駐車場での10対0の物損事故での評価損の請求について

公開日: 相談日:2018年10月13日
  • 1弁護士
  • 5回答

駐車場で駐車中にぶつけられ、10対0の被害者です。怪我なしの物損事故です。骨格まで行く、大きな損傷で、約250万の修理金額となり事故車となります。修理代と代車代金は保険屋が出すそうですが、評価損の部分は出さないとのこと。本当は修理では修復後も不安があるので買い替え希望でしたが、まだ新車購入から3年未満のため、残債が多く買い替えられません。1〜2年後に買い替えの時、このままだと下取り額が下がり、不利益が生じます。この場合裁判した方が良いのでしょうか?
裁判となる場合、事故の加害者相手になるのか、保険会社相手となるのか、どちらなのでしょうか?
保険会社の対応に、被害者の私も加害者の契約者の方も怒りを覚えるくらいの対応の悪さに呆れています。
加害者の方が、裁判にして保険会社から評価損の部分を取ってくださいと言われたのですが、私が思うに、裁判をするということは、あくまで加害者に対してだと思うのですが・・・
困っています。よろしくお願いいたします

717967さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    お困りのことと存じます。
    大変ご心痛ですね。心中お察しいたします。

    評価損は交渉ではなかなか認めてくれませんから、平行線のままであれば裁判をすべきでしょう。
    訴訟をして、相手が保険を使うということになれば、保険会社が保険金を使って支払うことになりますから、保険会社云々はあまり気にしなくても良いでしょう。

    お近くの弁護士に直接面談にて相談の上、訴訟対応を依頼することをお勧めいたします。

  • 相談者 717967さん

    タッチして回答を見る

    ご回答、ありがとうございます。近くの弁護士さんは、どこで探せばいいのでしょうか?
    市役所とかで相談に乗ってもらえるのですか?

  • タッチして回答を見る

    市役所などで無料相談をしている自治体もありますが、せっかくあなたは弁護士ドットコムのサイトにたどり着いているのですから、弁護士ドットコムのサイト内にある弁護士検索や一括見積もり制度を利用されてはいかがでしょうか。

  • 相談者 717967さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます
    そういうことはできるのですね
    早速、探してみます

  • 相談者 717967さん

    タッチして回答を見る

    アドバイスありがとうございました。
    裁判をしても、弁護士費用などで、保険屋から取れる金額より持ち出しが多くなる確率が高いという話も聞きました。
    ここ一ヶ月以上こういうことを探し回り、もう面倒になりかけています。
    なぜ一方的に被害を被っただけなのに、こんな思いをしなくてはいけないのでしょうかね?
    このまま示談に応じて、修理費と代車代金で終了でいいかなあ・・・と投げやりになってきました。
    愚痴ってすみません。

  • タッチして回答を見る

    >なぜ一方的に被害を被っただけなのに、こんな思いをしなくてはいけないのでしょうかね?
    →お気持ちはお察しいたしますが、現行法実務ではこのようなことにならざるを得ません。立法論を変えていかなければならないように思いますね。

    >このまま示談に応じて、修理費と代車代金で終了でいいかなあ・・・と投げやりになってきました。
    →個人的にはお勧めはしませんね。

    >愚痴ってすみません。
    →愚痴っていただいても構いませんよ。ただ、このサイトでは一般論としての回答とあなたを励ますことくらいしかできませんので、それはご了承くださいね。

    >裁判をしても、弁護士費用などで、保険屋から取れる金額より持ち出しが多くなる確率が高いという話も聞きました。
    →弁護士費用をどう考えるかによります。経済的な得損だけで判断をするのか、あなたの代わりにできるところまでやってもらうというところに意義を見出すのか、もし後者に意義を見出せるのであれば、そこに弁護士依頼の意義があることを明示していただいて相談をすれば、依頼を受けてくれる弁護士は出てくると思いますよ。

  • 相談者 717967さん

    タッチして回答を見る

    ご丁寧にありがとうございます。
    もう少し頑張ってみます

  • タッチして回答を見る

    このサイトでは、一般論としての回答とあなたを励ますことしかできませんし、基本的に訴訟移行が見えている事案のように思います。
    お考えいただくのはいいですが、弁護士依頼も検討されたほうが良いと思いますよ。

この投稿は、2018年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました