車の接触事故を起こしてしまいました(加害者です)

公開日: 相談日:2021年04月04日
  • 1弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
2ヶ月前、義理の父の車で接触事故を起こしてしまいました。
T字路で一時停止したものの少し前に出過ぎてしまったと感じたため後方をきちんと視認せず後退したところ、同じく停止していた(と思われる)後続の車両に接触し、結果として、先方の車のフロントバンパーに傷をつけてしまいました。傷自体は小さく、先方のお車は事故直後も自走可能であり、その後2ヶ月ほど通常通り使われているようです。
その場で警察を呼び、先方はお怪我がないということだったので物損事故として処理されましたが、後日先方が打撲をされ通院されたと警察に連絡があったそうで、人身事故に切り替えられました。
私の方は義理の父の任意保険が切れていたことに気づいておらず、自賠責保険のみがある状態です。
先方は代理人として弁護士の方を選任され、まず車の修理代の請求を頂いている状況です。(治療費等は計算中であるとのこと)

【質問1】
先方より、約16万円の請求と見積書の提示がありました。先方車種と修理内容に鑑み、一般的な金額よりも高額であるように思います。何らか合理的な金額であることを示して頂くようお願いするのは適当でしょうか?

【質問2】
治療費等は計算中であるとのことですが、そちらの提示を待って、まとめて交渉する方が良いでしょうか?(ただ私としては、金額が合理的ならば、速やかにお支払いしたいと考えております)

1014226さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位
    タッチして回答を見る

    質問1の> 何らか合理的な金額であることを示して頂くようお願いするのは適当でしょうか?との点ですが適当かと思います。修理代金の見積書のみならず、車の疵の写真や車の年代(修理代金よりも時価額が低い場合は時価額になるため。レットブックなどで調べる)などの資料を求めるのは如何でしょうか。
    質問2は、ケースbyケースです。事故態様からすると人損は自賠責の範囲内で処理できる可能性もあります。気をつけたいのは、交通事故の算定基準は、①自賠責基準→②任意保険会社用いる基準→③裁判基準で損害額が変化します。一度、弁護士に面談相談をお勧めします。ご参考にしてください。

  • 相談者 1014226さん

    タッチして回答を見る

    早速のお返事ありがとうございます。大変参考になります。
    質問2について、「①自賠責基準→②任意保険会社用いる基準→③裁判基準で損害額が変化します」ということですが、私は①の範囲では最大限お支払いするつもりでおりますが、先方は③で請求してくる予定のようです。(先方代理人の弁護士の方から、判例等に基づき請求できる範囲で請求するという趣旨のコメントがありました)
    この場合、①〜③のどの範囲で決着するかは、先方のご意向次第ということになりますでしょうか?
    裁判にすることは当方はもちろん先方も望んでいないように想像しますが、あまりに法外な金額や内容の場合、先方の主張の通りには対応できないなと感じております。(先方が請求されている修理代が高めであるように思えることや、当日は怪我はないと言っていたところから人身事故に切り替えられ、休業補償等も請求されることを予定されている様子から、加害者の立場ながら被害者の方を少し信じられない気持ちがあります)

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位
    タッチして回答を見る

    > この場合、①〜③のどの範囲で決着するかは、先方のご意向次第ということになりますでしょうか?
    との点ですが、示談交渉なので双方の合意点になるかと思います。あまりに高額な場合は一度弁護士に相談し合理的な主張で和解提案をするなど考えられます。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す