自動車保険会社より、事故被害者への慰謝料未払いと、その治療を行った整骨院への治療費の未払いについて

公開日: 相談日:2021年05月05日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
自動車事故で加害者の保険会社より当院に仕事の依頼があり、私は了承しました。その依頼書には「交通事故による損害賠償として相当と認められる範囲で一括払いの取り扱いをします」と記されています。そこは昔から全国にある低価格な保険料で有名な保険会社です。

事故から1ヶ月半後、突然治療が打ち切られ、当社の弁護士の見解では整骨院での治療は認められず、それにかかった料金は当社は支払わないので、患者さんから支払ってもらってくださいという記述の書類が送られてきました。当然のことですが、事故で負ったケガしか治療しておりません。。

患者さんが治療費を立て替えて、後日患者さんの銀行口座に保険会社よりその治療費代が振り込まれるのではなく、100%患者さん持ちで保険会社は一切関与しないということです。

同時に患者さんが整骨院に通院したことは保険会社としてはカウントしないので、慰謝料も払いませんというあまりに酷いものでした(事故直後にかかった病院だけには支払うとのことです)。

現状で、患者さんが整骨院に通院したことによる慰謝料0円、整骨院に支払う治療費0円で、双方に支払いがありません。

保険会社側に打ち切る権利があるのは知っていますが、その打ち切った理由も、私にも患者さんにも現在の体調を尋ねることなく一方的です。患者さんのケガは軽症ではなく1ヶ月半で治るものではありません。

【質問1】
支払う意思もないのにあるかの如く装って仕事を依頼し、治療を行わせ、一変してその料金や事故に遭われた被害者への慰謝料を払わないこの行為は未払いで済まされるのか?それとも何かの罪に問われるのでしょうか。

【質問2】
問われる場合は、事故の担当員でしょうか?保険会社(この支店)でしょうか。

【質問3】
この件の解決方法がございましたら教えてください(患者さんは弁護士特約を使う意思はないようです)。示談はまだ済んでおりません。よろしくお願い申し上げます。

1023424さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    質問1・質問2
     無理やりに法的に構成するえば、2項詐欺罪といえるのかもしれませんが、「交通事故による損害賠償として相当と認められる範囲で一括払いの取り扱いをします」という合意のもと、「相当と認められる施術」と評価しないために支払いを行わないという事例(おそらくその背景には何らかの患者様側の事情もあると思います。)ですので、犯罪には該当しにくいものと考えます。少なくとも警察が積極的に動いてくれるとは考えにくいといえます。

    質問3
     患者様に「保険会社が支払わないため、患者様に支払ってもらうことになる。」として請求をいったんしたうえで、「弁護士費用特約を利用していただき、被害者請求として自賠責保険請求をしてもらい、自賠責から施術費用を支払ってもらえれば問題ない。」と説明していただくのが最も合理的です。
     これにより、同時に、患者様の慰謝料請求の問題も解決できます。




  • 弁護士ランキング
    埼玉県2位
    タッチして回答を見る

    【質問1】【質問2】
    犯罪には当たりません。余り上品ではない恫喝です。
    【質問3】
    > その依頼書には「交通事故による損害賠償として相当と認められる範囲で一括払いの取り扱いをします」と記されています。
    これは、目安料金でやってくれという趣旨です。
    目安料金は、期間の内容も含みますが、結果としてⅠヶ月半ならば支払う意思があったのが変化したのだと思います。
    推測で恐縮ですが、医療機関の診断書、診療報酬明細書つまり治療内容との関係があるかもしれません。
    患者さんには、保険会社に対して診断書、診療報酬明細書の写しを入手していただくべきです。
    仮に、いくつかの原因があり得ますが、初診の遅れ、初診以降の受診がないこと、それらがあれば、整骨院での施術の必要性を保険会社が疑い始めたのかもしれません。
    しかし、その場合でも、せっかくの施術をされた施術費用を断念すべきではありません。ご存知かと思いますが、患者さんの委任を受けて自賠責保険に対して施術費用の代理受領を請求してみるべきです。
    患者さんが弁護士費用特約を利用する意思がないというのは、施術費用については他人事だからです。その利用を強制はできませんから、せめて、上記の点についての協力は求めるべきです。

  • 相談者 1023424さん

    タッチして回答を見る

    >松島先生
    お忙しい中ご回答いただきありがとうございました。

    >患者様に「保険会社が支払わないため、患者様に支払ってもらうことになる。」として請求をいったんしたうえで、「弁護士費用特約を利用していただき、被害者請求として自賠責保険請求をしてもらい、自賠責から施術費用を支払ってもらえれば問題ない。」と説明していただくのが最も合理的です。
     これにより、同時に、患者様の慰謝料請求の問題も解決できます。

    これは大変参考になりました。患者さんにお伝えしてみます。

  • 相談者 1023424さん

    タッチして回答を見る

    >岡田先生

    お忙しい中ご回答いただきありがとうございました。

    >仮に、いくつかの原因があり得ますが、初診の遅れ、初診以降の受診がないこと、それらがあれば、整骨院での施術の必要性を保険会社が疑い始めたのかもしれません。

    先生の予想通りでございます。患者さんの勤務時間の事情で、病院の診療時間内に来院することができず、当院にも夜遅くに来院されていました。病院には数回通院したのですが、初回以降診察はなくリハビリのみだったそうです。つまり医師は現在の患者さんの体調を全く知りません。保険会社も、おそらくそれなりに回復しているだろうと想像で動いている次第です。

    >患者さんの委任を受けて自賠責保険に対して施術費用の代理受領を請求してみるべきです。

    これは大変参考になりました。別の先生が教えて下さった方法と合わせて、患者さんにお伝えしてみます。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県2位
    タッチして回答を見る

    医療機関の治療内容について、投薬治療が2週間あるいは4週間で終わっていること、及び、医療機関でのリハビリと貴院での施術との重複治療が問題となっている可能性があります。
    容易ではないかもしれませんが、どうか誠実に施術された結果が報いられるように手を尽くしてみてください。

この投稿は、2021年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました