物損事故示談後の人身事故の示談

1年程前に交通事故に遭いました。当方二輪車、相手方タクシーです。客を乗せようとしたタクシーに幅寄せに遭い接触、ガードレールに衝突し、意識不明で入院。総治療期間は299日、入院5日、通院147日間。当初物損事故の過失割合が2:8で、こちらは判例タイムズの過失割合と言われたそうです。私の任意保険会社は弱者救済や交差点手前3m程の急停車(客を乗せようとした為)、1:9を主張。相手方任意保険会社はタクシー会社に提案したが、タクシー会社は2:8以外は受け付けないので、裁判でも何でもやってくれとのことでした。結果2月か3月に2:8で物損事故示談。昨日、人身事故の示談書が届き、やはり2:8で示談書が書かれていますが、こちらは生死を彷徨い、半月板や骨挫傷や擦過傷、前歯を折り、身体に傷も残り、相手方は謝罪一つなく、連絡すらない対応に納得がいきません。タクシー会社が相手だと、泣き寝入りするしか無いのでしょうか。接触箇所はバイクの右後方部をタクシーが左先端をぶつけた状態です。
2011年07月07日 12時20分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
それを泣き寝入りと表現するかどうかはともかく、任意の交渉では、相手が応じなければ仕方がないでしょう。

あなたの言い分を通したいと思ったら、(結論はともかく)裁判などの手続きを取るべきでしょう。

2011年07月07日 13時23分

田沢 剛
田沢 剛 弁護士
ありがとう
泣き寝入りする必要はありません。不誠実な対応の会社に対し,損害賠償請求訴訟を起こしましょう。不誠実であることは,慰謝料増額事由にもなり得ますので,事故日からの遅延損害金も含めてきちんと請求しましょう。

2011年07月07日 13時28分

相談者
やはり物損事故と人身事故は新たな事実が証明されずとも変わらないのですね。2:8以外は受け付けないと言ったタクシー会社が正しかった訳ですね。
示談書、、、
私の治療費で126万円、休業損害で27万円、通院費で19万円(これは相手が払いました。)
まだ未払になっているのが、私の立替治療費3万円、通院費5万円、インプラント治療費で約40万(前歯なので保険がききません。)です。そして、慰謝料が100万円。この中にインプラント治療費を含むとあります。
総額が280万ほどで、2:8をすると、私56万円、タクシー会社224万円、既に相手が172万円支払いをしたので52万円が支払われるとの事です。
つまり、慰謝料は60万円と考えると、これは妥当なのかどうか知りたいです。これからインプラント治療をすると慰謝料なんかは無いと考えるのが正しいでしょうか。身体に傷は残るし脚は痛いし前歯は義歯になってしまうのに、悲しくてしょうがありません。

2011年07月07日 16時30分

清水 卓
清水 卓 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
相手方保険会社の提示は,任意保険基準に基づくものと思われます。ですので,入通院慰謝料は裁判ををした場合(裁判基準)よりも低額でしょう。

お怪我の内容・程度,診断書の記載内容等にもよりますが,後遺障害の等級認定が受けられる場合もあります(後遺障害の等級認定の申立てにつき,相手方保険会社やご自分が加入されている保険会社から説明がされていないかもしれません)。後遺障害の等級認定がなされた場合には,さらに,?後遺障害慰謝料,?逸失利益の賠償請求が可能となります(認定等級によっては,数百万円以上になる可能性があります)。

仮に,後遺障害の等級認定が受けられない場合であっても,裁判をしたような場合には,前歯が折れたこと等が斟酌され,慰謝料の増額が認められる可能性があります。

以上のように,損害賠償金額が現段階の提示額以上に増額する可能性がありますので,一度,弁護士の直接の相談を受けられてみてはいかがでしょうか(過失割合も重要ですが,その他にも留意すべき問題点はございますので,そられの問題点にもご留意下さい)。

2011年07月07日 19時50分

大達 一賢
大達 一賢 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
先方がそのような態度であれば、任意交渉で過失割合を変更することは難しいので、実際は裁判に訴え出ることになるでしょう。裁判に出ることは確かに労力を伴いますが、交通事故事案の場合、通常受けた損害の1割程度の弁護士費用を相手に負担させることができるのが通例です。

ですから、過失割合の認定及び損害額などで納得のいかないことがあれば、まずは弁護士に自分の損害額を再算定してもらってその結果と相手方保険会社の算定結果とを照らし合わせて今後の方針を決めるとよいでしょう。たとえば休業により受けた損害額や壊れたバイクの修理代、慰謝料や治療費などで相手方損害保険会社が主張する額が、自分の思っている額よりもはるかに低いということはよくありますので。

2011年07月07日 19時51分

この投稿は、2011年07月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】物損事故の被害を回復する手段と解決までの流れ

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。物損事故とは、人が死亡したりケガを負ったりすることなく、車などの物のみに被害が...

物損事故と人身事故の違いと人身事故へ切替えを検討すべきケース

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。交通事故にあったとき、物損事故と人身事故のどちらで処理されるかによって、利用で...

【交通事故】警察で物損事故から人身事故に切り替える手続きの流れと注意点

交通事故直後はケガをしたと思わず、物損事故として届け出たケースでも、後になって身体に痛みなどの症状が出てきたら、警察に医師の診断書を提出して...

【交通事故】物損事故で保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害と、車が破損するなど「物」に生じる被害との大きく2つに分けられます。この記事では、「物」だけ...

【物損事故】高額な修理代や新車の買替え費用の請求に応じるべき?

交通事故で車を壊してしまった場合、加害者は被害者に対して修理代などを賠償しなければなりません。では、被害者から高額な賠償金を請求されたとして...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • バイクの非接触事故被害者ですが、、、?

    当方バイクで優先道路で車両渋滞中の左側白線内を時速30キロ程度で走行中、渋滞中車両の間から相手車両が頭を出し、衝突回避で左側に驚愕転倒。優先道路の幅は実際には2車線分程度あります。相手が横切ってきた中央にもセンターラインが有ります。 救急搬送で病院へ行き、レントゲン検査、外傷処置後に松葉杖を付きながら友人に自宅に...

  • 慰謝料、示談金について

    昨年10月30日に自転車で車道左側走行中タクシーが停車していましたが、タクシーの横を通過しようとした際に突然タクシー後部ドアが開き接触、その勢いで歩道に投げ出され転倒し右手を骨折しました。事故直後、警察と救急車の手配はしていただきましたが、その後、タクシー会社と損害保険会社から連絡が一度来ましたがその後音信不通です...

  • タクシー相手の事故。何か効果的な対処方法はないでしょうか?

     先日、タクシーとの事故を起こしました。 片側2車線の道路で、私(125ccバイク)は左車線を約40キロで走行していました。相手(タクシー)は右側の車線をほぼ同じ速度で走行していましたが、左側歩道に乗客を発見し急な車線変更と原則を行った為に。避ける事も止まる事も出来ずにタクシーの左後部に接触し転倒しました。 その後、私...

  • 人身事故

    先日、妹が交通事故で17日入院しました怪我の具合わ大腿骨骨折の全治3カ月です。事故の原因わ車(相手)の前方不注意などでこちらわ原付に乗っていました、過失割合わ1対9で相手側が過失が9です入院が原因で高校わ留年になりました、なので通信制へ転校するつもりです、通院もなるべく行くつもりです、このような場合慰謝料、もしくわ示談...

  • 示談の過失割合で平行線です・・。

    2月末に事故にあいました。 私は大型バイク、相手はタクシーです。 状況は、センターラインの無い細い道路のT字路で起きました。 相手は、T字路の突き当たりを左折しようとしていたとの事。(T字路手前に停止線有り) 自分は、T字路の緩いカーブを左折して相手車線へ入ろうとしていました。(T字路手前に停止線無し) 詳細は下記...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

物損事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

物損事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。