弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

交通事故損害賠償請求について

現在、後遺障害12級認定された後、相手保険会社より賠償金額提示を待ってる状況ですが、来月中に提示されるようです。
そこでお聞きしたいことは、私は事故前に稼いだのは4ヶ月しかありません。2年前までは病気により収入がありません。この場合の逸失利益で算出する平均賃金は前年度の所得がないので事故前の4ヶ月分で算出するしかないと思いますが、働き始めた1ヶ月は8日から勤務して月末までの23日間になります。4ヶ月分(122日)と3ヶ月+23日(115日)とでは平均賃金も逸失利益の金額も違ってくるのですが、どちらで算出されるのでしょうか?
休業補償の平均賃金は事故前の3ヶ月分を算出されたので問題はないと思いますが。休業補償の平均賃金で逸失利益も算出する可能性もあるのでしょうか?
おそらく保険会社の提示金額は低いでしょうから、弁護士に依頼することも考えてますが、仮に提示が200万で弁護士が算出して500万の場合、和解前提だと双方折り合いつく金額になるのでしょうから、こんな条件でも弁護士は引き受けてくれるのでしょうか?
回答宜しくお願い致します。
ミルクさんさん
2018年05月14日 02時43分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>どちらで算出されるのでしょうか?

合理的な計算方法で算出された金額、という言い方になります。

きちんと働いた期間分の収入を基礎とすべきという主張をされればいいでしょう。

>休業補償の平均賃金は事故前の3ヶ月分を算出されたので問題はないと思いますが。休業補償の平均賃金で逸失利益も算出する可能性もあるのでしょうか?

はい、あります。

>おそらく保険会社の提示金額は低いでしょうから、弁護士に依頼することも考えてますが、仮に提示が200万で弁護士が算出して500万の場合、和解前提だと双方折り合いつく金額になるのでしょうから、こんな条件でも弁護士は引き受けてくれるのでしょうか?

はい、受ける弁護士はいると思いますよ。

2018年05月14日 06時21分

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県5 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
お困りのことと存じます。

>どちらで算出されるのでしょうか?
→逸失利益の問題ですから、年収レベルで換算をします。おそらく4ヶ月分の方が高く付くでしょうから、それを起訴とすることになるでしょう。

>休業補償の平均賃金は事故前の3ヶ月分を算出されたので問題はないと思いますが。休業補償の平均賃金で逸失利益も算出する可能性もあるのでしょうか?
→理屈上はありえますが、逸失利益はこれから先得られるべき部分ということなので、逸失利益の方が高く付く場合もあり得ます。たとえば、交通事故時の現実の所得が低額であっても、労働能力喪失期間中にそれを上回る所得が得られる蓋然性が立証された場合、その金額が基礎収入額 となります。

>おそらく保険会社の提示金額は低いでしょうから、弁護士に依頼することも考えてますが、仮に提示が200万で弁護士が算出して500万の場合、和解前提だと双方折り合いつく金額になるのでしょうから、こんな条件でも弁護士は引き受けてくれるのでしょうか?
→たくさんいると思います。

ご自身の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されていれば、弁護士費用が賄えますので、お近くの弁護士に直接面談にて相談することをお勧めします。

2018年05月14日 07時33分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
> 4ヶ月分(122日)と3ヶ月+23日(115日)とでは平均賃金も逸失利益の金額も違ってくるのですが、どちらで算出されるのでしょうか?
>

普通は3カ月前までの収入の平均地価と思います。

> 休業補償の平均賃金は事故前の3ヶ月分を算出されたので問題はないと思いますが。休業補償の平均賃金で逸失利益も算出する可能性もあるのでしょうか?
>
通常はそうでしょうが、絶対にそうとまでは言えません。

> おそらく保険会社の提示金額は低いでしょうから、弁護士に依頼することも考えてますが、仮に提示が200万で弁護士が算出して500万の場合、和解前提だと双方折り合いつく金額になるのでしょうから、こんな条件でも弁護士は引き受けてくれるのでしょうか?

大丈夫でしょう。
もっとも、訴訟の前提になるかと思います。

2018年05月14日 08時03分

ミルクさん さん (質問者)
回答ありがとうございます。
逸失利益の平均賃金は3ヶ月+23日(115日)の平均賃金で算出しても構わないのでしょうか?

2018年05月14日 11時38分

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県5 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
逸失利益の平均賃金は年収ベースでの計算になるので、3か月+23日の計算を年収ベースに置き換えられるのであれば、それで主張することは構いません。
もっとも、交渉事ではありますので、相手方保険会社が認めてもらえるかはわかりません。

2018年05月14日 11時40分

この投稿は、2018年05月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,760名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

交通事故で家族が意識不明に…後遺障害等級認定の可能性と請求できる損害賠償の項目

交通事故で家族が意識不明の状態になってしまったーー。本人が意識不明の場合、後遺障害等級認定の手続きや、損害賠償の請求は、誰がどのように手続き...

【交通事故】自賠責保険で支払われる休業損害の金額と計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

【後遺障害の逸失利益】事業所得者(収入が平均賃金以下の場合)の計算方法

交通事故で後遺障害を負った場合、後遺障害にならなければ得られた収入を逸失利益として賠償してもらうことができます。この記事では、事業所得者(収...

【後遺障害の逸失利益】給与所得者30歳以上、収入が平均賃金を超える場合

交通事故で後遺障害を負った場合、後遺障害にならなければ得られた収入を逸失利益として賠償してもらうことができます。この記事では、給与所得者(30...

この相談に近い法律相談

  • 休業損害.逸失利益について(2)

    この前に以下の質問をし回答頂きましたが改めて疑問が… 後遺障害14級です。(略) Q1:休業損害について 休業損害の計算は、やはり事故前三ヶ月の実収入で計算でしょうか? 契約書に基づく月給額×三ヶ月で計算でしょうか?(契約書は手元にあります) Q2:逸失利益の計算について 1)逸失利益の計算は、前年の約78万での計算になりますか...

  • 労働者災害補償保険

    業務災害(労働中の事故)で労働者災害補償保険(労災)の給付基礎日額について 初め労災とは日額の6割と休業特別支給金の2割 合計日額に対しての8割が支給されるものだと思っておりました ところが日額に対し 給付基礎日額に対する8割だと判りました 日額にすれば1万6千円が私の給与ですが これに算定した基礎日額は12,783...

  • 交通事故の過失割合9:1で損害が自賠責120万円を超えた際の過失相殺の考え方について。

    自動車(相手)対 自転車(自分)で過失割合90(相手):10(自分)となった場合を想定しています。 <質問1> 通院治療費、通院慰謝料、休業損害について、その合計が120万円以内であった場合には、自賠責より全額支払われると認識しています。 もし、その合計額が、仮に150万円となった場合の支払われる額について質問します。 ...

  • 後遺障害逸失利益が少なすぎて疑問です

    お忙しいところ失礼致します。 1月に後遺障害 14級9号に認定されました。 平成28度の源泉徴収票を送るように保険会社から言われましたが、 フリーターだった為、それぞれの職場から全部の源泉徴収票は集めることが出来そうにありません。 ①1部は手に入りそうですが、全部揃わないとと意味がないでしょうか。 先日、保...

  • 傷病手当金の返還について

    2009年にうつ病を発病して2009年1月~11月、2010年1月~3月、8月~2012年9月、2013年3月~7月の間休職をしてその間会社より傷病手当金を貰っていました。その後2013年12月に病気を理由に解雇されました。その後ある所に相談すると、労災の可能性がある為8号様式の休業補償給付金の申請を勧められ、2014年1月に提出しました...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。