物損事故で双方の言い分が正反対の場合

5月に道路を走行中、右側後方から相手が追い越しをしようとしてかぶさってきました。
しかし相手はこちらが車線変更をして後方から相手にぶつかったと主張しています。
相手側の保険会社から自損自弁を提示されましたが納得できません。

そこで当方の対応は
1、調停
2、訴訟
3、日弁連交通事故相談センター
4、紛争処理センター
5、その他

修理代はそれぞれ20万円弱です。

相手方は積極的に解決するつもりはないようで、どれにも応じないようです。


どの選択がよいでしょうか。
よろしくお願いします。
2014年07月11日 19時08分

みんなの回答

吉江 仁子
吉江 仁子 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
らいおんさん、こんにちは。



ちょっと、状況がよくわからないのですが、

同一車線の後方車両が追い越しの際にぶつかってきた
という理解でよろしいでしょうか。【A】

それとも、片側2車線の道路、ということでしょうか。【B】



【A】であれば、追越禁止場所でなくとも、追越側の基本過失割合は90%、
【B】であったとして、先行車両のあなたに進路変更があったとしても、基本的な過失割合は、相手側が70%です。

(以上、いわゆる「赤本」12013年版)

したがいまして、 相手側の保険会社の「自損自弁」の主張は、まったくむちゃくちゃですね。たちの悪い保険会社です。



さて、対応としては、本件のように事故態様や、過失割合に関する双方の主張が大きく開きのあるケースは、

1、調停
3、日弁連交通事故相談センター
4、紛争処理センター

には、なじみません。

そうすると、裁判ということになるのですが、
金額が低いため、それも、躊躇がありますよね。

弁護士が内容証明郵便を1本送って、
そちらの言い分は、まったく通らない
ということで、解決することもありますので、
一度、お近くの弁護士会の交通事故法律相談などを利用されてみてはいかがでしょうか。



また、今から、人身に切り替えることはできませんか?
人身にして警察へ行けば、
実況見分をしてくれて、調書を作成してくれますので、
事故態様の争いに決着をつける有力な証拠とすることができます。

あまり、すっきりしない答えになっていなくてすみません。

いずれにしても、「自損自弁」という相手の保険会社の言い分は、むちゃくちゃですので、だまされないで下さいね。

2014年07月11日 21時59分

相談者
早速のお返事ありがとうございます。

擦っただけでしたので、お互い怪我がなく人身事故に切り替えはできません。

道路は片側3車線だったので【B】になります。

被害額が少額のため弁護士さんにお願いするのは難しいかと思っていますが、ほかの解決方法はありませんでしょうか。


2014年07月11日 22時56分

吉江 仁子
吉江 仁子 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
らいおんさん

再質問、ありがとうございます。

そうですよねぇ。

具体的に、こちらの修理代が20万円で、
相手のほうは、いくらか、おわかりになりますか?
(過失相殺前の金額です。)

2014年07月12日 00時43分

相談者
見積もりの金額はお互いに20万円弱です。

2014年07月12日 18時14分

吉江 仁子
吉江 仁子 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
らいおんさん



お返事、遅くなって、ごめんなさい。



最初の回答に間違いがありましたので、訂正します。すみません。
【B】で進路変更があった場合、
進路変更をした先行車両の方が基本過失割合70%です。

赤本の図を読み違えていました。申し訳ありません。



それで、進路変更はなさったのでしょうか?
合図は出されていましたか?



いずれにしましても、
双方、その金額ですと、
おそらく、相手の保険会社は、
突っぱねれば、弁護士を雇うこともなく、らいおんさんがあきらめるだろうという腹づもりなのだと思います。

平場での交渉や、裁判所外の交渉では、
埒があかないと思います。

簡易裁判所の調停を利用されてはいかがでしょうか。



ご利用の保険に、弁護士特約などがついていれば、タイムチャージ制で弁護士が代理人に就任してくれると思います。



弁護士特約がない場合、以下の要領で、ご自身で、手続きするというのはいかがでしょうか。

(1)簡易裁判所で、調停申立書の書式をもらう。その際、書記官に相談して、方法を確認する。
(2)ある程度の資料を整えて、法律相談を利用する。
(3)調停中も、迷った都度都度法律相談を利用する。

この方法であれば、弁護士費用をおさえることができます。



いずれにしましても、事故態様についていろいろとお話を伺わなければ、過失割合についての情報提供に責任をもつことができません。

一度、どこかで交通事故の法律相談をご利用されることを、おすすめします。





2014年07月14日 18時19分

相談者
ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

2014年07月14日 20時19分

この投稿は、2014年07月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】物損事故の被害を回復する手段と解決までの流れ

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。物損事故とは、人が死亡したりケガを負ったりすることなく、車などの物のみに被害が...

【交通事故】警察で物損事故から人身事故に切り替える手続きの流れと注意点

交通事故直後はケガをしたと思わず、物損事故として届け出たケースでも、後になって身体に痛みなどの症状が出てきたら、警察に医師の診断書を提出して...

物損事故と人身事故の違いと人身事故へ切替えを検討すべきケース

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。交通事故にあったとき、物損事故と人身事故のどちらで処理されるかによって、利用で...

物損事故の加害者が無保険だった…修理費の支払いを拒否された場合の対処法

交通事故により車が壊れた場合、事故の相手に修理費などを請求することができます。しかし、相手が保険に入っていないケースでは、相手がなかなか支払...

【交通事故】物損事故で保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害と、車が破損するなど「物」に生じる被害との大きく2つに分けられます。この記事では、「物」だけ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 交差点での右直事故(右折矢印、直進黄色)の過失割合について

    21時過ぎの見通しの良い信号のある片側2車線の交差点で事故を起こしました。 相手側は右折専用レーンからの右折です。当方は追い越し車線走行の直進です。 当方は交差点の手前約30メートルで黄信号を認知し、制限速度の約60キロで黄信号で停止線を通過しました。安全に停止することができなかったためです。 私の前方には直進...

  • 交差点で側面衝突の過失割合

    当方が片側1車線の対面通行道路(優先道路・制限速度40km)を直進中、一時停止あり交差点左側から相手車が直進進入してきました。その時当方は交差点直前(数メートル)だったため急ブレーキも間に合わないと判断、衝突を避けるべくクラクションを鳴らして右車線まで退避行動を取りましたが、相手車両がそのまま直進してきて当方車両の...

  • 交通事故(進路変更)での過失割合について。私の主張が妥当かどうか教えて下さい。

    交通事故についてのご相談です。 先日交通事故にあい、過失割合で相手方(保険会社)と折り合いがつかず、困っています。 事故状況ですが、晴れた朝の通勤中、私が片側二車線の道路の左側車線を直進(4台の車集団の最後尾)していると、交差点で右折待機車の最後尾に並んでいた車の急な左車線への進路変更により、自車の側面に衝突...

  • 信号のない四つ角(交差点)内の事故での過失割合が難しくて、自分で判例等を探しきれません

    信号のない十字路で事故があったのですが、同じような状況の過失割合が掲載されていませんので、教えていただけたらと思ってます。 こちらの道路は優先で対向2車線の中央線が白線の- - - -道路です。 相手は、こちらの進行方向から見て、左側から出てきて衝突しております。相手側道路は細くて、一時停止の標識ありです。通常でした...

  • 車対車事故 加害者側主張の過失割合か持ち別れか

    保険の担当者より、提示している過失割合に相手が納得せずこのままでは持ち別れでしか決着がつかないと言われました。 弁護士費用特約を利用しても交渉をする人が変わるだけで結果は同じだと言われました。 やはり、相手の主張の割合か持ち別れしか解決方法はないのでしょうか? ~詳細~ センターラインのない道路の信号に停車中...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

物損事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

物損事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。