交通事故、労災の特別支給金について

交通事故、労災扱いです。
休業補償の特別支給金に付いてご相談します。
休業補償の一割が支給され、時効が2年と聞いています。治療が2年過ぎる可能性がある場合、どうしたらいいのでしょうか?

又、2年以内の場合、示談が成立した時点でないと請求できないのでしょうか?
示談が成立する前でも、症状固定のタイミングで、請求出来るのでしょうか?
教えてください。宜しくお願い致します。
2019年02月06日 10時22分

みんなの回答

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県5 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 休業特別支給金は,休業補償給付に上乗せする形で支給されるもので保険給付ではありません。「社会復帰促進等事業」(労災保険法第29条)として支払われるものです。
2 労災保険の休業補償給付の時効も一定期間行使しなければ消滅します。時効に関し療養・休業補償給付は2年,障害・遺族補償給付は5年と定めています(労災保険法第42条)。しかし,いつから時効が進行するかの時効の起算点について,労災保険法に規定はありませんが,休業補償給付の受給権は,「賃金を受けなくなった日の第4日目」以降の各休業日ごとに発生し,それぞれ各休業日の翌日から時効が進行します。つまり,休業日ごとに発生して,それぞれで2年間の消滅時効にかかるのでまとまって時効消滅するというわけではありません。
3 特別支給金は,1で述べたように保険給付ではないために労災保険法上の時効の適用はありませんが,申請の期限について定められています。それは「支給対象日の翌日から起算して2年以内」(労災保険特別支給金支給規則第3条第6項)と保険給付同様の期間が設定されています。したがって,休業日ごとに申請する権利が発生して,それぞれ翌日から2年間で期限切れとなり失効するのでまとまって消滅するというわけではありません。
4 交通事故の示談は,労災から支給される給付金や特別支給金とは別の主に慰謝料分や残りの4割分の休業損害について行うものです。全く関係ありません。
また症状固定は治療の終了時期の問題ですので,これも関係ありません。
特別支給金は休業日の翌日から2年間たったものから順番に申請期限切れになってきています。ざっくり申し上げますと,今から2年以上前のものは,既に申請できなくなっていますので,一刻も早く申請をしてください。
5 なお,特別支給金は休業補償の2割です。また通常は休業補償と一体として申請して支給されるものですが,何かご事情があったのですね。

2019年02月06日 11時31分

この投稿は、2019年02月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

【労災保険】過労で倒れた場合に治療費や休業損害を補償してもらえるケース

長時間労働などの過労により脳梗塞などの脳疾患や心筋梗塞などの心疾患となった場合、過労死と同じように、労災保険を利用できるケースがあります。労...

交通事故のケガを治療する際に注意するべきポイントと示談交渉のタイミング

交通事故でケガをしたとき、治療費など被害の賠償は、多くの場合加害者(保険会社)との話合い(示談交渉)で解決することになります。この記事では、...

【交通事故】「休業損害証明書」とは? 取得方法と記入のポイント

交通事故のケガやその治療のために仕事を休んで収入が減った場合、その分のお金を保険会社に請求することができます。その際、サラリーマンなどの給与...

通勤中や仕事中の交通事故でケガをした場合の労災保険の手続き

通勤中や仕事中に交通事故にあいケガをしてしまった…。このような場合、労災保険から治療費や休業損害を支払ってもらうことができます。この記事では労...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 交通事故での労災休業補償について

    いつもお世話になります。仕事中に交通事故にあい先日治療をおえて労災に休業補償の申請したいとおもっています。そこで質問があるのですが医師の証明する欄がありますが、やはり接骨院の先生に書いてもらうより医師免許のある整形の先生に書いてもらったほうが労災の審査はとおりやすいとかあるのでしょうか?また証明してもらえば今回...

  • 交通事故の休業損害の補償

    交通事故で怪我してしまい休業中です。 休業損害の補償について連絡がありました。 事故日からの時系列を下記に記します。 事故日10/8(日) 10/10(火)~10/22(日)まで会社休職 10/23(月) 会社復職 10/31(月) 通院のため午後休 11/8(水) 有給 11/15(木)~12/31(日) 頚椎捻挫の治療ため会社休職 保険屋から休業損害について...

  • 交通事故での休業補償について

    いつもお世話になります。質問よろしくお願いいたします。数ヵ月前に仕事中に事故にあい今示談中になります。休業補償の件で損保と折り合いがつかず労災から休業補償は貰おうと今考えています。労災から支給が決まったら、労災は損保に後で請求すると思いますが、損保はそのあと自賠責に請求するというに流れになるんでしょうか?どうぞ...

  • 交通事故での休業補償について

    いつもお世話になります。約1年前に仕事中に交通事故にあい、損保と折り合いが合わず今休業保証のみ労災に申請中です。治療費用は自由診療で損保が出してくれていました。そこでなんですが損保から連絡があり休業保証を労災に申請している今の現状、労災が通った場合、自由診療と労災の差額分の治療費用を通院慰謝料から引くといってい...

  • 交通事故の休業補償について

    いつもお世話になります。数ヵ月前に交通事故にあい治療をおえて今示談しているとこになります。そこで休業補償で折り合いがつかず困っています。ネットで日本弁護士協会というところが示談案など間にはいってくれるみたいですか。実際どうなんでしょうか?拘束力などですが

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。