医療事故、手術ミス

こんにちは!1年ほど前に病気になり治すために股関節を人工骨頭にする手術をしました!術後麻酔切れ、しばらくたっても術足の感覚がないため主治医が来た時にその事を伝え翌日まで様子をみました!しかし翌日も感覚がもどらず現状確認の為再手術、術後家族に説明があり、「神経を2本損傷3本切断してました!手術中に手術器具の操作ミスで傷つけてしまい神経を切ってしまいました!すみません!神経の回復まで約2年ほどかかるかもしれない!最悪元の状態までは治らないかもしれない!」と言うことでした!その日から接合した神経を伸ばさないために装具で固定され、寝たきり状態食事もトイレ寝たままの状態が1ヶ月も続きました、本当なら4週の入院が5ヶ月もかかり仕事も無くしてしまい16の頃から弟子入りし夢であった職人としての独立も叶わなくなりとても悔やんでおります!病院側も休業補償、通院の交通費など出来る事はしてくれていますが許せません!念のため謝罪文と経緯説明文と手術中のカルテを頂きました!しかし医療裁判は大変だと聞きます!現在も座骨神経麻痺で膝から下の麻痺に下肢装具、杖の生活です!もし麻痺が完治せず裁判した場合損害賠償は頂けるのでしょうか?
家族、家のローンもあり今後の事が心配でたまりません!


追伸 建築業 29歳 男 

手術前の説明では神経麻痺の後遺症の話は一切聞かされてません!

            宜しくお願いします。

テトラトラさん
2013年08月27日 10時15分

みんなの回答

白石 資朗
白石 資朗 弁護士
ありがとう
 「もし麻痺が完治せず」というのは、言い換えれば、「これ以上良くならない」という症状固定という状態であり、後遺症が残ったということになります。どういう症状が残っているのか、症状固定したのか、いつ固定したのかを記載した診断書を作成してもらうと、後遺症判断の資料になります。その医師を信用できないのであれば、別の病院で診断してもらった方が良いかもしれません。

 また、裁判で請求するためには、医師に過失があったといえるか、その過失のために、現在の症状や後遺症が残ったといえるかが問題になります。謝罪文と経過説明書があるということですから、過失は認められやすいかもしれません。因果関係については、経過説明書の記載内容とカルテ(レントゲン、MRIや看護記録等、すべてが含まれていますか?)を照らし合わせる必要があります。

 資料一式をもって、医療問題に詳しい弁護士に相談されるよう、お勧めいたします。

2013年09月04日 18時06分

テトラトラ さん (質問者)
回答ありがとうございます!
一様看護記録、神経縫合後の手術中写真あります!症状固定まで後一年あるのですがいつ頃弁護士さんに依頼したほうが時期的によいのでしょうか?
何も解らずすみません!
宜しくお願いします!

2013年09月04日 18時30分

白石 資朗
白石 資朗 弁護士
ありがとう
 相談は、早めにされた方が良いと思います。

 医療訴訟の場合、「債務不履行責任」と「不法行為」の2本だてで請求できるのですが(請求額が2倍になるというのではなく、あくまでも理屈の問題です)、「不法行為」のうち後遺症以外の損害は手術日から3年で主張できなくなります。

 カルテ等の記録の検討には時間がかかることもありますので、まずは、後遺症以外の損害について、弁護士に相談されれば良いと思います。

2013年09月04日 21時02分

テトラトラ さん (質問者)
回答ありがとうございます!
初めての事なので非常に助かります!さっそく近くの弁護士さんを探してみようと思います!
お忙しい中ありがとうございます!

2013年09月04日 21時42分

この投稿は、2013年08月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,934名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

この相談に近い法律相談

  • 説明義務違反とドクハラ

    今回、膝の半月板損傷の治療の為の、入院中の事ですが、半月板損傷の手術は無事に終わったのですが結果的に麻酔薬での副作用で手術した足側だけが麻痺をしてしまいました 現在、5ヶ月が経過し運動機能は回復傾向で杖が無くても歩ける様にはなっていますが、強いしびれが24時間持続しており、まだ足首の機能の低下があり装具をつけてい...

  • 手術のミスについて

    手術のミスの証拠のDVDがあります。医療訴訟は難しいと聞きますが訴訟の場合勝ち目はありますか? 昨年の5月に76歳の母が左手中指のバネ指の手術をA整形で行いました。 「手術は15分ほどで外来手術の簡単なもの」との説明で母は気楽な気持ちで行いました。 ですが予後は悪く神経が通っていない無感覚の状態が続き、腫れ...

  • 医療過誤であるかどうかの判断について

     高1(16歳)になる娘の父親です。娘が学校のバスケットの練習中に転倒し、左ひ ざ半月板損傷、前十字靭断裂のケガを負いました。  2014年11月、最初の病院で半月板及び前十字靭帯再建術の手術を受けました。 手術は当初想定していた内容と異なり予定より相当時間長いものになりました。 術後すぐに左足首が動かないことに気付...

  • 医療過誤 示談交渉希望

     5月に父82歳死亡。今年2月90%肺癌の疑いで治療を兼ねた検査手術、ステージ1との口頭診断。影の左下葉左下の数㎝の部分切除という説明に父母と妹が同意。術後、執刀医より左下葉を全摘したとの説明、10日間の入院予定だったが残酷な過程を経ての死亡。術後、父を見舞った時、父は便秘による腹痛を必死に訴えていたが看護師の冷ややか...

  • 医療ミス?難しい問題かもしれません

    前回はありがとうございました。 大学生の娘がいます。 20歳なのですが昨年19歳の若さで葉状腫瘍という非常に完治が難しい乳癌に羅患し、半年の抗がん剤治療をし、立ち直りつつありました。 しかし先月再発しました。 手術当時は悪性と判断が付かず、胸を温存し抗がん剤治療、放射線治療をしました。 3ヶ月程で再発して肺、...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。