【自転車同士の事故】主婦業休業補償について

よろしくお願いいたします。

自転車同士の事故で、相手の方が仙骨骨折(全治40日)というケガをされました。
診断書は見ておりません。

当方に利用できる保険がなかったため、直接やりとりをしています。

通院費と通院完了後の慰謝料についてお支払いに対する承諾書を渡しています。


主婦業の休業補償を請求されお支払いしています。
ほとんど家事ができなかった5日分について日額10,000円をお支払いしました。

その後は「半分くらいしか家事ができない」とのことで、5000円×14日分お支払いしました。

いずれも過失割合分についてお支払いしています。


病院へは歩いて行かれてるようです。
かがむのが辛いため家事に支障があるとのことです。

今週分はまた請求があるかと思います。


質問は、
①何を根拠にいつまで主婦業休業補償をお支払いするつもりでいればいいのでしょうか?


お怪我については誠意をもって対応するつもりです。


(状況)
自転車同士の事故(正面衝突)
過失割合50:50
警察への届は物損
2018年03月31日 16時44分

みんなの回答

安武 雄一郎
安武 雄一郎 弁護士
ありがとう
 交通事故の損害賠償基準(裁判における基準)ですと、専業主婦の場合の休業損害(事故による怪我によって主婦業ができなくなったことに対する損害)は、賃金センサスの女性労働者の全年齢平均賃金額を基礎として算定することになっており、平成27年の統計(最新版の交通事故損害賠償算定基準の公刊物から引用)では年額約372万円となっています。ですから1日1万円というの決して的外れではないと思われます。ただし、裁判例では、ご高齢者の場合には必ずしも常に全年齢平均賃金額が用いられているわけではないようです。
 あなたの場合、ご自身で相手方と賠償交渉されているようですが、診断書も診療報酬額の領収書・明細書もご覧になっていないようですので、そのあたりの資料の提示を求めるほか、無用な賠償をしないためにも、相当な賠償額の算定のあり方(法律的な)について、この段階で弁護士のアドバイスを受けておくことが必要と思います。最寄りの弁護士の面談相談に行かれることをお勧めいたします。

2018年03月31日 17時00分

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
お困りのことと存じます。

休業損害については、症状固定時まで発生するものと考えられています。今の対応が的外れであるとは言えませんが、主婦休損を前提としても、賠償額を抑えられる理屈もあるところです。
このあたりで一度、弁護士に直接面談にて相談されると、良いアドバイスがもらえると思います。ご検討ください。

2018年03月31日 17時25分

この投稿は、2018年03月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

自転車同士の衝突事故でも警察は呼ぶべき? 【弁護士Q&Aまとめ】

自転車は日常生活の移動手段として多くの人が利用しています。万が一自転車同士で事故が起こり、自転車が壊れるなどの被害が出た場合、その後はどのよ...

【交通事故の休業損害】被害者が主婦・主夫だった場合の計算方法(兼業主婦についても解説)

交通事故でケガをしたために家事ができなかった…。このような場合に、家事ができなかった期間の平均賃金を「休業損害」として賠償してもらうことができ...

信号無視の自転車と車が衝突した場合の過失割合は?【弁護士Q&Aまとめ】

青信号で交差点に入ったのに、赤信号を無視した自転車に衝突された。このような場合、車と自転車の過失割合はどう考えられるのでしょうか。青信号を守...

【労災保険】過労で倒れた場合に治療費や休業損害を補償してもらえるケース

長時間労働などの過労により脳梗塞などの脳疾患や心筋梗塞などの心疾患となった場合、過労死と同じように、労災保険を利用できるケースがあります。労...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 今回の人身事故の賠償額は妥当なものでしょうか

    自家用車を運転中事故にあいました。過失割合は私は0です。 事故後の57日にわたる治療が終了し、示談の段階です。 相手保険会社からの損害賠償額が妥当であるのかどうか知りたく相談させていただきます。 治療日数は57日 ⚫︎休業補償 日額5700×通院日数7日 ⚫︎慰謝料 日額4200×通院日数7日×2倍 これらに交通費を足した額から治療費...

  • 追突事故の専業主婦の損害賠償について。

    追突され、頸椎捻挫で通院しています。 過失0です。 通院期間 131日 実通院日数 63日 保険会社からは、家事従事者として認めてもらっています。 健康保険は使っていません。 損害賠償として頂けるのは、治療費を差し引いて、通院慰謝料と休業補償ですか? 家事従事者5700×63日と4200×126日の合計ですか? 専業主婦は、...

  • 交通事故。何かいい方法がありますでしょうか?

    昨年、11・27日に横断歩道を青信号で横断中に左折車に巻きこまれ挽かれました。過失割合100:0なのですが加害者側が弁護士を代理人にして1・18日より保険会社の善意による治療費の仮払いだからと支払いを停止されることになりました。いわゆる兵糧攻めです。私のほうは被害者請求、第3者行為届けをして戦っておりますが、お金に余裕が無...

  • 交通事故による怪我での損害賠償金について質問があります。

    総治療期間×4,200か通院日数×4,200×2、いずれかの安価の方が自賠責保険では支払いとなるとはわかったのですが、 まず、総治療期間とはどういう事なのでしょうか? 仮に通院日数が30日だとするとどうなるのでしょうか?

  • 車対車、過失割合9:1の交通事故です

    今現在、通院治療中ですが今月で事故から半年経ちます。私は会員及び主婦です。過失割合は私が1割で相手が9割とほぼおかまほられた状態。怪我は頚椎捻挫、左肩間接脱臼、左腕捻挫です。私の仕事柄、営業で歩合制のため休業損害は事故前3ヶ月の返金日給で割り出され、1日3500円。 先日、相手方保険会社より連絡があり示談のお話をしたい...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。