ベストアンサー

国選弁護士選任時の理由について

交通死亡事故を起こし過失運転致死という罪で在宅起訴されました
同時に弁護人選任通知が同封されてきたのですがそこで選任理由の書き方について質問です
今まで弁護人をつけずに取り調べを受けてきたので
今更になって私選弁護士にお願いしても遅い気がするのと知り合い等に弁護士の方がいない為
国選弁護士にお願いしたいのですが、貧困というほどお金が無いわけでは無い為その他の理由の書き方に悩んでいます
心当たりのある私選弁護士がいない為等の理由を書いても国選弁護士をつけてもらえるのでしょうか
また相手方と示談も全く進んでいないのですが執行猶予が付く可能性は低いでしょうか?
回答お待ちしております
相談者(504503)からの相談
2016年11月26日 21時49分

みんなの回答

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
理由は書かなくてもよろしいから、国選弁護士を依頼すると警察に告げてください。国選弁護士が決まりましたら、相手方との示談をその弁護士に依頼してください。執行猶予が付くように、其の弁護士が頑張ると思われます。

2016年11月26日 21時59分

この投稿は、2016年11月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【死亡事故】加害者からの謝罪を受けたら量刑が軽くなるのか【弁護士Q&A】

交通事故で大切な家族を亡くした場合、遺族は深い悲しみに包まれます。そのような状況で、加害者から謝罪の申入れがあった場合、どのように対応すれば...

交通死亡事故の賠償金額に不満があるとき弁護士に依頼すると増額するのか

ディスクリプション交通事故で大切な家族を失った場合、保険会社から提示された賠償金の額が適切なのかどうか、判断に困ることがあるかもしれません。...

死亡事故の遺族が葬儀後に賠償に向けて進めていく手続き|保険会社との示談交渉や弁護士費用特約について解説

家族が交通事故で亡くなった場合、ショックや悲しみで今後のことをあまり考えられないかもしれませんが、葬儀の手配や保険金の請求など、進めなければ...

死亡事故加害者の刑事手続きや行政処分の結果を遺族が知る方法

交通事故で大切な家族を亡くした場合、加害者がどのような処罰を受けるのか知りたい遺族の方もいるでしょう。加害者がどのような刑罰や行政処分を受け...

交通事故で家族が死亡した場合に加害者と示談するタイミング

交通事故で親族が亡くなった場合、四十九日を過ぎたころに保険会社から示談交渉の打診が来ることが一般的です。そのとき、加害者に厳罰を望んでいる場...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 再度弁護士の専任はできますか?

    今、私選の弁護士がついておりますが相性がよくありません。 前の弁護士の方がこちらの意向や思いをよく理解していただけていたのだなと気づきました。 今の弁護士を解任して、前の弁護士をまた専任したいのですが、 一度解任した弁護士を専任することはできるのでしょうか?

  • 弁護士 の選定について

    同じ質問ですが、カテゴリを変えて改めて教えてください。 逮捕後の弁護士選定について理解できませんでしたので教えてください。 私の場合の実例で記載します。 ①3年以下の罪状の場合、逮捕時には国選弁護士は選定できないことと  弁護士を付けるなら、私選で自分で選定するように聞きました。 ②当番弁護士制度を教えてもらい...

  • 良い弁護士の捜し方教えてください

    すみません、弁護士さんに事件を受任してもらうには弁護士のご機嫌とらないといけないのでしょうか ある民事事件依頼したのですが依頼人の発言を全否定されたり説明不十分なまま事を運ぶので解任しました 今回は生活保護申請の役所同行した弁護士にお願いした案件ですが失敗したと思いました 弁護士さんは素人の話は聴かないんでしょ...

  • 弁護士さんに受任してもらえません。

    『弁護士相手の訴訟を受任してくれる弁護士さんはいますか?』と言う相談を以前、ここでさせて頂き、それに対して「一般論として、依頼を受ける弁護士としては、あなたの主張と請求が法的に妥当なものであり、証拠上、勝訴の可能性が十分に存在するのであれば、被告となるのが同じ弁護士でることを理由に、受任を嫌がるということはない...

  • 3年以下の罪状の弁護士選任について

    逮捕後の弁護士選定について理解できませんでしたので教えてください。 私の場合の実例で記載します。 ①3年以下の罪状の場合、逮捕時には国選弁護士は選定できないことと  弁護士を付けるなら、私選で自分で選定するように聞きました。 ②当番弁護士制度を教えてもらい、1度だけ無償で弁護士に相談しましたが、  その弁護士から...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

死亡事故に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

死亡事故の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。