交通事故の休業損害の補償

交通事故で怪我してしまい休業中です。
休業損害の補償について連絡がありました。
事故日からの時系列を下記に記します。

事故日10/8(日)
10/10(火)~10/22(日)まで会社休職
10/23(月) 会社復職
10/31(月) 通院のため午後休

11/8(水) 有給
11/15(木)~12/31(日) 頚椎捻挫の治療ため会社休職

保険屋から休業損害について連絡が有りました。
10/10~10/22は土日含めた計算で実日数計算
11/16~12/31は土日含めない計算で営業日計算で、11/16からの分は実日数の46日分ではなく、
会社営業日分の31日分補填しますとの事。
こちらとしては、本来得られた給与を全額補償してほしいので、
納得がいかないのですが、保険屋さんの言ってることは正しいのでしょうか?
2017年12月06日 16時24分

みんなの回答

石田 岳彦
石田 岳彦 弁護士
ありがとう
 例えば、「1日あたりの休業損害」を
 事故前3月間の給与÷90日(土日も含めた日数)
で計算する場合、「休業日」は土日も含めた日数で算定するべきでしょう。
 他方、「1日あたりの休業損害」を
 事故前3月間の給与÷事故前3月間の実稼働日
で計算する場合(1稼働日あたりの金額で計算する場合)、「休業日」は土日等を除いた稼働予定日のみで算定するべきでしょう。

2017年12月06日 17時13分

相談者
石田弁護士

ご回答ありがとうございます。
追記させていただきます。

早速11月分の損害額の計算式を取り寄せたところ、下記の通りでした。
休業日数(会社の稼働日ベース)11日

① 給与額 ÷ 30(月日数) × 11(休業した稼働日)
私が考えていた計算式は、下記の認識でした
② 給与額 ÷ 20(月稼働日)× 11(休業した稼働日)

本来補填されるべき損害はどちらでしょうか?
①の式だと、被害弁償されていないと感じます。

また、一旦会社に復帰しているので、①の計算としているとの話でしたが、
こちらから、ちゃんと請求したら、②の結果 - ①の結果の差分もらえるのでしょうか?

例 税引き前 20万円の場合
① 200000 ÷ 30 × 11 = 73333.3
② 200000 ÷ 20 × 11 = 110000
② - ① = 36667円 請求できると思っています。

2017年12月06日 18時42分

この投稿は、2017年12月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

【交通事故】自賠責保険で支払われる休業損害の金額と計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

【交通事故の休業損害】被害者が学生だった場合の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

【交通事故の休業損害】被害者が給与所得者だった場合の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

【交通事故の休業損害】被害者が事業所得者だった場合の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 会社の労働時間と休日について

    今、勤めている会社は基本週6日勤務です。 月曜日から土曜日までが基本勤務で、6日間のうち5日間は10:00~20:00の勤務が基本ですが実際は9:30までに会社にいること、20:30に勤務終わりということなので今の勤務状況では9:30~20:30(休憩は1時間の昼休みと15分の休憩が2回の合計1時間30分)残りの1日はノー残業デーで10:00~...

  • アルバイトの休業損害について

    アルバイトの休業損害について教えて下さい。 私は交通事故に合い、7月20日から9月4日まで47日間 一度も出勤できずを丸々休みました。 過去3カ月間の収入は以下の通りです。 4月=238726円 出勤日数=23日 5月=236806円 出勤日数=23日 6月=20213円 出勤日数=20日 この場合3カ月間の収入合計は677635円 ネットで調べ...

  • 人身事故 損害賠償

    昨日相手任意保険会社から損害賠償計算書が送られてきました。 徒歩対車 優先道路上にて右折車に引かれました。 第10肋骨骨折、右肘・腰・臀部打撲 事故日 2月14日 最終治療日 7月26日 総治療日数 163日 通院日数 30日 治療費 330172円 2月14日〜7月26日 通院費 1560円 諸雑費・その他 0円 休業損害 125400...

  • 勤務中に骨折しました。短期契約のため労災以外の保証はできませんと言われ困っています。

    11月15日~12月31日までの短期アルバイトで雇用契約を結びました。年末でもあり、12月1日からは8時間勤務となりました。11月中は4~5時間勤務です。 12月5日に荷台を運搬中、同じく運搬中の荷台に挟まれ骨折しました。 労災申請して頂き認めて頂きました。労災からの休業損害は日当4000円(特別支給金額1000円、保険給付額3000円)とな...

  • 兼業主婦(会社員)の休業損害について

    週30時間以上勤務している兼業主婦(会社員)の休業損害について教えて下さい。 子供の入通院の為、有休を使って会社を休みました。 通院期間は1年間、実通院日数は15日、入院6日です。 休業損害の計算式に当てはめると給与日額8000円程度です。 しかし、通院の殆どは半日有休で対応したことと、土日の入院があった(会社の休日...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。