タイヤの少しのすり減りを理由に新品タイヤを請求。違法になるか。

公開日: 相談日:2017年06月10日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

こちらが信号無視をして、相手の車が接触事故を防ぐため急ブレーキを踏みました。
相手が「そちらの信号無視が原因で急ブレーキを踏み、タイヤが普通にブレーキを踏んだ状態よりもすり減った、新品のタイヤを弁償してください」と言ったとします。
この請求自体は、不当請求などの違法行為にはならないのでしょうか。

※タイヤの価格自体は相場通りの価格の請求だとしてです。




あと、これは非接触事故というものに当たるのでしょうか。

非接触事故は警察に届けたら、事故?非接触事故?として介入してくれるのでしょうか。
接触も無く怪我も無いような場合は警察に言ってもどうしようもなく、民事の範囲で何とかするしかないのでしょうか。

558368さんの相談

回答タイムライン

  • 菊川 一将 弁護士

    注力分野
    交通事故
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    請求自体は違法行為にはなりません。
    ただ,仮にタイヤ代が支払われても権利濫用・不当利得の問題が生じて同金を返還する義務が生じる可能性がありますし,請求のやり方次第では恐喝等に当たりうる可能性があり,その意味で違法性をはらむ可能性があります。

    類似の事案を担当したことがないので確たることは言えませんが,要するに単に急ブレーキを踏んだというだけで,損害としてもタイヤのすり減りだけが問題になるだけという状況でしたら(≒車内部の人間が怪我をした等他の損害が発生していない),警察が介入する事故にはなりえないように思います。(異論はあるかもしれません)

  • 相談者 558368さん

    タッチして回答を見る

    この請求行為を違法行為として逮捕された場合、これは下記の様な理由等で違法逮捕にならないでしょうか。

    ①不当に逮捕状を裁判所に請求したことになるか。※この行為自体は不当逮捕の理由になるか。

    ②当時の状況を容疑者側にも任意同行として事情も聞かず、被害者側(請求された側)の事情だけを過信して、逮捕状請求や家宅捜索令状(携帯電話と請求書を差し押さえる為)まで用意して逮捕する行為。



     被害者側(請求された側)が信号無視をした事実を警察に隠した状態で相談に行っており、嘘の供述で、新品のタイヤを弁償しないとひどい目に合わせるぞと言う様なことを言われたと嘘の供述をしており、この嘘の供述を信じて警察は逮捕に踏み切ったとしても、それを任意の事情聴取などで確認しなかった警察の行為は違法に当たらないのでしょうか。

  • 菊川 一将 弁護士

    注力分野
    交通事故
    タッチして回答を見る

    ①脅迫ないし恐喝行為を前提にした逮捕ですので,特段違法ではないと思われます。

    ②具体的な状況がわかりませんが,差押えの必要性が肯定されたのであれば違法ではないでしょう。なお,令状が発布されているということは,少なくとも裁判官がその当時の逮捕・差押えの必要性を肯定したということを意味します。

    嘘であることが明白であるのに漫然と逮捕に踏み切ったような場合は別でしょうが,事情聴取段階でそこまでの明白性はないのが通常でしょうから,違法逮捕には当たらないように思えます。

    この場合,どうしても許せなければ,後日嫌疑が晴れてから国に対しては国家賠償を請求していき,被害屋に対しては虚偽告訴等罪での告訴などで対応することになると思われます。(認められるかどうかはわかりません)

この投稿は、2017年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す