社用車の交通事故の民事訴訟について。現在、勤めていた会社は退職しております。

2016年の6月に社用車を運転中に交通事故を起こしました。
会社の保険会社と相手側で示談が成立したと聞いておりました。
しかし昨日、民事訴訟で賠償金(約2200万円)を請求するという訴状が届きました。

1、これからどのように対処すれば良いのでしょうか?

2、事故を起こした時の会社は既に退職しております。
その場合、その会社の保険会社は使用できないので
しょうか?

3、使用できない場合、弁護士さんなどはこちらで手配しなければならないのでしょうか?

4、もし裁判に負けてしまった場合、賠償金は個人で負担しなければならないのでしょうか?
2019年02月11日 02時18分

みんなの回答

川面 武
川面 武 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都10
ベストアンサー
ありがとう
> 1、これからどのように対処すれば良いのでしょうか?

事故車両に付されていた任意保険の保険会社に訴訟告知(民訴法53条)という手続きを取ります。

> 2、事故を起こした時の会社は既に退職しております。その場合、その会社の保険会社は使用できないのでしょうか?

事故車両に付されていた任意保険の保険会社であれば,当然当該会社に保険対応をお願いできます。

> 3、使用できない場合、弁護士さんなどはこちらで手配しなければならないのでしょうか?

上記回答どおりです。

> 4、もし裁判に負けてしまった場合、賠償金は個人で負担しなければならないのでしょうか?

事故車両に付されていた任意保険の保険会社に訴訟告知がされていれば,質問者の負担した損害賠償金は全額保険会社に求償請求できるでしょう。

2019年02月11日 02時54分

虫鹿 隆志
虫鹿 隆志 弁護士
ありがとう
連休なので連絡がつき難くご不安でしょうが、まずは元勤務先と保険会社へ早急に連絡を取ることが重要だと考えます。
事故後に退職した場合でも会社の保険の被保険者として、会社の保険が使用できる保険約款の場合が多いです。
また、会社の保険会社と被害者に示談が成立している場合には、会社はもちろん、運転者についても免責に含む条件が明示された示談をしていると思います。
その場合なぜ相手方が訴訟を提起したのか気になりますが、いずれにせよ訴状に対して会社の保険会社を通じて示談済みである、会社の保険会社を通じて賠償金を受け取り済みであるなどの主張反論をする必要が出てきますから訴状を持って弁護士に相談をお勧めします。

2019年02月11日 03時21分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
> 1、これからどのように対処すれば良いのでしょうか?
> 会社の保険会社に対応してもらいましょう

> 2、事故を起こした時の会社は既に退職しております。
>
> その場合、その会社の保険会社は使用できないので
>
> しょうか?
できます
>
> 3、使用できない場合、弁護士さんなどはこちらで手配しなければならないのでしょうか?
会社の保険会社に任せましょう
>
> 4、もし裁判に負けてしまった場合、賠償金は個人で負担しなければならないのでしょうか?
通常は会社の保険会社が負担するでしょう

2019年02月11日 10時28分

相談者
お忙しいところ回答ありがとうございます。

追加で質問させた頂きたいのですが。

1、元の会社が、保険会社の使用を許可してくれないというのは、ありえるのでしょうか?

2、その場合は、どのように対応すれば良いのでしょうか?

3、訴状の中に答弁書の提出期限が書いてありましたが、元の会社の保険会社の使用の有無に関わらず、裁判所に提出しなければならないのでしょうか?

2019年02月11日 17時46分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
> 1、元の会社が、保険会社の使用を許可してくれないというのは、ありえるのでしょうか?

> 理屈上はありえます

> 2、その場合は、どのように対応すれば良いのでしょうか?

弁護士はあなたが立てることになるでしょう
お金は、自賠責から払ってもらい、それで足りない分はあなたが立て替えて、あとで会社に応分の負担を求めることが考えられます
>
> 3、訴状の中に答弁書の提出期限が書いてありましたが、元の会社の保険会社の使用の有無に関わらず、裁判所に提出しなければならないのでしょうか?

会社の保険会社が対応するなら会社の保険会社に任せればよいし、そうでないならあなたの依頼した弁護士に提出してもらう必要があります

2019年02月12日 09時59分

この投稿は、2019年02月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「慰謝料・損害賠償に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

交通事故のケガが完治したとき保険会社から賠償金が支払われるまでの流れ

交通事故でケガをした場合、加害者側の任意保険会社から賠償金を支払ってもらうことができます。ここでは、ケガが完治した後、保険会社に請求できる費...

【交通死亡事故】加害者が任意保険未加入のとき賠償金を回収できるケース

交通死亡事故の加害者が任意保険に加入していなかった場合、自賠責保険だけでは賠償金を全額カバーできない可能性があります。そうしたとき、遺族は自...

【交通事故】保険会社が提示する慰謝料に不満…弁護士が交渉すると増額する?

交通事故の慰謝料として保険会社から金額を提示されても、それが妥当なのかどうか素人にはなかなか判断がつきません。保険会社から提示された額に不満...

交通事故で家族が意識不明に…後遺障害等級認定の可能性と請求できる損害賠償の項目

交通事故で家族が意識不明の状態になってしまったーー。本人が意識不明の場合、後遺障害等級認定の手続きや、損害賠償の請求は、誰がどのように手続き...

交通事故で加害者が無保険だった場合に被害者や遺族が賠償金を得る方法

交通事故でケガや死亡したけれど、加害者が任意保険に入っておらず自賠責保険のみ入っている、あるいは自賠責保険にすら入っていない…。このような場合...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 交通事故の民事訴訟(損害賠償請求)についてです

    交通事故の民事訴訟(損害賠償請求)についてです。 控訴又は附帯控訴する場合の控訴及び附帯控訴の請求金額について 1.控訴審は、原審の請求額と、原審で支払いを命じられた額を合算されたものを請求するのでしょうか。 2.附帯控訴は、原審の請求額から一審で認められなかった額を引いたものを請求するのでしょうか。 判決に...

  • 社用車での自損事故の賠償について。全額負担を請求されています。

    知人が勤務中に社用車を運転していて自損事故を起しました。 どれくらいの事故かはわかりません。すみません(本人に怪我はなかった様子です) その後、これが原因で職場はクビになりました。 後日、こちらの車は廃車にして新古車を購入したので、その代金を全て支払うよう請求があり 借金してでも払え!と脅されているようです。 ...

  • 社用車での交通事故で自分が被害者になりました

    社用車で事故を起こしました。信号青でこちらが直進、相手が右折で、こちらの過失割合は20~30%ぐらいになると思われます。双方車は大破しており、私は救急車で運ばれ、全身打撲で14日間の加療を要すると診断されました。 会社からは保険の話は会社でするから私は何もしなくて良いと言われていますが、一方で、「早く出勤して来るよう...

  • 交通事故、損害賠償、慰謝料について。

    私は16歳の時、友人のビックスクーターを無免許で運転し交通事故を起こしました。後ろにノーヘルで乗せていた初顔合わせで同い年の女性に大怪我をさせてしまい、私は少年院送致となり一年間入っていました。被害者はその間半年間植物人間だったのが回復し、リハビリをしながら頑張っていたそうです。お互い弁護士を雇い、いろいろ話が進...

  • 交通事故の損害賠償について

    4月の終わり頃、交通事故で負傷をしました。1台の車で2人がペアを組んで仕事をしていた途中の事故です。当時の状態は、運転手が発車の準備をしており、私が助手席に乗りこもうと体の半分くらいが入ったところ急発進をし、私が体勢を保てずBピラー(前席と後席の間の柱)に腰部を強打しました。その日は仕事が終わるまでガマンをした...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。