直線道路における二輪車と四輪車の接触事故による過失割合について

当方は大型バイクで右折、対面側の道路を走行してきた相手は軽自動車で左折し、お互いが幅の広い三車線道路に入るべく、交差点の横断歩道手前で横断歩道を走る自転車が通り過ぎるまで待機していました(双方、停止しているお互いの車両を確認済)。

自転車は当方の方面から走行してきたので、私の進路を過ぎたのを確認し、私が右折を開始し、三車線道路の一番右側(中央寄り)を走り始めました。

すると、同じく自転車が通り過ぎたのを確認し、走行を開始した軽自動車が2車線を横断し、私の走行車線に入ってきて、前方を見ていないせいで私のバイクに接近。私は加速して逃げようとするも、相手の方は視線が前方から外していたのか、私のバイクに接触、しばしバイクを押す形で走行しました。

私が加速した事により、バイクはリアホイールが傷ついた程度。相手の軽自動車は回転するタイヤをしばし押して走行した為、バンバーに広範囲のタイヤ痕、リアホイールに衝突した際のバンパー割れ、ナンバーが傷つけた小傷程度の損傷でした。

その後の警察の事情聴取で相手の方は「バイクの存在は停まっている時と、それからはぶつかってから気付いた」と明言しているとおり、私は相手の前方不注意と認識していたのですが、相手は「当方が割り込んで衝突した」と言っています。

お互いが停まっている状態で双方を確認し、そこから私の方が先に走行を開始しているのでバイクの後部のみが破損し、接触後も私を押す形で走行をしていた痕跡(広範囲のタイヤ痕)もあるのに、何を言っているのだろうと困惑しています。

相手の保険会社から過失割合について電話がありましたが、私は「過失は無い」と主張しています。

弁護士のみなさん、私に過失はあるのでしょうか?

当方は自賠責保険のみです。よろしくお願い致します。
2016年10月20日 18時00分

みんなの回答

半田 基
半田 基 弁護士
ありがとう
まず,双方が動いている事故ですので,貴殿が無過失ということは,裁判で争っても,まず認められないでしょう。事故現場の図がわかりませんので,可能性ということでいえば,交差点にほど近い地点で接触したのであれば,右直事故に準じて,基本過失割合が貴殿75:相手25となる可能性があります。交差点を過ぎて,大分走ってからであれば,車線変更に準じて貴殿20:相手方80となる可能性もあり,過失割合については,貴殿のリアホイールに傷がついていることからすると,車線変更の場合を重視するべきとも考えられますが,なんとも言い難いところがあります。
相手方保険会社の過失割合の呈示に納得がいかなければ,調停などの手段も検討するといいかもしれません。

2016年10月20日 18時30分

相談者
半田弁護士様。

言葉が足らず、申し訳ありませんでした。

私は三車線道路の一番右側(中央寄り)の道路、「交差点からは完全に離れた直線道路」を走行しており、互いに進路変更などはしておりません。なので私として接触というより追突という認識でございます。

確かに互いに動いている状態では10:0にはならないという認識はありましたが、後部からの追突、しかも接触後も相手側は私のバイクを押し出すように走行しています。

停止中なら10:0、走行中ならば過失割合を負わなければならないという理由が自分的に見つかりません。

2016年10月20日 18時46分

この投稿は、2016年10月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,708名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

交通事故でケガをした場合に自賠責保険から支払われる慰謝料の計算方法

交通事故でケガをし、保険会社との示談交渉がまとまるまでに時間がかかりそうな場合、治療費の支払いなどお金の面で不安を覚える方もいるでしょう。そ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 交差点の事故についての過失割合を教えて下さい

    過失割合についてご質問です 交差点をUターンしきったところ、後続車が左側からきて前に抜けてきました。私の車の前方左側ライト付近、相手方の車の右前が接触。 ●現場の道路について 交差点は走行車線は片側二車線。反対車線は右折レーンと直進の道路で交差点以降は走行車線一車線とゼブラマークのついてる道路です。 ●事故...

  • 徐行後に一旦停止して起きた、自転車との追突事故

    自転車との追突事故。問われる過失責任をご指摘ください。 私は自動車を運転し、片側1車線の主要道路からT字路の横道へ、左折しようとしました。 左へハンドルを切る前に視線を左横窓→左ミラー→正面へと移動し、バックミラーに自転車が見え、停止。そこへ自転車が追突しました。 相手は正面を向き額からバックガラスに接触。...

  • 判例タイムズに無い雪道での特殊な物損事故の基本過失割合について

    雪道を走行中の車同士の物損事故です。 ■事故現場の状況など ・見通しの良い直線道路 ・午前4時台で暗がり ・大雪であったが除雪車が通った後で道は比較的走りやすかった ・追越しのための右側部分はみ出し通行禁止区間(自車が違反) ・雪で車道中央線は確認できない ・対向を示すライトは確認できなかった ・自車はスタッド...

  • 右直進事故の過失割合について相談です

    当方が車で横道から片側一車線の道路に右折しようと停止しており、右側から来たバスが停止し道を譲ってくれたためゆっくり発進した所、バスの右側から追い越してきたバイクと中央線のあたりでぶつかってしまいました。当方のいた横道の前方はT路路になっていて、バイクの来た優先道路は中央線が白で追い抜き禁止ではありません。保険会...

  • 気が付かずに発生した、軽微な道路交通法違反について

    本日、道路をオートバイで走行中に、右折する必要があったため、右端に寄り、30mほど走行して右折しました。すると、後ろからパトカーのサイレンが鳴り、止められて切符を切られました。 その道路は、角手前から、左折用に3車線道路になっていましたが、右折するので、左側車線には気が付きませんでした。 その3車線道路には、6...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

自賠責の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。