自転車対原付の交通事故における請求の正当性

公開日: 相談日:2018年10月15日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

自転車(当方)と原付(相手)で、見通しの悪い交差点において、事故を起こしてしまいました。
私が一時不停止であったため、過失割合としては5対5か4.5対5.5で落ち着くと考えております。

私は擦り傷程度の軽症でしたが、相手は鎖骨骨折を負ってしまいました。
それがすでに10ヶ月前の話ですが、現在医療費として140万近い請求がきました。
また、補償継続中ということです。
今後、慰謝料や後遺障害による請求の可能性はありますか?
私はたまたま自分のカバンで怪我がなかっただけで、身体が浮き上がる事故を受けているので、一方的な請求に疑問をもっています。
治療費は払いますが、慰謝料はこちらも同様の事故を経験しているため、ふさわしくないと考えております。

また単純な鎖骨骨折にしては補償期間が長すぎるとも感じますがいかがでしょうか?

718376さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと存じます。
    大変ご心痛ですね。心中お察しいたします。

    >今後、慰謝料や後遺障害による請求の可能性はありますか?
    →慰謝料については、通院期間に応じて算出されますから、可能性はありますし、後遺障害についても、後に認定申請をしてくる可能性はありますね。

    >私はたまたま自分のカバンで怪我がなかっただけで、身体が浮き上がる事故を受けているので、一方的な請求に疑問をもっています。
    →お気持ちはお察しいたします。
    あなた自身も請求できる分は請求することができます。

    >また単純な鎖骨骨折にしては補償期間が長すぎるとも感じますがいかがでしょうか?
    →治療期間の相当性については、カルテなどを見ながら争っていくことも可能です。

この投稿は、2018年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました