしょう。

    スナックの利益で十分です。
    決算書や内訳書を見せてもらいましょう。そこから、工事による休業でも支出しなければならない経費は、損害となります。従って、利益から、これらに該当する経費をプラスしたのが損害の基準となり、これを365で割り、休業日数をかけることになります。
    人件費は、休んだ人に保証をしていると、損害になります。支払っていなければ、損害ではありません。

この投稿は、2019年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す