抗うつ薬や睡眠薬などの精神薬と人身事故について

はじめましてうつ病などで抗うつ薬や睡眠薬などの精神薬服用時の人身事故について質問します!
事故は大型自動2輪とトレーラーの接触事故です!
大型自動二輪の運転手をA(うつ病で医者にかかっていて抗うつ薬と睡眠作用のある薬を医師の指示通りの薬の量を飲んでおり薬の量もう病患者の平均より少ない)としトレーラーの運転手をBとします!
事故が起きその現場検証はAが怪我をし事故発生後すぐに救急車で運ばれたためB(怪我はなし)のみの証言でしました!
その時Aは病院へ行き手の指の骨折と足の打撲及び裂傷の怪我で30日の加療と診断されました!その病院でAは医師にうつ病で治療中であり薬を飲んでることを伝えています!
Aはその日警察に行き人身事故にするか物損事故にするか警察に問われその回答は後日回答することとしました!
後日Aは本交通事故を人身扱いにすると警察に言いAのみで新たら現場検証と事情調書の作成に参加しました!
その際警察はBの言い分とAの言い分が異なるため検察にその判断をしてもらうことになると言いました
後日Bの事情調書作成を警察が行う予定です!
Aは警察には自分がうつ病であり薬を飲んでいると言っていません!
現在はAが加害者Bが被害者となっていますが事故そのものはBに七割ぐらいの過失がある事故です!
このような交通事故の場合Aはうつ病より精神薬を飲んでいることで危険運転とみなされたりその他何かの罪に問われることはありますか?
2013年12月05日 14時56分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ありがとう
うつ病薬の服用は、指示に従って服用していたのであるなら、事故と因果関係はなく、危険運転ではありません。
事故の状況を弁護士に詳細に説明して、アドバイスを受けてください。

2013年12月05日 19時37分

相談者
回答ありがとうございました!
先ほども書きましたが現在検察がAとBの現場検証の言い分がどちらが正しいか判断するそうです!
検察が現場検証の言い分の判断にAの精神薬服用が影響しないとの解釈でよいでしょうか?
そしてAの本事故による刑事責任は問われないということでしょうか?
もし問われるとしたらどのような罪に問われますか?

2013年12月05日 19時52分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ありがとう
現場検証は、検証した客観的な内容により判断します。検証の際の指示説明が、抗うつ薬服用のため記憶がないとか、意識がもうろうしていたというのであるなら、影響があったということになりますが、服用していたことだけから事故の原因となった因果関係があるとはいえないと思料します。
因果関係がないのなら、相手は怪我がないのですから、自動車運転過失傷害はなく、道路交通法違反があるなら、その罪を問われます。

2013年12月05日 21時05分

相談者
回答のほうありがとうございました!
事故当時や現場検証の時及び現在もAは意識がもうろうとしているとかボーッとしているといったことはないですがAが現場検証したときは事故発生から3週間たっており事故発生前から事故発生後の全体的な記憶はあやふやな部分もありますがBが運転するトレーラーと接触する7秒ほど前から接触時までの記憶はかなり鮮明に覚えている状態です!
事故当時の記憶についてですが記憶がないとは具体的にはどのような記憶状態でしょうか?

2013年12月05日 21時27分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ベストアンサー
ありがとう
そもそも認識していない場合です。認識はいったんしたが思い出せないは健忘です。一定の注意力や集中力がないと、記憶として残らないのです。短期記憶としてもないということです。健忘は短期記憶としてはあったとは認識しているが、詳細を思い出せない場合です。前者は、アルコールや薬物などによる酩酊状態で起きます。

2013年12月06日 02時33分

相談者
回答のほうありがとうございます!
細かい質問で申し訳ないのですがAの場合は事故当時は事故について認識していたが事故後3週間後の現場検証では健忘している部分もあるが記憶している部分もある
という理解でよいでしょうか?
あとこのようなAの状態の場合検察や警察もしくは何かの裁判なとした場合精神薬の服用はあるが記憶力や認識力および判断力について体調不良でない健常者と同等みなされますか?

2013年12月06日 09時06分

この投稿は、2013年12月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

物損事故と人身事故の違いと人身事故へ切替えを検討すべきケース

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。交通事故にあったとき、物損事故と人身事故のどちらで処理されるかによって、利用で...

【交通事故】警察で物損事故から人身事故に切り替える手続きの流れと注意点

交通事故直後はケガをしたと思わず、物損事故として届け出たケースでも、後になって身体に痛みなどの症状が出てきたら、警察に医師の診断書を提出して...

人身事故に切り替えていないとき必要な人身事故証明書入手不能理由書とは

警察で物損事故から人身事故への切替えが認められなくても、保険会社に「人身事故証明書入手不能理由書」という書類を提出することで、人身事故の範囲...

【交通事故】物損事故の被害を回復する手段と解決までの流れ

交通事故は、大きく分けて「物損事故」と「人身事故」があります。物損事故とは、人が死亡したりケガを負ったりすることなく、車などの物のみに被害が...

【交通事故】物損事故で保険会社に請求できる賠償金の費目と手続きの流れ

交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害と、車が破損するなど「物」に生じる被害との大きく2つに分けられます。この記事では、「物」だけ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 交通事故に強い病院について

    交通事故にあい頚椎捻挫と腰椎捻挫に苦しんでいます。 今いっている病院がなんとなく交通事故患者が嫌そうな雰囲気で通院するのが苦です。 転院したいのですが、交通事故のことに理解をしてくれて親身になってくれる整形外科を探しています。 京都で探してるのですがご存知ですか? 加害者ともめそうな予感なのできちんとしたいと思...

  • 精神科と人権について

    10年ほど前、埼玉県内に医大を持つ精神科に通っていたのですが、当時、長期に渡り背中に痛みがあり、診察日の度に担当医にその症状を伝ました。担当医は症状を聞く度に「薬は飲んでるか」「薬を増やさなければ駄目か」等と言い続けてました。そのうち仕事中に背中に激痛が走り動けなくなりました。当時の職場の責任者に「胃が悪いのでは...

  • 無免許運転 軽く接触

    うつ病で大量のうつ病薬 睡眠薬を飲んで記憶がない状態で運転して接触事故を起こしました 幸いギズなどなく大事に至らなかったのですが 事故後私は医療保護にて入院 警察には先生から薬の影響で精神が著しく低下されていたと診断書を書いてもらいました 今後どうなるのか不安です 裁判になるのでしょうか? 運転 事故の記憶はなく正気に...

  • 変態?精神病だとどうにもできないのですか?

    今日、下半身を触りながら、自転車に乗っている男性を通報したのですが、統合失調症と言うことで警察では厳重注意で終了しました。ですが近所に住んでいるので不安で仕方ないです。精神病だとどうにもできないのですか?怖くて眠れません。

  • 人身事故扱いにするべきか否か?

    先日、妻が追突事故を起こしました。事故は妻が運転する車が、前を走っていた車に追突するという一方的に妻に過失のある事故でした。幸い、被害者の方に怪我もなく物損事故扱いにしました。 数日後、妻が首や背中に痛みを感じ出しましたが、生後半年になる長女の世話、私が仕事で家を空けていたこともあり、事故から20日後にや...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

物損事故に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

物損事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。