公開日:

示談交渉について。逸失利益の有無に関わらず示談する前に休業損害は消滅してしまうのでしょうか?

2013年04月03日
ベストアンサー
交通事故から1年3カ月そろそろ症状固定の話が
来ました。その中で今後の流れを教えて頂きたいの
ですが、事故本人が後遺障害診断書を持って
最終病院で診察を受けます。(診断書作成にて)
5月頃予定です。
休業損害が今まで出ていたのですが、保険屋いわく、
この診断書作成日(最終診察日)を持って休業
損害は解除(止める)との事ですがこのタイミングは
正当ですか?
後遺障害としては歯が12等級を最低得る権利は
出てますが(保険屋と主治医の間で合意)外科
的後遺障害は可能性ありますがそこまで分かりません。
(肺に機能障害が残る可能性があり逸失利益の対象
の可能性ある)
逸失利益の有無に関わらず示談する前に休業損害は
消滅してしまうのでしょうか?
(もう働きたくても年齢もありますが働ける状況でも
ありません)
当方としては示談するまでは休業損害、示談後は逸失
利益に展開を想像していますが。


ちなみに事故時の診断は、
脳挫傷、脳出血、両肺血気胸、肋骨多骨折、骨盤骨折、
腎損傷で生死の状態に居ました。現在は要支援2の
介護認定を受けています。
相談者(171572)の相談

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ありがとう
>この診断書作成日(最終診察日)を持って休業損害は解除(止める)との事ですがこのタイミングは正当ですか?

一般的な取扱です。

>逸失利益の有無に関わらず示談する前に休業損害は消滅してしまうのでしょうか?

症状固定後は、逸失利益の請求となり、仕事ができないことについては、その中で考慮されることになります。
このため、休業損害を請求することは難しいでしょう。


事故時の障害を見る限り、相当大きな事故だったように見受けられます。
後遺障害診断を受ける前に、交通事故に詳しい弁護士に直接相談されてください。
後遺障害診断書の書き方や今後の対応によっては、賠償金額に大きな差が生じる可能性がありますので、できるだけ急いで相談に行かれることをお勧めします。

2013年04月03日 08時32分

北山 祐記
北山 祐記 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
先に回答の先生に付け加えさせていただくと、休業損害は毎月給付されていたと思いますが、症状固定以降は給付されなくなります。そして、後遺障害の認定(保険会社経由だと「事前認定」、御自身で申請する場合を「被害者請求」といいます)に進むわけですが、後遺障害の結果がでて、後遺障害慰謝料・入通院慰謝料・逸失利益等に関して示談を進めていきます。
後遺障害認定は申請から2~6か月(初回の結論に納得いかない場合は異議を出します)掛かりますので、その間、保険会社からの給付は途絶えることになります。なお、後遺障害認定の手続きは、(被害者請求を行う場合は)後遺障害診断書の他にも必要書類等があり、意見書なども付けた方が有利になります。大きな事故のようですので、出来たら、弁護士委任して「被害者請求」を選択されることをお勧めします。

2013年04月03日 09時05分

相談者(171572)
先生方、大変大事な知恵を頂いてありがとうございます。
被害者請求を念頭において行動致します。

話は変わりますが、昨日保険屋と初めて会いました。
損害賠償請求の考え方として進めて(進めたい)良いで
しょうか?

当方の今回の事故はA運転者、B相手方運転者、
当方はA運転手の助手席でした。Aとは当時内縁状態
だった。(事故を機に破綻)A過失9、B過失1
保険屋は人身傷害扱いで対人扱いにはならないので
損害賠償請求は出来ない様な発言です。
一般的な考えとして身内は助手席に乗っていれば
事故を起こした場合まともな補償が受けられない
、損害賠償請求ができないのか?と考えています。
おちおち乗れない考えになってしまいます。
損害賠償請求としては出来ますか?(AとBに)
好意同乗として減額の対象と言われるとそうかも
知れませんが損害賠償請求がそもそも成り立たない
概念が良く分かりません。(被害者の尊厳がない)


2013年04月03日 12時40分

北山 祐記
北山 祐記 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
お話の内容だけでは、完全に事態を把握できませんが、おそらく、Aの運転する車両が人身傷害保険の被保険車両ではなかった、そして、過失割合が9:1なのでBの加入する保険会社が、自分たちの賠償義務は些少だと主張しているものだと思います(B加入の自賠責があれば、その枠は使えると思いますが・・)
いずれにしても、簡単な事故ではないですし、被害者請求手続きもこれからということですから、事故証明書等を持参して交通事故面接相談に行き、弁護士に委任しましょう。(あなたから受任した上で)それぞれの保険会社に契約内容を確認したりすることも必要なので、ネット上では回答に限界があると思います。

2013年04月03日 13時14分

この投稿は、2013年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【職業別】交通事故の被害にあったときに補償される休業損害の計算方法

交通事故でケガをしたために仕事を休まなければならなかった…。このような場合に、仕事ができれば得られたはずの収入を「休業損害」として賠償してもら...

頭を負傷し「脳脊髄液減少症」に…後遺障害等級認定受けられる?

交通事故で頭に強い衝撃を受けると、症状固定(これ以上治療を続けてもよくならない状態)後も、様々な症状が残ることがあります。この記事では、「脳...

交通事故で骨折した肋骨が変形…後遺障害等級認定を受けられる?

交通事故で肋骨を骨折し、骨折自体は治っても、肋骨部分が外から見て分かるほど変形してしまったという場合、後遺障害等級認定を受けられる可能性はあ...

交通事故で歯が折れた…後遺障害等級認定を受けられるケースとは

交通事故によって歯を損傷した場合、後遺障害等級認定を受けられる可能性があります。認定にあたっては、損傷した歯の本数や、噛む力にどのくらい影響...

【労災保険】過労で倒れた場合に治療費や休業損害を補償してもらえるケース

長時間労働などの過労により脳梗塞などの脳疾患や心筋梗塞などの心疾患となった場合、過労死と同じように、労災保険を利用できるケースがあります。労...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 転院か、労災認定か、迷っています

    去年9月に会社から帰宅時の青信号の横断歩道を歩行中に背後から車に当てられて、自賠責に異議申立中です。 主治医の診断書は他覚的所見は画像での異常無し、右上肢の知覚異常(しびれ感と感覚障害)有、又右肩関節の運動機能障害(前方拳上90°、外旋40°、内旋30°、水平屈曲90°、伸展10°)有、ただし腱反射は左右差無し、筋萎縮は認めない。...

  • 後遺障害と後遺障害保険金

    第三者(酔払)から傷害(殴られた)を受けた結果、医師から後遺障害診断書(傷病固定)を受けました。 犯罪被害保険特約があり、保険金請求をしたところ保険会社から50万円と連絡がありました。(診断内容は後述します) お訊ねしたい点が2点ございます。 まず、後遺障害診断書の傷病名が「右肩峰下滑液包炎」として可動障害ありと診断さ...

  • 交通事故 示談

    交通事故で半年ほど治療とリハビリを続けています。国保で治療中です。 相手の保険会社から後遺症障害による示談の申し出がありました。担当医はまだ治療改善の余地が有るので示談は時期尚早と言います。相手の保険会社にその旨を伝えたら、後遺症障害認定は状態の悪い今の方が得だと言います。治療を続けて症状が改善されるほど後遺症...

  • 後遺障害慰謝料について。

    交通事故の被害者で、腰椎捻挫で週3日平均で通院し、8ケ月が経過したところです。 骨盤を中心に、腰痛が治らない事に加え、左足首に軽い痺れが残っています。 MRIも撮りましたが、医師からは、第四椎間板と第五椎間板の間隔が少し狭くなっていて、素因的要素がある事を指摘されています。 このコーナーで、弁護士の先生から、自賠責の後...

  • 後遺障害診断書

    交通事故による後遺障害診断書の医師による書面記載内容で疑問があった場合の対処方法を教えてください。 事故被害者の痛み等の自覚症状があり、また、担当医の診療中での本人に対してのコメントに、完治は無く60%程度の回復見込みを言われています。 なのに、後遺障害診断書には、年齢による痛みが残存しているもので、外傷による起...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

休業損害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。