物損事故対応で、すべて終わったあとで保険料を支払うことができないとは如何なものでしょうか?

昨年末に自動車での物損事故を起こし保険会社に連絡したところ、保険で全額対応できるとの返答がありました。

なので全部保険会社任せにし、修理工事もすべて済んだ後になってから「約款に引っかかる項目を見つけたので支払いはできない」との返答がありました。

そこで先生方への質問があります。
1)この場合、保険会社の言うとおりにこちらが全額払うべきなのでしょうか?

2)調停や裁判にすすめるとしたら、何かこちらで準備できることはあるでしょうか?

こちらとしては最初に「約款に引っかかるから支払いできない」との返答があれば保険会社に全任せはしなかったはずなので、全く納得がいきません。

拙い文章で申し訳ございませんが、先生方のご意見をお待ちしております。
宜しくお願い致します。
2017年01月15日 02時07分

みんなの回答

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
ありがとう
1 約款などの根拠にどう解釈すれば本件が当たるのか、少なくとも説明は求めるべきです。それ次第ですね。
2 契約内容や経緯を明らかにして、弁護士などを選任するのがスムーズであると思います。

2017年01月15日 02時09分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
> 1)この場合、保険会社の言うとおりにこちらが全額払うべきなのでしょうか?

約款次第です。

> 2)調停や裁判にすすめるとしたら、何かこちらで準備できることはあるでしょうか?

まずは事前に約款を確認すべきでしょう。

2017年01月15日 09時29分

松本 篤志
松本 篤志 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
任意保険会社との交渉等の経過次第ですが、修理済みであるのに修理費用が一切支払われない状態というのは修理工場としても我慢できるものではないでしょうから、どこかのタイミングで一旦はあなたが支払をし、それから改めて任意保険会社に支払を求めるということが考えられます。

引き続き任意での支払を拒まれるとなると、最終的には訴訟をするかどうかの判断となりますが、約款絡みの訴訟は弁護士に依頼するのが現実的でしょう、それに先立ち、任意保険会社から約款であったり文書での回答を求めたりすることも考えられます。

2017年01月15日 20時29分

相談者
皆様、回答ありがとうございます。

今の私の動きとしては、「保険会社からの文書での回答の請求」と「約款の送付」と「通話音声データの請求」、「通話記録などから時系列での大まかな流れの記録」をしております。

こちら側でも途中からは通話を録音しておりましたが、事故初日などのは録音していなかった為に保険会社に請求しております。
只今保険会社からの送付待ちの状態です。

弁護士の先生方に直で相談させていただく場合は、文書などが揃ってからのほうがいいのでしょうか?

2017年01月17日 12時12分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
ありがとう
そこまで揃っていれば、むしろ早い方が良いでしょう。弁護士側から指示を仰ぎながら証拠を揃える方が適切ですからね。

2017年01月17日 13時38分

この投稿は、2017年01月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,795名の弁護士から、「物損事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】物損事故で保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害と、車が破損するなど「物」に生じる被害との大きく2つに分けられます。この記事では、「物」だけ...

【交通事故】物損事故の被害を回復する手段と解決までの流れ

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。物損事故とは、人が死亡したりケガを負ったりすることなく、車などの物のみに被害が...

物損事故の加害者が無保険だった…修理費の支払いを拒否された場合の対処法

交通事故により車が壊れた場合、事故の相手に修理費などを請求することができます。しかし、相手が保険に入っていないケースでは、相手がなかなか支払...

【物損事故】レンタカー代を代車費用として保険会社に請求できる?

交通事故で車が壊れた場合、修理している間や、買い換えて納車されるまでの間は、車が手元にないため、代車(レンタカー)が必要になることがあるでし...

物損事故と人身事故の違いと人身事故へ切替えを検討すべきケース

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。交通事故にあったとき、物損事故と人身事故のどちらで処理されるかによって、利用で...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 交通事故の際の保険会社からの請求

    こんにちは 先日、交通事故に遭いました。 相手の車にバイクがぶつかってしまいました。 バイクの保険に入っておらず10:0で自分が悪かったので 修理代金を払うことになり相手から見積もりが届きました。 そこで、こちらが指定する所でも見積もりを出して欲しいとお願いしたところ、 音信不通となりその後相手の保険会社さんから請...

  • 自動車事故の保険関係について

    今日、車と車の事故を起こしてしまい。私の方が第一当事者とのことでした。運悪く任意保険の対物保険に入っていなく、相手の車の修理代を保険で支払うことができないとのことでしたが、自陪責保険は入っているのですが、この保険で相手側の車の修理代を支払うことはできないのでしょうか?教えて頂ければ助かります。

  • 保険会社とのトラブル

    当方、自動車修理会社です。 事故の修理代金で相手方の損害保険会社(日本興亜)より保険金が入ってきたのですが、免責金額5万円差し引いて入金になりました。 免責のついている契約なので5万円は相手本人より支払いとのことと、後になって知らされた次第です。 その後しばらく待っても入金ならず、日本興亜に問い合わせたところ、「...

  • 車の衝突事故に関しての相手からの請求について

    昨年9月に息子が事故を起こしました。 相手のある事故で、車同士の衝突事故でした。 相手の車は平成17年式、走行距離9万3千kmのコルトプラスでした。 あちらの保険会社は協同組合で、10:0でこちらが悪いとの事でしたが少々納得いきませんでした。 当方としましては、保険は使いません、10:0には納得出来ませんが、割合が決まりまし...

  • 子どもが友達と二人で車に傷を(2)

    先日質問し、回答いただいた者です。その後、お友達の保険会社の方と連絡を取り、その方が間に入って交渉、全て終了後折半で、私は半分の金額を保険会社に支払うということになりました。私の入っている保険は、支払った分だけ保障できるというもので、保険会社に支払ったとしても、その金額が保証されるので問題はありません。ただ、最...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

物損事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。