交通死亡事故の加害者が逮捕されない場合はあるのか?

初めまして。
昨年末に95歳の祖父が横断歩道上で車に轢かれて亡くなりました。
加害者が一度も警察に逮捕拘留されることなく、先日検察に送致されました。

私の感覚では、普段ニュースを見てると、どっちが悪いか微妙な場合ですら死亡事故の場合はとりあえずは業務上過失致死で逮捕されてるようなイメージがあるのに、ほぼ100ゼロの状況で今回のように逮捕拘留されない場合があり得るのかどうかを教えて頂きたく存じます。
「加害者を罰したい」という趣旨ではなく、警察の対応に不信感を感じてるため、「逮捕されない可能性があるのかないのかが知りたい」という趣旨です。

以下、状況を記します。

12月下旬の午後8時頃、小雨。
明るく見通しが良く、車のスピードも出やすい直線道路の信号機のない横断歩道の真ん中を徒歩で横断中に、宅配の業務中の軽ワゴン車(青ナンバー)に撥ねられ救急搬送。最初は命に別状がないと言われていたが日付が変わって午前4時頃に急変して死亡。
事故の状況だけを見ると、ほぼ100ゼロの言語道断の事故ですが、警察の言い分(話を聞いたのは事故の3日後)としては、加害者が高齢(70)であること、勤務先や家族も含めて身元がはっきりしてるので逃亡の恐れがないこと、あとは人柄。ということです。
そしてこれはただの方便かもわかりませんが、「焦って逮捕する必要はない。現場の立会いや捜査をもっと進めてから確実に押さえたい。そして厳罰に処したい」的な感じで言っていました。
最初に医者が「命に別状はない」と言ったことは関係するのか問うたところ、「それは関係ない。こよ事故が原因で亡くなったのは明らかだから業務上過失致死だ」とは言ってました。

状況をまとめると以上です。

3月に送致され、あとは社会的にも然るべき処分が下ることかと思うので、加害者に対して云々は言うつもりはありません。
ただ3ヶ月もの間、形だけでも逮捕されることがなかったことに対して疑問を感じています。

そもそも警察が「逮捕」することの意義を私が理解していないだけかもわかりませんが、ご教授頂きたいと存じます。
よろしくお願いいたします。
2017年04月11日 12時49分

みんなの回答

松畑 靖朗
松畑 靖朗 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
結論から申し上げますと、交通死亡事故の加害者が逮捕されないことは良くあることだと言えます。
犯罪が起きたとき、被疑者を逮捕するには、①逮捕の理由と②逮捕の必要性が要件となります。
①逮捕の理由は、「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある」ということです(刑事訴訟法第199条第1項)。
 この案件で、この要件が充たされることは問題ないものと思われれます。問題は②です。
②逮捕の必要性は、「明らかに逮捕の必要性がないと認めるときは、この限りではない」という形で規定されており(刑事訴訟法第199条第3項但書)、刑事訴訟規則第143条の3では、「逮捕状の請求を受けた裁判官は、逮捕の理由があると認める場合においても、被害者の年齢及び境遇並びに犯罪の軽重及び態様その他諸般の事情に照らし、被疑者が逃亡する虞がなく、かつ罪証を隠滅する虞がない等明らかに逮捕の必要がないと認めるときは、逮捕状の請求を却下しなければならない」と規定しています。
 つまり、逮捕の必要性とは、①逃亡の恐れと、②罪証隠滅の恐れ、があるかどうかによることになり、これらがあるか否かについては、「被疑者の年齢及び境遇並びに犯罪の軽重及び態様その他諸般の事情に照らし総合判断されることになります。
 交通死亡事故の場合でも、前科がなく、犯罪を認めて真摯に反省しており、任意保険に加入しており被害弁償も見込まれ、被疑者の年齢が高く、安定した職場ないし家庭環境にあり、酒酔い運転、無免許運転などの悪質性は伴わない交通死亡事故などの場合、上記①と②が明らかになく、逮捕の要件を充たさないものとして逮捕されない場合も良くあることなのです。
 なお、警察が述べている 
> 「焦って逮捕する必要はない。現場の立会いや捜査をもっと進めてから確実に押さえたい。」という点については、被疑者を逮捕すると、身柄拘束期間の制約が生じることを考えるとあながち嘘ではないかもしれません。
> 「そして厳罰に処したい」 という点については、厳罰=実刑という趣旨であるならば、逃亡の恐れに傾く事情ですから逮捕しない理由とはなりませんし、そもそも警察には国家刑罰権がありませんから、ご遺族の心情を慮っての発言であり、適正な刑罰が科されるように適正な処理をしたいくらいの意味だと思われます。 

2017年04月11日 14時15分

この投稿は、2017年04月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,707名の弁護士から、「死亡事故に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

交通事故で家族が死亡した場合に加害者と示談するタイミング

交通事故で親族が亡くなった場合、四十九日を過ぎたころに保険会社から示談交渉の打診が来ることが一般的です。そのとき、加害者に厳罰を望んでいる場...

交通事故で子どもが死亡…加害者に対して請求できる費目と金額は?

子どもが交通事故で死亡した場合、遺族は加害者に対して、どのくらいの賠償金を請求できるのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com...

【交通事故】死亡事故の被害にあった場合に遺族がすぐに進める必要があること

家族が交通事故で亡くなった場合、ショックや悲しみで今後のことをあまり考えられないかもしれませんが、葬儀の手配や保険金の請求など、進めなければ...

【交通死亡事故】相続人ではない遺族が加害者に慰謝料を請求できるケース

交通事故で死亡した被害者の遺族の中には、内縁の妻など、相続人の立場にないために、損害賠償や慰謝料を加害者に請求する権利を被害者から相続するこ...

死亡事故加害者の刑事手続きや行政処分の結果を遺族が知る方法

交通事故で大切な家族を亡くした場合、加害者がどのような処罰を受けるのか知りたい遺族の方もいるでしょう。加害者がどのような刑罰や行政処分を受け...

次に読みたい記事

交通事故で弁護士に依頼するときに「弁護士費用特約」を利用できるケース

交通事故の被害にあって保険会社(加害者)に賠償を求めて示談交渉などを進めていく際、弁護士に交渉を依頼することを考える人もいるでしょう。その際、保険...

【交通事故】保険会社との話合いがまとまるまでに経済的な余裕がない場合の対処法

交通事故で親族が亡くなったけれど、保険会社との話合いがまとまるまでに時間がかかりそうな場合、葬儀費用をすぐに用意できない、収入が途絶えて経済的な余...

【相続】家族が亡くなったらやるべき手続きと相続の流れ

ご家族が亡くなった後、すぐにやらなければならない手続きがあります。また、これから始まる相続の手続きについても準備をしていく必要があります。 * 家...

交通事故で家族が死亡した場合に加害者と示談するタイミング

交通事故で親族が亡くなった場合、四十九日を過ぎたころに保険会社から示談交渉の打診が来ることが一般的です。 そのとき、加害者に厳罰を望んでいる場合...

あわせて読みたい関連記事

交通事故で親族が死亡した場合の示談交渉の流れと請求できる賠償金の範囲

死亡事故で保険会社と示談交渉する場合、あらかじめ示談交渉の流れや請求できる賠償金の範囲を知っておくことで、落ち着いて交渉に臨むことができます。 *...

【死亡事故】遺族間での賠償金の分け方のルール…誰がどのくらい受け取れるのか

死亡事故の被害者遺族は、加害者に対して慰謝料などの賠償金を請求することができます。では、実際に加害者から支払われた賠償金は、遺族間でどのようなルー...

解決までの流れ

解決までの全記事

この相談に近い法律相談

  • 逮捕状が出たら、逮捕されるしか道はないのか?

    殺人未遂で逮捕状が出ています。 被害者は元彼女です。 ①特別な理由がない(被疑者が死亡したなど)通常なら、起訴、不起訴が決まるのは逮捕の後、という認識であってますでしょうか? ②他県に引っ越せば、簡単にはてを出せず、引っ越し先の警察の判断によるから、二年ほど身辺を綺麗にしていれば逮捕を免れるかもしれないと聞いた...

  • 警察から呼び出しがきて逮捕されるのか?

    一年も前の事件で警察から呼び出しを受けました。 内容は強姦容疑です 一年も前の事でしかも強姦となると重大事件…逮捕ですか!出頭していきなり逮捕となると、勤務先や家族にも迷惑を掛けるので先に教えといてもらえますか?もちろん逃げも隠れもしませんし、出頭はしますと聞くと逮捕の予定はないとのこと。 被害届けが出ている以...

  • 無免許、酒気帯び運転、拘留の可能性、

    無免許、酒気帯び運転で夫が現行犯逮捕されました。 基準値の5倍だとか、、、 夫は、罪を素直に認めて反省もしているようです。 住所もちゃんとありますし、証拠も隠すことも、最近こどもかうまれたばかりなので、逃亡の恐れもないと思います。 今日で逮捕されて3日目です。。拘留される可能性、、あるでしょうか。。 ...

  • 傷害事件での事情聴取および再逮捕について

    先日、揉め事から傷害事件を起こし逮捕されました。 逮捕翌日の昼に釈放されましたが、刑事さんに「もう一度、取り調べのために来てもらうね」と言われました。 相手はその時は両肩と片脚の打撲で全治2週間でしたが、その後の検査で左肩の骨にヒビがあったと知り合いから聞きました。 被害者側も骨にヒビがある診断書を出したみたい...

  • 飲酒運転。完全に逮捕されるのでしょうか?

    つい先日飲酒運転で自爆事故を起こしました。 意識を失い直ぐ病院に運ばれたようです。 少し記憶がなかったのですがだんだん戻って来ました。 完全に逮捕されるのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

死亡事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。