自賠責と赤い本の損害賠償について

公開日: 相談日:2021年01月23日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

交通事故で私は車、相手は自転車でした。
私は任意保険が数日で切れており、任意保険に入っていなかったため、自分で賠償させていただくこととしていますがいわゆる赤い本の損害賠償金は自賠責の慰謝料を含めての金額なのか教えていただけますでしょうか?
相手は整形外科に一度だけ通った後、もうすぐ一年になりますがまだ痛いの一点張りで整形外科には全く通わず、接骨院にしか通っていません。※ごく低速の事故です。

990646さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府2位

    松島 達弥 弁護士

    注力分野
    交通事故
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    たとえば、むち打ちで3カ月30回【病院】にかよっていたとすると、赤い本では53万円の慰謝料とされますよね。
    これが、いわゆる裁判基準の慰謝料額となります。
    これに対し自賠責保険基準では30×2×4300円=25万8000円となります。
    この場合、被害者としては、加害者側が自賠責加入であればまず自賠責から25万8000円は回収できる。そして、加害者側の過失が100%の事案であれば残りの差額27万2000円を加害者本人から回収しようとするという形になります。

    ところで、本件の場合、相談者様が1年分の治療費を支払わなければならないかというと実際にはそうではありません。というのも、1度の通院しかしておらず、以降、整骨院にしか行っていない方に関しては、相当初期に症状が固定したと判断される可能性が高いといえます。
    この先の詳細に関しては文書では複雑化するため、交通事故に詳しい弁護士による口頭での法律相談を受けるお勧めしますが、本件は、絶対の被害者の請求を鵜呑みにしていい事案ではありません。

    仮に私が代理人であれば、本件のような事案では「実治療は1日に過ぎないとして、1日分の治療費と1日分の慰謝料以外には債務はない」として、「債務不存在確認訴訟」を提起する方法をとるものと考えます。

この投稿は、2021年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから