100対0の物損事故の損害請求について

公開日: 相談日:2015年04月01日
  • 1弁護士
  • 1回答

先日、深夜に自宅の駐車場の車に1台は接触され事故の飛来物で自宅ともう1台の車への損害が出ました。

加害者は、事故後一向に車内から降りず車を動かす(逃亡しようとしていたのだと思います)。被害者の私が警察に通報。通報後に車内から降りて来て謝罪無し。話すと呂律が回っておらず、お酒臭い。警察の方が来ると、飲酒は認めておりましたが、数値が飲酒運転の数値に達していなかったようです。

次の日、相手の任意保険会社から連絡がありすぐに修理に出して下さいと言われ出しました。飛来物は、被害者である私が片付けるよう言われ片付けました。

数日後、1台は事故車扱い、1台は傷の修理と車屋さんから連絡がありました。そのあたりから、パタリと保険会社からの連絡が無くなり今後の目処が全くわからない状態です。事故車扱いになる車は、新車で3ヶ月程前に購入したばかりでした。そして、自宅の損害の進展もないままでしたので、自宅の方は急いで対応してくれるように請求はしました。

代車はすぐに用意してくださいましたが、同等の物でもなく代車というだけで気疲れ。そしてあまりにも誠意の無い対応。事故時の加害者の状況から、このような長期になるような問題になるとは思っていなかったため、ストレスで参ってしまっております。こちらとしては、修理はして頂けても、事故車に変わりないので、新車又は同等の物には変えて頂きたいのが一番の願いです。

このような事故で、相手方の対応である場合最終的に請求できるのは、2台の車の修理費、自宅の修理費のみなのでしょうか?片付けも被害者、自宅で事故車にされ、誠意のない対応と夜中の事故の音が忘れられず眠れない日が続いているため精神的にも肉体的にも辛くなってきています。今後どのように進めれば良いのでしょうか?

336255さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    タッチして回答を見る

    相手方の対応である場合最終的に請求できるのは、2台の車の修理費、自宅の修理費のみなのでしょうか?片付けも被害者、自宅で事故車にされ、誠意のない対応と夜中の事故の音が忘れられず眠れない日が続いているため精神的にも肉体的にも辛くなってきています。今後どのように進めれば良いのでしょうか?

     物損事故の場合、「最終的に請求できるのは、2台の車の修理費、自宅の修理費のみ」となるのが原則です。それが賠償されれば精神的苦痛が慰謝されるのが通常だからです。しかし、例外的に、物が特別の愛着があるとか、交渉過程などで著しい不誠実さなどにより精神的苦痛が生じたとかいう場合、若干の慰謝料が請求できる余地があると考えられま
    す。費用対効果も考える必要がありますが、弁護士に依頼すれば、精神的安心感が得られると思われます。

この投稿は、2015年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから