交通事故損害賠償 和解案について

3年前の交通事故の損害賠償請求の裁判中です。
自転車(ロードバイク)対自動車の事故で自転車で直進中、渋滞中の間を右折してきた車と接触しました。
後遺症障害併合9級、認定済。過失割合等で裁判になりました。
当方が原告です。

次回期日までに陳述書を提出することになっております。

質問です。

前回期日で、被告側のほうから物損分は和解案に盛り込んで欲しいと裁判官に言われていたのですが、どういう意図でしょうか?

また、和解案というのはどういったタイミングでどのような形で出されるのでしょうか?
次回期日に和解案が出されるのでしょうか?

よろしくお願いします。


はあこまぐきさん
2015年08月31日 10時36分

みんなの回答

弁護士A
弁護士が同意1
ありがとう
既に進行している具体的な裁判については、それぞれの個別の事情があるでしょうから、外部からではよく分かりません。
陳述書を作成するということは、本人尋問を行うことを前提にしているように思えますが、そうすると、和解ではなく判決を目指しているように思えます。
それとも、尋問をしたのちに和解の話をする予定なのでしょうか。
相手の意図も、タイミングも、決まった物があるわけではありませんので、弁護士に依頼しているならその弁護士によく説明を受けて下さい。

2015年08月31日 11時37分

窪川 亮輔
窪川 亮輔 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
◇前回期日で、被告側のほうから物損分は和解案に盛り込んで欲しいと裁判官に言われていたのですが、どういう意図でしょうか?

人的損害に対する賠償問題も物的損害に対する賠償問題も和解をもって一挙に解決したいという意図のように思います。

人的損害に対する賠償問題のみ和解をもって解決したとして、物損に関して和解していないのであれば、事件を全て解決したことにはなりません。物損のみ別途訴訟提起をするという途も残されています。しかし、それでは困る、と考えているのではないかと思います。和解を機にあなたに対する賠償問題を全て解決したい、そう考えているように思います。



◇また、和解案というのはどういったタイミングでどのような形で出されるのでしょうか?

 定まったタイミングはありませんが、当事者より陳述書が提出された後や証人尋問後に出される場合が多いと思います。

2015年08月31日 16時42分

この投稿は、2015年08月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,247名の弁護士から、「慰謝料・損害賠償に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

交通事故で骨折した場合タクシー代や飛行機の運賃を請求できるのか

交通事故で骨折し、歩くことが困難になれば、移動手段として車や電車を使わざるを得ない場合もあるでしょう。職場や病院までの交通費を、保険会社に支...

通勤中や仕事中の交通事故で後遺障害が残った場合の後遺障害等級認定の手続き

通勤中の交通事故でケガをしたけれど、完治せずに症状が残ってしまった…。このような場合、後遺障害の等級を認められれば、労災保険や自賠責保険・任意...

「バイクと車」や「バイク同士」事故の過失割合は?3つの事例をもとに解説

バイクで走行中に事故にあった場合、過失割合はどのようになるのでしょうか。「バイク対車」と「バイク対バイク」の事例について「[みんなの法律相談](...

交通事故の過失割合を事故のパターン別に弁護士が解説

交通事故の過失割合は、保険会社から支払われる保険金(損害賠償金)の額に大きく影響します。そのため、自分の過失割合を正しく理解しておくことが保...

ひき逃げの被害にあい加害者不明の場合でも被害を回復する方法

ひき逃げの被害にあい、加害者が見つかっていないような場合でも、被害を回復する方法が全くないわけではありません。被害者が加入する「人身傷害保険...

この相談に近い法律相談

  • 損害賠請求高裁控訴審の今後の成り行きに関し

    原告ですが、地裁判決で、一部勝訴し、他は棄却されました。 私としては、勝訴した損害賠償金額の認定が低額な事と、棄却された案件に納得がいかず 高裁に控訴致しました。 第1回控訴準備期日で判事より判決期日結定後、原告、被告とも時間が有れば書記官応接 室で和解に付いて打合せしたいとの事で出席しました。 打合せは、左判...

  • 不法行為 損害賠償 管轄

    事実無根のことで名誉棄損と言われ,不法行為の損害賠償を請求されそうなのですが,管轄は向こう(原告)の土地で裁判されますか(原告が訴えを原告近くの裁判所でした場合)?交通費もかかるので,異議申し立てをして,自分の近くの裁判所でしてもらいたいのですが。。

  • 双方からの損害賠償事件

    ・現在、相手側からの損害賠償事件、私からの損害賠償事件を同時に家裁で取り扱っています。 ・裁判所から和解案が提出され、私は書面で裁判所提案の支払いにおける条件を低くして、それ以外については了解する旨の和解案を提示しました。 ・相手側は本人提起の損害賠償事件に係る和解案を提示しましたが、但し和解額及び支払条件を上...

  • 過失・損害賠償に対する意見の相違

    事故で、お互いの過失・損害賠償に対する意見に相違がある場合… 例えば、物損部分で代車代を認めるよう交渉し、相手が[裁判して、裁判官が認めれば払う]といった場合。 当方が裁判を起こさず、かつお互いの意見が双方譲らず平行線であれば、永遠に過失割合は出ないんですか?

  • 遅延損害金について(不法行為から11年)

    お世話になっております。 大手書店で窃盗をしました。裁判所外で任意による和解交渉をすすめ、 被害弁償(実際の書籍代1冊分の値段)をすることにより和解書にサインを頂きました。告訴もしないということで 刑事事件にもならず安心しております。しかし不法行為から11年が経過していました。 この件では遅延損害金(年5分)を...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  2. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  3. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  4. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  5. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  6. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  7. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。