仕事中の交通事故、会社や加害者への治療費請求と法的処置について教えて下さい

3週間程前、代行運転の仕事中同僚にお客様の車で轢かれました。ケガの方は全治3ヶ月以上と診断されました。事故当初に会社の方は一度見舞いに来てその時に、後は全て同僚(加害者)に任せるから同僚とやり取りしてくれと言って、それきり連絡とれません、同僚も5日前から一切連絡が取れなくなり私自身保険会社とも喋れてない状態です、近々、事故証明を取り被害者請求をする予定です。

そこで質問なんですが
1.治療費が自賠責保険の限度額を超えると思われるんですが、超えた分は会社か同僚どちらに請求したら良いのでしょうか?
2.正直会社や同僚の態度が許せないのですが何か法的処置で懲らしめる事は出来ないでしょうか?
3.通院時の交通費や一時預り金などで生活が苦しくろくに食事も出来ずケータイも止まりそうです、この様な時はどうしたら良いのでしょうか
b4_5049さん
2019年01月29日 08時54分

みんなの回答

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県2 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
御相談者の遭遇した代行運転の場合には,自賠法3条により依頼主であるお客様に対する運行供用者責任による賠償請求と,同僚である運転者への不法行為責任による賠償請求,そして会社の労災としての補償及び安全配慮義務違反による賠償請求とが考えられます。
現在,治療費を含めて自己負担をしており,それをお客様の自賠責保険に被害者請求をして行こうということから,まず依頼主であるお客様に対する運行供用者責任に触れます。
運転代行の場合において最高裁判決はありませんが,まず代行運転の依頼者は同乗しているのが普通です。その場合には運行供用者として自賠法の責任を負うとするのが一般的です。しかし,依頼者が同乗していない場合には運行支配を失っているという見解もあり,運行供用者に該当しないという意見と,それでも支配を間接的にしているという説があり,判断は微妙です。だが,これだけ無責任な会社を相手にするよりは,まず依頼主の自賠責保険と任意保険会社に対する請求を第一とすべきです。
> 1.治療費が自賠責保険の限度額を超えると思われるんですが、超えた分は会社か同僚どちらに請求したら良いのでしょうか?
→上に述べたとおり会社と同僚の両方に対して請求することが出来ます。同僚と会社の連帯責任となります。
しかし,まずは,依頼主の自賠責及び任意保険会社に請求する方が支払いを受けることでは確実ではないでしょうか。
> 2.正直会社や同僚の態度が許せないのですが何か法的処置で懲らしめる事は出来ないでしょうか?
→人身事故として届けは出したのですか。出しているなら同僚には刑事処分及び行政処分があります。しかし,連絡をしない,謝罪もしない,と言うことについては,道義的には問題ですが,法的に懲らしめる方法はありません。
> 3.通院時の交通費や一時預り金などで生活が苦しくろくに食事も出来ずケータイも止まりそうです、この様な時はどうしたら良いのでしょうか
→会社に請求をすることも出来ますが,まずは,冒頭で述べたように運行供用者としてのお客様の任意保険会社に対して請求してみるべきではないでしょうか。
それと併行して労災の申請を会社に対して協力を要求して,一刻も早く,休業補償を受けるべきです。

2019年01月29日 13時01分

b4_5049 さん (質問者)
同僚である運転者への不法行為責任による賠償請求,そして会社の労災としての補償及び安全配慮義務違反による賠償請求とが考えられます。
とありますが
同僚にたいする不法行為責任と会社にたいする労災と安全配慮義務違反は私自身が請求しても良いのでしょうか?それとも弁護士や行政書士さんなどにお願いした方が良いのでしょうか?

後請求する金額などはどう決めたら良いのでしょうか?

2019年01月31日 05時05分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県2 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
確かに,色々複雑で整理をしなければならないことが多いので,また怪我の程度も決して軽いものではないので,弁護士に依頼した方がいいと思います。
請求する金額と手続きは弁護士と相談して決めていって下さい。

2019年01月31日 06時01分

この投稿は、2019年01月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

選んで簡単!

交通事故_やること診断イラスト

被害に遭われた方が
今するべきことがわかります
やること診断

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。ただし、治療の内容によっては保険会社...

【交通事故】任意保険会社から「治療費打切り」を通告された場合の対処法

交通事故による怪我の治療中に、加害者側の任意保険会社が「治療費の支払いを打ち切る」と通告してくることがあります。この記事では、治療費の打ち切...

【交通事故】保険会社が治療費を打ち切る理由と打ち切られた場合の対処法

交通事故でむちうちになった場合、保険会社との間で治療費の打切りをめぐってトラブルになるケースがあるようです。今回は、むちうちで治療費が打ち切...

保険会社から治療費を打ち切られた場合の対処法…弁護士Q&Aまとめ

交通事故で負ったケガの治療をしている最中なのに、保険会社から治療費の支払いを打ち切られるケースがあります。まだ治療を続けたくても、応じなけれ...

保険会社の治療費打ち切り後も治療を続けたい場合に必要となる手続き

交通事故被害で負ったケガの治療中に、保険会社から治療費の支払いを打ち切ると宣告されることがあります。保険会社の判断に納得できず争いたくても、...

この相談に近い法律相談

  • 他人にケガをさせてしまった場合の治療費等の支払い方は?

    2日前に海水浴でウチの小学5年の娘が他人にぶつかりケガをさせてしまいました。 浮き輪に乗って遊んでいた娘が、波に流されて浜辺にいた大人の方の膝を負傷させてしまいました。その時、連絡先を交換し何度かやり取りをしています。治療は長引きそうだと言われ、病院の交通費なども請求したいと言われています。 こちらとしては、誠...

  • サーフィン中の接触事故により、相手がケガをしました。治療費等の支払い義務はあるのでしょうか?

    サーフィン中の事故についてお伺いします。 サーフィンをしている際に、私が波に乗ったところ、目の前に人がいて、慌ててしまい、転んでサーフボードが相手に当たってしまいました。(私にはケガはありません。また、私の中では当たった感触がなかったので、大丈夫だと思ったんですが、相手が当たったと主張しています。) その後、連絡...

  • 事故の治療費について。

    交通事故にあい、治療中です。相手車、私バイクで過失割合は9:1(私1)です。 現在相手の任意保険会社の方で、治療費全額出してもらってますが、私がバイク保険の、自分の怪我に対する特約に入っていないので、後からどれだけ請求されるのか心配です。 MRIやCT、レントゲンや耳の検査を受け、これからリハビリも続く予定です。 ...

  • 人身事故全治日数をこえて治療

    高校生の娘が7月24日に人身事故に遭い左肩打撲で全治10日の診断書を提出しました。バドミントンを幼少から10年、現在は部活と社会人クラブで活動しています。指導者と保護者の判断で全治10日プラス一週間休ませました。先日復帰したのですが左肩に違和感と痛みがあり8月12日に再度整形を受診し1ヶ月の加療が必要と診断書がでました。た...

  • 交通事故でケガをした被害者は、症状固定認定を受けた後も、通院費を加害者負担で通院できますか。

    交通事故でケガをしました被害者です。 私には、過失割合はありません。 現在、週2,3回の通院をして、費用は全額を加害者側が支払っている状態です。 しかし、事故から半年となり、加害者の任意保険会社から、「症状固定認定」を受けるための書類を提出してくださいと言われました。 この認定を受けた後は、これまでどおり加害者...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

治療費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。