交通事故立て続け 慰謝料半分

公開日: 相談日:2020年03月19日
  • 4弁護士
  • 8回答

交通事故の慰謝料での質問です。
昨年9月に交通事故に立て続けに遭い、両方被害者で、たまたま相手の任意保険会社も同じでした。
一件目では首を痛め、二件目では腰を痛め、同じ病院で治療を行なっておりました。
今年の一月末で治療を中止し、保険から慰謝料の提示があったのですが、一件目と二件目との治療重複期間があるとして、慰謝料が半分になると書面が届きました。

この場合、保険会社が言うように慰謝料は半分になるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

903460さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    半分かどうかはわかりません。

    各事故と因果関係のある部分次第で、慰謝料を負担する範囲が変動することはあり得ます。
    最終的には、医学的な資料を基に、どの事故でどの通院期間と入院期間、その他の事情が生じたかを、裁判での判断になると思います。

    保険会社は、そのあたりを簡易に社内ルールで、そのように取り決めているのでしょう。

  • 相談者 903460さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    一件目 ¥335,910(調節前:¥625,800)
    二件目 ¥293,460(調節前:¥583.800)

    上記が支払いの慰謝料となっております。

    保険会社へ、慰謝料の件を交渉するのは
    個人では難しいのでしょうか?
    よろしくお願い致します。

  • タッチして回答を見る

    交渉自体は本人でも難しいということはないですが、損保会社側が、本人による交渉の場合は、このレベルまで、弁護士の交渉の場合は、このレベルまでというような譲歩の幅に格差をつけるような対応をするというようなことが内々に行われている、ということを聞いた(読んだ)ことがあります。
    もちろん、法律論ではありません。

  • 相談者 903460さん

    タッチして回答を見る

    ご返信ありがとうございます。

    現在の内容で示談にするよりも、交渉してみる方が良さそうですね。
    初めての交通事故の後、立て続けだったので精神的にも負担が大きかったので。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位
    タッチして回答を見る

    交渉自体は難しくないかもしれませんが、保険会社が足元をみてなかなか金額があがらないということはありうるでしょう

  • 相談者 903460さん

    タッチして回答を見る

    ご返信ありがとうございます。

    損保会社へ伝えるポイントはありますか?
    弁護士さんに替わりに交渉して頂いた場合の費用はどのぐらいになりますか?
    どうぞ宜しくお願い致します。

  • タッチして回答を見る

    通院期間、実通院日数により裁判基準で算出される慰謝料額をまずは提示して交渉することが考えられます。
    休業損害は主婦の方なら家事労働につき、賃金センサスという統計上の女子労働者の平均賃金で家事に従事できなかった期間、従事できなかった割合をもとに算出して請求することになります。
    他に通院交通費も請求できます。

    自動車保険に加入していて弁護士費用特約に入っていれば保険が使えます。
    法テラスが利用できる収入等の条件を満たせば、法テラスの基準になりますが、おそらく、着手金8万円(税別)、費用2万円、報酬金 得られた金額の10%(税別)だと思いますが、お近くの法テラスにお問い合わせください。
    上記以外は、個々の弁護士にもよりますが、示談交渉 着手金10万円(税別)、報酬金 増額できた場合の増額分の20%(税別)というような設定も考えられます。
     

  • 弁護士ランキング
    千葉県3位
    タッチして回答を見る

    この度は、大変な思いをされていることをお見舞い申し上げます。
    既に回答がありますとおり、こじれそうな案件だと思われますので、お近くの弁護士に直接面談にて相談の上、信頼できそうな弁護士に依頼することをお勧めいたします。弁護士費用特約が付帯されていれば、弁護士費用が賄えますから、弁護士介入を積極的に検討すべきです。

    お困りのことかと思いましたので、一般論の限りで恐縮ではございますが、回答させていただきました。

  • 相談者 903460さん

    タッチして回答を見る

    先日はご回答ありがとうございました。

    交渉してみたのですが、損保会社は難色を示している感じです。任意一括対応で今までしてもらっていたのですが、被害者請求に借り換えることは可能でしょうか?その場合、慰謝料はしっかり受け取れるますでしょか?
    どうぞ宜しくお願い致します。

  • タッチして回答を見る

    加害者加入の自賠責への被害者請求をしても通院慰謝料、休業損害などは、自賠責の基準になり、裁判または任意保険との示談交渉で得られる金額より(通常)少ない金額です。
    自賠責は被害者救済のための最低限の補償というようなものです。
    自賠責の傷害の金額枠は120万円しかないのもネックです。
    医療費でほとんど費やしてしまう場合もあります。

    被害者請求でメリットがあるには、後遺障害の等級認定を受ける際に被害者請求で行うと、任意保険会社経由で行うと任意保険会社の協力医の意見書を被害者の知らない内に作成、添付し、損害料率算定機構の認定審査に出されてしまうということを防げる点です。
    損害料率算定機構の方から3割~4割くらい意見書が付いてくることもあると聞いたことがあります。

  • 相談者 903460さん

    タッチして回答を見る

    損保会社に交渉の連絡を入れたのですが、慰謝料の変化はありませんでした。自賠責基準で最低金額だけでも、払ってもらえたらと思っています。

    一件目 治療費70万円 慰謝料63万円(33万円)
    二件目 治療費77万円 慰謝料58万円(29万円)

    上記の内容が、今回の損害賠償金額です。
    ()の中が、損保会社からの提示金額になります。

    被害者請求をもし行った場合は、120万を超えているので、慰謝料からの減額になるのでしょうか?
    どうぞよろしくお願い致します。

  • タッチして回答を見る

    自賠責に加害者から請求が出ている分と被害者から請求が出ている分について金額で按分配分になるものと考えられます。
    念のため、先方の自賠責保険に残枠を聞き、上記の点も確認されればよいと思います。

    相談者は自動車保険の弁護士費用特約には入っていないでしょうか。

  • 相談者 903460さん

    タッチして回答を見る

    ご返信ありがとうございます。

    弁護士特約には一件目事故時に運転していた車両には入っております。二件目事故の運転車両は未加入でした。

この投稿は、2020年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました