事故現場で慌てて相手の通りの一筆を書いてしまった。

公開日: 相談日:2018年01月07日
  • 2弁護士
  • 2回答

一月一日にレンタカーでお出掛けした時に右折時にポールと衝突し、後退しようとしたところで右折待ちの後ろの車と接触し、後ろの車のフロントフェンダーに凹みとフロントバンパーに擦り傷をできました。それは自分の過失100%の事故です。その現場に鉛筆で“今回の事故は私の100%の過失を認め、車の修理と下取り査定に必要な費用を保障いたします”という一筆を書かされました。それを書いちゃいけないことはいけないことは後で気づきました。その後は任意保険会社に全てをお任せしましたが。相手側は今回の事故で保険会社が認めなかった自分の車が事故車になってその中古査定額の低下分の金額は私がその一筆に書かれた通りに支払うべきだと連絡してきました。僕は保険会社に連絡し、対応をお願いしました。僕はその中古査定額の低下分は支払うべきなのでしょうか。(また中古査定額の低下分はそもそも下取り査定に必要な費用に含まれるのか?)そして、相手側からも物損事故から人身事故へ切り替えぞという内容も送られて来ました。今後の対応についてご教示願います。

620546さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    ご不安なことだと思います。
    ご指摘のとおり、現場ではそのような書面を書くことは後日のトラブルのもとなので、書くべきでなかったと思われます。
    とはいえ、因果関係のある損害以上の損害賠償を支払う必要はないと考えられます。
    しかしながら,ご自身で対応するのは、困難な場合が多いと考えられますので,
    今回は、費用は掛かりますが、弁護士に相談・依頼していただき、窓口を弁護士にするのが良いと思います。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    現場での署名は、当時の事故状況についてあなたがそのように認識していたという根拠の一つになる可能性はあります。
    しかしながら、過失割合などは評価のため、裁判所が状況からそうでないと認めれば、10:0になるわけではありません。
    また、損害賠償額についても同様です。
    相手としては、その書面で和解と主張してくる可能性もありますが、自己の混乱期に一方的に書かせただけでその書面だけで、和解が成立したとまでは言えないかと思います。

この投稿は、2018年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す