人身死亡事故を家族がおこしました。

そろそろ話し合いをしなければならないのですが、任意保険も入っていたのですが、適用外と言われ自賠責だけです。任意保険会社からは、話し合いに立ち会えないと言われ、被害者の遺族と加害者との話し合いになるらしいのですが、話をどう進めればよいのかわかりません。
過失の割合もわからないし、誰か (弁護士とか)に入ってもらった方がいいでしょうか?任意保険会社の話では自賠責で間に合うだろうと言ってましたが…。
死亡したと言う事で、相手に過失があっても、こちらが全面的に悪いと言って、話し合いを進めるしかないのでしょうか。
紫陽花さん
2010年09月27日 09時56分

みんなの回答

堀 晴美
堀 晴美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9
弁護士が同意1
ありがとう
交通事故を専門に手掛けている弁護士がいるので、その手の弁護士に頼んだ方がいいと思います。交通事故 弁護士でネットで検索できると思います。

2010年09月27日 11時26分

弁護士A
ありがとう
死亡事故という結果になったからといって、常に加害者が100%わるいということではありませんので、賠償をする際はきちんと過失割合を決めるべきでしょう。

ただ、死亡事故の加害者という立場では、それを強く主張するのは難しい、はばかられるということであれば、やはり、弁護士に依頼することがよいと思います。

もちろん、これらを踏まえた上で、できるだけ支払いたいということであれば、被害者遺族の方の請求額を基本的には全額支払うという解決もあり得ますが。

2010年09月27日 11時30分

紫陽花 さん (質問者)
二つの意見ありがとうございます。
参考になりました。
事故の原因は被害者の飛び越しです。
信号のある横断歩道まで50の所でした。
横断歩道まで行ってくれてたら…。
こちらは法定速度で走ってたらしいです。
だけど、夕方で視覚も悪く、気がついた時には間に合わなかったらしい。
その場で現行犯逮捕。
二日警察に拘束されました。
でも警察の話では、示談を進められたようです。
まだ現場検証も終わってないのですが、過失の割合は警察に聞けばわかるのでしょうか?
あと、裁判所から連絡が来た時、示談がまとまってないと、刑務所に行く可能性もあると聞きました。
そうなのでしょうか?

2010年09月27日 11時44分

弁護士B
ありがとう
過失割合などは警察にきいても答えてくれないと思います。民事の法律問題なので、わからないと思います。


任意保険で人身賠償に入っていなかったのでしょうか。

書かれている事故態様であれば、こちらの過失100、個被害者0ということはないと思います。歩行者の飛び出しであれば、こちらの過失0の場合も理論的にはあり得ます。
こちらが全面的に悪いとして交渉をすすめるのはやめたほうがよいでしょう。


いずれにしても、早急に弁護士に相談されるべきです。

地域の「弁護士会」、「法テラス」、「市町村」などで無料(または有料)で弁護士による相談を受け付けてくれますので、ネットで連絡先をしらべ、電話してみてください。

2010年09月27日 12時35分

紫陽花 さん (質問者)
弁護士Bさんへ。
車の保険は配偶者限定にしてありました。
事故を起こしたのは、息子ですが、息子が夫の車を乗って起こした事故。
息子も任意保険に入ってはいましたが、同居の親族の車では、保険が下りないと言われました。

保険会社からは相手が弁護士を立てたら、こちらも立てた方がいいと言われ、保険会社が話し合いに立ち会うとの話だったので、弁護士の事は考えてなかったが、詳しく聞いたら、保険会社はノータッチで、示談書の書き方を教える事だけはすると言う意味だったらしいです。
それで、話し合いをどう進めていいか、途方にくれ相手が弁護士をたてなくても、こちらで立ててもよいのか…悩んでます。

2010年09月27日 14時13分

弁護士A
ありがとう
正当な(裁判所で認められるであろう)賠償をすることは、逆に言えば、それを超える賠償はしなくても良いこととなります。弁護士に依頼すれば、その見極めも含めて被害者遺族ときちんと話をしてくれます。これは、決して不誠実な対応ではありません。
その意味で、先方が弁護士に依頼していなくても、加害者が先に弁護士に依頼することは、本来は全く問題ありません。

但し、遺族は家族を亡くされて、混乱しているところでしょうから、その話のしかたは注意をすべきかもしれません。一言注意をしたかしないかで、その後の交渉の進み具合も全く変わってくることもあります。

ご相談者のお子さんの過失がどの程度なのか、あるいは、依頼した弁護士の方針もありますが、私としては、お見舞い(謝罪)をまずした上で、弁護士に依頼したと告げるのがよいと思います。

2010年09月27日 15時42分

紫陽花 さん (質問者)
過失の割合は誰が決めるのでしょうか?
事故の連絡が家にあった時 私と夫で病院に謝罪に行き、息子が警察から戻ってから、私、夫、息子夫婦四人で家に謝罪にいきました。
通夜葬儀も四人で出席し、出来る事はしました。
あとは話し合い(示談)…。
交通事故に詳しい弁護士をさがして、相談してみます。

2010年09月27日 16時44分

弁護士C
ありがとう
横槍を失礼します。ご質問では、過失割合がどうかという点が焦点になっているようですが、自賠責保険の場合は、故意・重過失がない限り過失割合は問われません。ですので、自賠責保険の範囲で話を済ませるのであれば、遺族の方と過失割合の話をする必要はありません。
自賠責の請求の方法としては、加害者請求と被害者請求があります。加害者請求とは、加害者が賠償した額を自賠責から受け取る場合で、被害者請求はその名のとおり被害者が直接自賠責保険に請求します。
本件では、被害者の方がお亡くなりになっていますから、賠償も高額になります。被害者の遺族の方に弁護士が介入したとすると話は別ですが、基本的に被害者の遺族の方に被害者請求をしていただくという形になると思います。
死亡交通事故は、加害者側でも被害者側でも私は数例取り扱いましたが、いつも胸が痛みます。
被害者の遺族の方は肉親を突然亡くされその悲しみは途方もないものがあります。馬鹿がつくほど丁寧な対応をしてしすぎることはありませんよ。

2010年09月27日 17時17分

紫陽花 さん (質問者)
弁護士Cさんへ
自賠責だけでは過失割合は無関係なのですか?
それでは、自賠責の最高額で納得して貰うと言う事でしょうか?
こちらが弁護士を立てる必要はないのでしょうか?
被害者には申し訳ないと思っています。
ですが、こちらも加害者ですが被害者です。
息子のダメージも心配ですし、家族も精神的に疲れてます。
だけど避けられない事。
被害者の遺族に誠意をわかってもらうのは大変な事だと思います。
でも一つづつ解決していかなければならない事なんですよね。

2010年09月27日 22時21分

弁護士B
ありがとう
補足です。

息子さんの刑事事件との関係でいえば、息子さんの過失が0でないかぎり、示談が成立していたほうが有利ではあると思います。
ただし、事故態様、過失割合、前科等の状況にもよるので、示談をしなれば実刑、示談すれば執行猶予となるかどうかまでは不明です。

息子さんは、逮捕後、釈放されたのでしょうか。拘留中ですか?いずれにしても刑事事件の方で、すでに息子さんに弁護人がついているのであれば、その弁護士が弁護活動の一環として、話し合いもしてくれる可能性が高いと考えられます。過失割合などについても、その弁護士に確認するという手もあります。

2010年09月28日 10時50分

紫陽花 さん (質問者)
弁護士Bさんへ
息子は二日の拘束で警察から戻りました。
逮捕された時警察から弁護士をつけるかどうか聞かれたらしいけど、どうしていいかわからず、断ったと聞いています。

知り合いのツテで弁護士に今日電話相談をした所、とりあえず被害者の遺族と加害者どうしで話し合いをしてみて、まとまらないようならば、力になると言われました。
いきなりこちらが弁護士をつけても、話のしようがないとの事。
とりあえず相手の出方を見た方がいいとの事です。
当事者どうしで示談がまとまればいいのですが…。

2010年09月28日 23時15分

紫陽花 さん (質問者)
一回目の話し合いがありました。
息子から聞いた話によると、自賠責だけで納得してくれたらしいがあとは誠意を見せてくれと言う事です。自賠責+α。
+の金額は悩みますが、任意が使えないので限度があります。
それに、被害者の旦那さんよりも親類の人が出てきて、目撃者が居て、スピードもかなり出ていたとかブレーキもかけなかっただろうとか言ってきたらしい。
でもその事は警察で証明されてます(スピードとブレーキ)
お布施代も出さなければならないのでしょうか?
「これから何回もあるから」(法要)と言われたそうです。

次の話し合いで+αが相手が納得する額ならば示談になるでしょうけど、まとまらない場合、弁護士をつけようかと思ってます。
被害者が亡くなってしまったから、こちらが悪いのは仕方ないけれど、一方的すぎる様な気がします。
私の考えは間違っているでしょうか?

2010年10月09日 09時10分

この投稿は、2010年09月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,123名の弁護士から、「交通事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

交通事故でケガをした場合に自賠責保険から支払われる慰謝料の計算方法

交通事故でケガをし、保険会社との示談交渉がまとまるまでに時間がかかりそうな場合、治療費の支払いなどお金の面で不安を覚える方もいるでしょう。そ...

交通事故被害で損害額が自賠責保険を超えた場合の過失相殺の計算方法

交通事故で被害を受けた場合は、加害者に対して治療費や慰謝料を請求できますが、被害者にも過失があった場合は、過失相殺によって金額が差し引かれま...

【交通死亡事故】加害者が任意保険未加入のとき賠償金を回収できるケース

交通死亡事故の加害者が任意保険に加入していなかった場合、自賠責保険だけでは賠償金を全額カバーできない可能性があります。そうしたとき、遺族は自...

交通事故で加害者が無保険だった場合に被害者や遺族が賠償金を得る方法

交通事故でケガや死亡したけれど、加害者が任意保険に入っておらず自賠責保険のみ入っている、あるいは自賠責保険にすら入っていない…。このような場合...

通勤中の交通事故で死亡した場合の労災保険の手続き

通勤中や仕事中の交通事故で死亡してしまった場合、労災として労災保険を使うことができます。また、通常の交通事故と同じように自賠責保険や任意保険...

この相談に近い法律相談

  • 人身事故後の過失割合について

    車と車の人身事故なのですが、加害者が任意保険未加入でした。 私の任意保険会社と加害者が過失割合について話をしていますが、相手が納得いかないと言っているそうです。 事故当日は全部私が悪いと言っていたのに、後日、車の修理金の話になった途端、言い分を変えてきました。 今後相手が過失割合に納得してくれない場合どうな...

  • 社会保険任意継続について。

    二回目の相談になります。 いつも、お世話になっております。 先日、夫の職場から5月中旬にてクビ同然で辞めたと電話が来て、保険証を返却するように言われましたが、夫曰く任意継続中だからそのまま使えると言われましたが、本当に前の職場の保険証が使えるのでしょうか? また使えなかった場合、私と息子のだけ世帯分離をして国保に切...

  • 自分の車が任意保険に入っていなくて

    車同士の事故をおこしてしまいました。幸いどちらも怪我はなかったのですが、私は任意保険に入っていなかったので話し合いもどうしたらよいかも分かりません。この場合はどうしたらよいのでしょうか?

  • 物損事故。よくわからないのですが加害者の方に電話して委任したか聞いた方がいいでしょうか?

    物損事故を起こされました。相手が10でこちらは0です 相手の保険会社が弁護士をたててきました 委任した人が加害者本人の名前になってました 加害者とは事故の日依頼全く話をしていません よくわからないのですが加害者の方に電話して委任したか聞いた方がいいでしょうか?あと全く修理もしていないのに代車も勝手に打ちきられなぜこっち...

  • 当て逃げで訴える事は出来ますか?

    停車中に後ろから追突されました。相手から任意保険を使わず修理代を自分で払いたいと言われました。しかし、相手の態度があまりにも誠意がなく社会人として常識のない対応をしてきます。 払わないとは言われていませんが、実際にまだ修理してもらってません。電話をしても忙しいと、中々話が出来ず それどころか私達の対応が悪いと電...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

自賠責の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。