この様なケースで、治療費以上の代償を求める事は正当な要求でしょうか?

交通事後の、女性の顔に縦に残る3cmの線状痕に対する代償についてお伺いします。

時間経過するにつれ、顔の目立つ場所にある傷へのストレスが、根深さを増し
代償を求めることでしか解決にならないと考え、ご相談させて頂くこととしましたが、
この様なケースで相手の方に治療費以上の代償を求める事は正当な要求でしょうか?


自転車同士の交通事故の被害者です。
警察は介入しましたが、先方が非を認めていたので、示談と致しました。

当方は眉の上2箇所...3cmと1cmの縦に走る裂傷 打撲、頚椎捻挫
先方は「大丈夫です」としか話されないので詳細は不明です。
事故後1カ月の時点で、途中までの治療費と折れ曲がった自転車の修理に関する実費を     
一旦支払ってもらいました。

しかし事故後6ヶ月経過で、眉の上の3cmと1cmの傷は、現在も発赤と周辺皮膚の硬結が残存した状態です。
傷が予想以上に目立ち、精神面での辛さが増しています。

形成外科医師の判断によりますと選択肢は二つ
1.縦の傷は目立つので、一本の傷を横に何本も切り刻んで繋ぐ再縫合手術、しかし改善の程度は不明
2.硬結してる皮膚のマッサージを毎日行い、皮膚の再生の際に傷が拡大するのを防ぐテーピング療法を
 一年半程度続けてみて改善が無ければ上記手術を検討する
 でした。

傷が綺麗になる期待値が低く、長期経過を要する事。
顔を見るたび傷に目が行く・・目立たぬよう、化粧で修正しても隠れない。
時間経過するにつれ、傷へのストレスが根深さがどんどん増して行くのです。

自身が気をつけても相手が見ていなければ事故には遭う・・・・
事故後、外を歩く事が怖くなり一時期は行動が制限されましたし
2週間 頚椎の痛みと頭痛で生活が制限されたこと・・ 
傷が残った事への、相手への感情・・・・
事故の瞬間が日々フラッシュバックされることへの精神的苦痛が持続しています。

事故直後は傷が残った時の心の状態が想像出来ず、
治療費以上の代償請求を考えませんでしたが、精神面での辛さが増して行くのが苦痛です。
代償請求について具体的に提示頂けたらと思いご相談させていただきました、どうぞ宜しくお願い致します。
2014年06月14日 20時54分

みんなの回答

今村 幸正
今村 幸正 弁護士
ありがとう
示談とおっしゃってますが、それは本当に示談でしょうか。

もし、単に治療費と物損の補てんをしてもらっただけで、示談書にサイン等していないのであれば、まだ示談となってないでしょう。
そのため、慰謝料等を請求していくことが考えられます。

これに対して、既に示談書にサインをしてしまっている場合には、残念ながら、他に何か請求することが難しいのではないかと思われます(もちろん、書面の内容によりますが)。

とくに、加害者さんの保険会社が対応している場合には、示談するとき、通常、権利放棄条項や清算条項というものが入っています。
「被害者は、その余の請求を放棄する」
というような文言です。
こういった権利を放棄するような文言が入っていると、仮に慰謝料等を請求する権利があっても、放棄してしまっているので、もはや行使できないのが一般的です。
こういった権利放棄条項や清算条項が入っていても、例外的に権利行使できる場合はありますが、例外的な場合に限られるでしょう。

たとえば、判例(最判昭和43年3月15日・民集22巻3号587頁)には、こういうものがあります。
左前腕骨複雑骨折のケガにあわれ、被害者自身、傷は比較的軽微なものと考えていたので、事故から9日後に、自賠責保険金の10万円で示談したものの、事故後一か月以上経ってから、予想以上の重傷であることが判明し、再手術を受け、手術後も後遺症が残った事例です。
この事案で裁判所は、全損害を正確に把握しがたい状況下で、早急に少額の賠償金をもって示談した場合には、示談によって被害者が放棄した損害賠償請求権は、示談当時予想していた損害についてのもののみと解すべきで、示談当時予想できなかった不測の再手術や後遺症がその後発生した場合、その損害の損害賠償請求権まで放棄したと解することはできない(つまり、示談の効力が及んでない)としました。

よろしければ、参考にされてみてください。

2014年06月14日 21時06分

相談者
丁寧な回答を頂き、どうもありがとうございます。

まさにおっしゃられた通り、治療費と物損の補填をしてもらったのみです。

加害者が保険なども入ってないとのことなので、第三者は介入しておりません。当方と当事者の親御さんの2者だけで話しています。

示談書を交わすなどしていませんし、過失割合など具体的に話し合った訳ではありません。

「当方で治療費と物損に関する実費を請求した。
 先方が承諾した。」

それ以上の話はまったく出来ておりません。

精神的苦痛というのは主観なので、立証できないので慰謝料の請求自体が難しいことなのか それとも請求をする事は正当な要求であるのかということがわかりません。
 

専門家のご意見をお聞きし大変心強く感謝しております。

2014年06月15日 00時45分

今村 幸正
今村 幸正 弁護士
ありがとう
追加でご回答します。

ケガをさせられると、慰謝料を請求できるのが一般的です。
交通事故の慰謝料は、ケガの内容、通院期間、通院日数に応じて算定されるのが一般的です(これを入通院慰謝料といいます)ので、それほど難しく考えることはないでしょう。
よろしければ、『赤い本 慰謝料』で検索してみてください。

また、お顔のほうに、長さ3センチと1センチの傷あとが残っているとのことですが、これは後遺障害(後遺症)として評価される可能性があります(どれくらい目立つかにもよりますが)。
後遺障害慰謝料は、さきほどの入通院慰謝料とは別に請求できます。
たとえば、交通事故の分野では、外貌醜状というのがあって、3センチ以上の線状痕があれば、12級の後遺障害として認定される可能性があります。
12級の後遺障害慰謝料についての赤い本基準の慰謝料は、290万円です。

ただし、後遺障害があれば、通常、逸失利益といって、後遺症が仕事に影響する度合いをお金に換算したものが請求できることがありますが、外貌醜状については、逸失利益が裁判例上、認められにくい傾向にあります。
かわりに、慰謝料を多めに評価してくれることがありますので、慰謝料は290万円よりも高くなる可能性もあるでしょう。

なお、事故状況によっては、被害者にも落ち度が認められる場合もあります。これを過失相殺と言って、これらの慰謝料が減額されたり、支払済みの治療費の一部の返還を求められることもありますので、念のためご注意ください。

いずれにせよ、保険に入っていなかった相手方に対して、いきなり慰謝料を数百万円支払え、といって、素直に応じるとは考えがたい(相手がお金持ちなら別ですが)ので、弁護士に相談されることをお勧めします。

2014年06月15日 11時40分

相談者
今村先生、この度は丁寧に教えて下さりどうもありがとうございました。慰謝料請求が可能と思われますので、
ご紹介頂きました赤い本慰謝料で調べてみたいと思います。


内容拝見した所、とても難しく 自分ひとりでの交渉はかなり難しいという状況ではありますが、情報収集から始めようと思います。実際に交渉するとなりましたら またご相談させて頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

2014年06月15日 13時29分

この投稿は、2014年06月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,704名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

保険会社の治療費打ち切り後も治療を続ける際の手続き|「第三者行為による傷病届」についても解説

交通事故被害で負ったケガの治療中に、保険会社から治療費の支払いを打ち切ると宣告されることがあります。保険会社の判断に納得できず争いたくても、...

保険会社から治療費を打ち切られた場合の対処法…弁護士Q&Aまとめ

交通事故で負ったケガの治療をしている最中なのに、保険会社から治療費の支払いを打ち切られるケースがあります。まだ治療を続けたくても、応じなけれ...

【交通事故】任意保険会社から「治療費打切り」を通告された場合の対処法

交通事故による怪我の治療中に、加害者側の任意保険会社が「治療費の支払いを打ち切る」と通告してくることがあります。この記事では、治療費の打ち切...

【交通事故】保険会社が治療費を打ち切る理由と打ち切られた場合の対処法

交通事故でむちうちになった場合、保険会社との間で治療費の打切りをめぐってトラブルになるケースがあるようです。今回は、むちうちで治療費が打ち切...

交通事故でケガを負った場合に保険会社から支払ってもらえる治療費の内容

交通事故で負ったケガを治療する際、その費用は加害者が加入する保険会社から支払ってもらうことが一般的です。ただし、治療の内容によっては保険会社...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 手術ミスへの損害賠償請求

    2日前に、外科手術を行った所、術後のミスで鼻に目立つ傷が残りました。 具体的には、術後のガーゼの明らかな締め過ぎによる、圧からの傷、炎症です。手術自体は成功。 炎症が消えれば問題ないですが、炎症が残る場合、炎症後色素沈着など、損害賠償請求はできるでしょうか。 傷が消えない場合、形成外科などでの処置を考えて...

  • 医療過誤による賠償請求の可否について(白内障治療のための多焦点眼内レンズ挿入手術)

    先日、ある眼科にて白内障治療のため両目に多焦点眼内レンズ挿入の手術を受けました。 しかし、術後の見え方に問題があり、他の眼科で相談したところ、手術に失敗している事が判明し、再手術しなくてはいけない羽目になってしまいました。 最初の手術後から再手術に至るまでの精神的な辛さに加え、医師の対応に誠実さが見られなかった...

  • むちうちの休業補償期間

    よろしくお願いします。 1月の末に相手の信号無視で交通事故を起こしました。 片側1車線の交差点内で、自車の左側面に衝突され、そのまま自車は右角の店舗に突っ込み大破で全損です。 ハンドルに下顎をぶつけたために頸椎捻挫になりました。 当初から首と背中に痛みがあり左手がしびれています。 事故後は整形外科に通院して...

  • 交通事故での複数の怪我 目安の等級を知りたい

    交通事故による怪我が複数あります。その場合の等級をおおよそ教えて頂きたいです。 鼻骨骨折、鼻骨骨折の影響?鼻の横から目尻下瞼に痛みと麻痺が残っています 形成頬骨骨折、嗅覚の脱失、左手首の月状骨の剥離骨折 左手首は治療終了してます。後遺症はありません。 嗅覚の脱失は治療しましたが、全く回復せず医者から様子見...

  • 歯科 抜髄ミス 完治に半年 慰謝料請求可能ですか?

    今年の1月から近所で評判の歯科医院にて知覚過敏の治療をしています。 右上の並んだ二本が対象で、二本の間に黒ずみがあった為、初期の虫歯(虫歯の自覚症状なし)の処置もお任せしました。 奥にあたるほうの抜髄は問題なく終わったのですが、手前のほうが奥とまったく同じ処置を施したはずなのに、治療の当日から歯茎に強い痛み...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

治療費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。