任意保険未加入の人身事故(100:0)について。

当方加害者、横断歩道上で歩行者(71歳)にぶつかってしまい、100%こちらに非があります。被害者は全治10日の打撲。当日の診察→内金10000円と薬局→10割を当方で支払いをしています。
任意保険に未加入なので、自賠責に書類は請求しました。

①今後、被害者の方に健康保険を使って頂けるようお願いするつもりです。その場合、窓口の自己負担を直接自賠責に請求してもらうことは可能でしょうか?

②自賠責限度額120万の中には、治療費10割・文書料・休業損害・慰謝料が含まれると思いますが、賠償金という名目の中に、上記以外のものは含まれますか?

③被害者が個人の人身傷害保険や自動車の無保険特約に入っていてそれを利用した場合、保険会社から被害者に支払われた費用は、当方に請求があるのでしょうか?

④このような状況で、法テラスの利用条件の『B、勝訴の見込みがないとはいえないこと』と『C、民事法律扶助の趣旨に適すること』には当てはまりますか?被害者の方に十分な治療を受けてもらいたいという気持ちでいますが、個人ではとても対応しきれる自信がなく、費用面を検討した上で専門家にお願いしたいです。

以上、よろしくお願いします。
2017年01月30日 08時53分

みんなの回答

相談者
すみません、①の直接とは、病院・薬局から直接自賠責にという意味です。

2017年01月30日 08時54分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> ①の直接とは、病院・薬局から直接自賠責にという意味です。
できません、そのようなことができるのは任意保険の場合のみです。
ですので、一旦患者が立て替え払いし、それから自賠責に請求することになります。

> ②自賠責限度額120万の中には、治療費10割・文書料・休業損害・慰謝料が含まれると思いますが、賠償金という名目の中に、上記以外のものは含まれますか?
たとえば通院費や後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料等も問題となります。

> ③被害者が個人の人身傷害保険や自動車の無保険特約に入っていてそれを利用した場合、保険会社から被害者に支払われた費用は、当方に請求があるのでしょうか?
保険代位の対象となる部分については、支払額の限度で、任意保険会社からの請求があります。

> ④このような状況で、法テラスの利用条件の『B、勝訴の見込みがないとはいえないこと』と『C、民事法律扶助の趣旨に適すること』には当てはまりますか?被害者の方に十分な治療を受けてもらいたいという気持ちでいますが、個人ではとても対応しきれる自信がなく、費用面を検討した上で専門家にお願いしたいです。
何を依頼するかにもよりますでしょうし、実際に弁護士や法テラス等に問い合わせしてからの判断ということになるでしょう。

2017年01月30日 12時00分

相談者
松本弁護士 様

回答ありがとうございました。
④についてですが、例えば被害者さんの治療が終了して、示談交渉に入ったときに(法テラスでなくても)弁護士さんに当方が委任する(適正な金額かを判断して頂く)ことは可能でしょうか?
示談交渉はやはり素人だと難しいと思います。

2017年01月30日 17時02分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ありがとう
> 例えば被害者さんの治療が終了して、示談交渉に入ったときに(法テラスでなくても)弁護士さんに当方が委任する(適正な金額かを判断して頂く)ことは可能でしょうか?
> 示談交渉はやはり素人だと難しいと思います。
適正な賠償額の確定等のため、弁護士が受任することは可能です。

2017年01月30日 17時24分

この投稿は、2017年01月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

交通事故でケガをした場合に自賠責保険から支払われる慰謝料の計算方法

交通事故でケガをし、保険会社との示談交渉がまとまるまでに時間がかかりそうな場合、治療費の支払いなどお金の面で不安を覚える方もいるでしょう。そ...

交通事故被害で損害額が自賠責保険を超えた場合の過失相殺の計算方法

交通事故で被害を受けた場合は、加害者に対して治療費や慰謝料を請求できますが、被害者にも過失があった場合は、過失相殺によって金額が差し引かれま...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 自賠責保険の加害者請求について

    質問です。 自賠責保険の死亡による限度額は3000万だったかとおもうのですが、加害者請求の条件を見ると加害者が被害者に損害賠償を支払った限度内で加害者から保険会社に請求できるとあります。 加害者請求の場合、例えば6000万損害賠償を支払ったら、自賠責保険には加害者から6000万請求できるという事ですか?

  • 国民健康保険連合からの損害賠償の対処法

    息子が事故をして加害者になりました。 2年前の事故ですが自賠責保険しか入ってませんでした。 被害者は、国民保険団体連合会の制度を使って、治療費を工面しました。 そして、加害者の息子(親権者 私)に、自賠責保険から引いた額 約120万円の損害賠償の請求が今月いきなり来ました。 この損害賠償は相殺することは可能ですか? ...

  • 自転車と歩行者の事故

    先日子供が自転車に乗り、歩行者に僅かながら接触し、歩行者が倒れ、病院での診断の結果、骨折入院となりました。警察立ち合いのもと子ともが加害者で100%過失で、被害者には賠償を考えていますが、いろいろ調べていると、入院費用については健康保険を使ってもらったほうが良さそうなので、被害者の方にはお願いしたいと思っています...

  • 損害賠償額から減額について

    事故の被害に遭い、相手の保険会社から損害賠償額を提示されました。 治療費、交通費、その他費用、休業損害、慰謝料の合計が約106万円だったのですが、 そこから「責任負担額」として10%減額されていました(「物損で解決した責任割合と同じ」との記載あり)。 この減額がよくわかりません。 過失割合は1:9で納得済みなので...

  • 自賠責保険と自動車任意保険への損害賠償請求について質問があります。

    交通事故で相手の保険会社からの書類が来たのですが、「自賠責保険と任意保険会社に一括払」と「自賠責保険への直接請求」では何が違いあるのでしょうか? また「自賠責保険と任意保険会社に一括払」とはどのような事でしょうか? 自賠責保険に請求した方が、損害賠償金が自分の過失で減額されないし(自分は被害者です)、一日病院に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

自賠責の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。