保険会社打ち切り以降の自己負担通院継続について

交通事故被害の治療期間についての質問です。

事故後半年経過した現在も、通院を継続中です。加害者保険会社から、治療費負担打ち切りの通告を受けました。
膝に痛みが残存し、またわずかづつではありますが、症状は改善しつつあり、症状固定は納得できません。
1
できれば今後も、通院を続けたいのですが、自己負担で治療を継続した場合、後の賠償請求時に、自己負担分を取り戻すことはできますでしょうか?
2
また、医師記載の症状固定日が保険会社打ち切り時ではなく、通院継続後の日である必要はありますでしょうか?

よろしくお願いします。
2019年09月13日 13時02分

みんなの回答

秋場 啓佑
秋場 啓佑 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県4
ありがとう
1 訴訟などで争い、保険会社の主張とは異なる症状固定日が認められれば、自己負担分も請求できます。
2 一括対応終了後を症状固定日とする診断書は、訴訟でも症状固定日を認定するにあたって重要な証拠になります。

2019年09月13日 14時17分

星野 俊治
星野 俊治 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
> 1
> できれば今後も、通院を続けたいのですが、自己負担で治療を継続した場合、後の賠償請求時に、自己負担分を取り戻すことはできますでしょうか?

訴訟で保険会社の主張と異なる症状固定日が認められれば,訴訟で認定された症状固定日までの自己負担分を請求することができます。

> 2
> また、医師記載の症状固定日が保険会社打ち切り時ではなく、通院継続後の日である必要はありますでしょうか?

医師が診断書などに記載した症状固定日が保険会社の主張する症状固定日よりも後の日付になっていると,その日までの治療費を請求するための有力な証拠となります。逆に,診断書などに記載されている症状固定日と保険会社の主張する症状固定日が一致していると,その後の治療費の請求が困難になります。

2019年09月13日 14時46分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県2 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
既に,訴訟を前提とした回答も寄せられていますが,まずは自賠責保険に対して被害者請求をすることを考えてください。
> 1 できれば今後も、通院を続けたいのですが、自己負担で治療を継続した場合、後の賠償請求時に、自己負担分を取り戻すことはできますでしょうか?
→後遺障害が最低線の14級9号でも認められたならば,交渉により自己負担分は任意保険会社から回収できることが,多いと思われます。ただし,まれに争われることもあり得ます。

> 2 また、医師記載の症状固定日が保険会社打ち切り時ではなく、通院継続後の日である必要はありますでしょうか?
→医師によっては,保険会社打ち切り時を症状固定日という「とんでもない」ことを言う人がいますので気をつけてください。絶対にだめです。もちろん,自己負担で通院継続して納得のいった時点で症状固定日を決めていきましょう。打ち切り時にしたら,自己負担をして通院継続する意味がありません。

1で,非該当で交渉で自己負担した全額が回収できなかった場合には,弁護士費用特約が使えるならば,弁護士に相談して依頼をしてください。非該当で訴訟までするかは,その弁護士との相談によります。

2019年09月13日 16時49分

相談者
ご回答いただきましたアドバイスに基づいて、判断したいと思います。
大変参考になりました。ありがとうございました。

2019年09月14日 12時07分

この投稿は、2019年09月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

保険会社から治療費を打ち切られた場合の対処法…弁護士Q&Aまとめ

交通事故で負ったケガの治療をしている最中なのに、保険会社から治療費の支払いを打ち切られるケースがあります。まだ治療を続けたくても、応じなけれ...

保険会社の治療費打ち切り後も治療を続ける際の手続き|「第三者行為による傷病届」についても解説

交通事故被害で負ったケガの治療中に、保険会社から治療費の支払いを打ち切ると宣告されることがあります。保険会社の判断に納得できず争いたくても、...

【交通事故】任意保険会社から「治療費打切り」を通告された場合の対処法

交通事故による怪我の治療中に、加害者側の任意保険会社が「治療費の支払いを打ち切る」と通告してくることがあります。この記事では、治療費の打ち切...

【交通事故】保険会社が治療費を打ち切る理由と打ち切られた場合の対処法

交通事故でむちうちになった場合、保険会社との間で治療費の打切りをめぐってトラブルになるケースがあるようです。今回は、むちうちで治療費が打ち切...

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。ただし、治療の内容によっては保険会社...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 交通事故でケガをした被害者は、症状固定認定を受けた後も、通院費を加害者負担で通院できますか。

    交通事故でケガをしました被害者です。 私には、過失割合はありません。 現在、週2,3回の通院をして、費用は全額を加害者側が支払っている状態です。 しかし、事故から半年となり、加害者の任意保険会社から、「症状固定認定」を受けるための書類を提出してくださいと言われました。 この認定を受けた後は、これまでどおり加害者...

  • 症状固定と治療費打ち切り

    はじめまして、先日事故に合い3ヶ月通院した際に主治医から 「3ヶ月経ったからいつまでも保険で治療はできないからね」 っと言われました。 実際症状ありますし、回復しているので、症状固定を断ると4ヶ月で固定にすると言われたので、4ヶ月経つ前に他の病院でセカンドオピニオンしました。 そこの先生は治療継続が必要とおっしゃ...

  • 交通事故の治療費打ち切りについて

    事故してからあともう少しで半年がたつのですがいきなり治療費を打ち切ります。今後の治療費は実費でお願いします。と連絡がきました。 自費で行った分は示談の時に請求すれば返ってくるのでしょうか? また自費で行った分の慰謝料はもらえますか? よろしくお願いいたします。

  • 交通事故の治療打ち切りについて

    相談お願いします。 去年10月に信号待ちで追突されて病院に通っていました。 3ヶ月経った時点で(その前からも何度か言われていましたが..)3ヶ月経ったので保険での治療を一旦中止すると言われ、病院にも連絡されてしまい、保険での通院ができなくなってしまいました。 知人に相談したところ、今後自腹で通っても病院の先生が...

  • 交通事故 通院の打ち切り

    整骨院を経営しています。 もうすぐ通院6ヶ月になる交通事故の患者さんで質問いたします。 この患者さんを弁護士にお願いしています。 保険会社から弁護士に昨日で打ち切ったと話があったそうです。 弁護士が「医者の判断では、まだ治療が必要」と話したところ、「それは関係ありません」と言われ納得したそうです。 保険...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

治療費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。