事故に伴う慰謝料・治療費の考え方

公開日: 相談日:2020年10月12日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

スポーツジムにて怪我をしたものです。

怪我の後、諸症状(手の痺れ、肩痛、背筋痛、腕痛そのた倦怠感等)にて1か月にて計10回通院しました。
手の痺れについては未だ回復傾向にないため、来週頸部のMRIを実施することが決まっております。
以上の経緯に基づき以下の質問をさせて頂きます。

1.現在健康保険にてすべての治療を行っていますが、自費診療に生産しなおすべきでしょうか?
2.慰謝料について弁護士基準にて計算した場合、いかほど頂けるものでしょうか?
 年末まで整形外科でリハビリ治療をすると考えています。

ジム側は過失を認め、損害について誠意を持って対応してくれるとの文面を頂きました。

宜しくお願い致します。

963435さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県6位

    櫻井 正弘 弁護士

    注力分野
    交通事故
    タッチして回答を見る

    1.健康保険でそのまま治療しても大丈夫です。一応、受傷から150日でリハビリの点数がつかなくなるため医師が治療終了を求めてくることもありますが、自費診療の治療費はかなり高くなるため、やむを得ないかと思います。

    2.怪我をした日がいつか分からないので、慰謝料を計算するための通院期間が算定できません。現在受傷1ヶ月ということであれば、年末までで3ヶ月半ですので、60万円程度が弁護士基準の慰謝料になります。

  • 相談者 963435さん

    タッチして回答を見る

    早速のご回答ありがとうございます。

    勤務をしながらの通院・リハビリになるので、年末まで週1~2回のペースになると思われますが、弁護士基準にて算定した場合、通院期間として3か月半と計算されるのか、それとも実際の通院日数に左右されるのかどちらなのでしょうか?

    理解が浅く申し訳ありません。

  • 弁護士ランキング
    福岡県6位

    櫻井 正弘 弁護士

    注力分野
    交通事故
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    原則としては通院期間で算定します。
    以前は、実通院日数の3倍を通院期間として算定するという考え方もありましたが、現在は否定的な見解が多数です。通院が長い上、通院頻度が非常に低いと減額もありえますが、ご指摘の状況では可能性は低いかと思います。

  • 相談者 963435さん

    タッチして回答を見る

    早々に具体的なアドバイスを頂き有難うございました!

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから