過失割合は変わらないのでしょうか?

公開日: 相談日:2015年12月05日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

車対車の物損事故です。
見通しのよい幹線道路の右側を走行中、軽い衝撃を感じて初めて事故が起きたことに気付きました。
相手の車の右前方、こちらの左側面助手席ドア後方辺りから軽い傷が付いています。
相手側は左車線を走行、ウィンカーは出していた、こちらの車がかなり後ろに見えたので速度を落とし車線変更したところ接触したと主張されています。
こちらは直進していて、前方に相手の車は確認できず、左から迫る車も無かったため回避行動もとれていません。速度も別段出していたということもありませんでした。
目撃者はなく、相手保険会社からは車線変更事故のため、7:3でと言われています。ですがこちらが後ろにいたとは思えず、どうにも納得できません。
7:3はしょうがないのでしょうか?

406243さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    保険会社の過失割合の主張は、相手の言い分が全て正しいことを前提としたものです。状況からみて、あなたの車が後方から来たのではなく、相手が並走するあなたの車両の存在に気づかずに車線変更したので、衝突したということでしょう。そうでなければ衝突箇所の説明がつきません。おそらく相手が並走するあなたの車両に気づかずに車線変更ために減速をして、あなたの車が先に進んだ時点でハンドルを切ったのでしょう。こちらが事故を回避できるチャンスはなかったと思いますので10ゼロでよいと思います。


  • 相談者 406243さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    こちらがゴネているだけかと不安になっていたのでとても心強いです。
    もう一度保険会社と話をしてみようと思います。本当にありがとうございました。

この投稿は、2015年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから