ベストアンサー

民事訴訟時に置いての加害者側の虚偽の証言について

民事訴訟時に裁判所で被告側が虚偽の証言、
例えば交通事故を起こし、被害者側に物損被害が有り、
加害者側に全く損害が無く、事故当初は被害者側に対し、
「物損の被害金額を全額賠償します。」
と話していたのに後になり支払いを拒否し、被害者側が民事訴訟を起こしたとして、
裁判所で加害者側が審理を有利にする為に、
「その時の事故で此方も損害が有った。」
等と虚偽の証言や証拠を提示して来た場合に被害者側がその虚偽の証言、証拠を指摘し、裁判所の方でもそれが明らかだと認めた場合、加害者側は何らかの罪にはなるのでしょうか?
相談者(368132)からの相談
2015年07月16日 22時18分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ベストアンサー
ありがとう
虚偽を証言すれば、証人であれば偽証罪、被告本人なら、過料を課せられるということはありますが、主張や証拠提出のみでは、犯罪とは言えません。

2015年07月16日 23時23分

相談者(368132)
荒川先生、回答有難う御座います。

主張や証拠提出のみでは犯罪と言えないのですね?

実は現在私が被害者側として上記の様な立場になりそうなので、
加害者側に対しての裁判所の対応が知りたかったのです。

では、加害者側が虚偽の主張や証拠を提出してきた場合に、被害者側がそれを指摘し、裁判所の方でもそれを認めた場合、被害者側に審理や判決が有利になると言う事は有るのでしょうか?



2015年07月17日 20時56分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ありがとう
裁判官の心証は、あなたに有利となっていると言えるでしょう。

2015年07月17日 21時06分

相談者(368132)
前述の様な場合、裁判官の心証が被害者側に有利になっていると考えて良いのですね?

民事訴訟の経験が今迄無かったので不安や緊張が多少なり共有ったのですが、それが軽減されました。

荒川先生、回答有難う御座いました。

2015年07月18日 09時17分

この投稿は、2015年07月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】保険会社が提示する慰謝料に不満…弁護士が交渉すると増額する?

交通事故の慰謝料として保険会社から金額を提示されても、それが妥当なのかどうか素人にはなかなか判断がつきません。保険会社から提示された額に不満...

交通事故の加害者が無保険だった場合に被害者や遺族が賠償金を得る方法

交通事故の被害にあったとき、加害者が任意保険に加入していない、あるいは自賠責保険にすら入っていないような場合でも、被害者や遺族が賠償金を得ら...

【交通死亡事故】加害者が任意保険未加入のとき賠償金を回収できるケース

交通死亡事故の加害者が任意保険に加入していなかった場合、自賠責保険だけでは賠償金を全額カバーできない可能性があります。そうしたとき、遺族は自...

交通事故で家族が意識不明に…後遺障害等級認定の可能性と請求できる損害賠償の項目

交通事故で家族が意識不明の状態になってしまったーー。本人が意識不明の場合、後遺障害等級認定の手続きや、損害賠償の請求は、誰がどのように手続き...

交通事故の被害者が示談するときの注意点【弁護士Q&Aまとめ】

交通事故の被害に遭ってケガをした場合、加害者に対して損害賠償を請求することができます。ケガの治療費はもちろんのこと、精神的ダメージに対する慰...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 傷害罪 加害者の反省の態度(民事→刑事)

    傷害事件の被害者です。 民事訴訟中で加害者が準備書面中で犯行を否認しています。 診断書・警察の調書・写真等の証拠があります。 全治2ヶ月です。 刑事訴訟で争う場合、「加害者が反省していない」という証拠として 民事訴訟の被告の準備書面を見せる、または、引用して告訴状に書けば、 反省をしていない態度、不合理な...

  • 「話し合い」の定義について

    被害者が加害者に賠償請求する際、裁判外での 話し合いについて伺います。 被害者が被害事実の証拠について状況証拠のみしか 提示できない場合、その状況証拠について加害者が 回答を拒否することは可能ですが、それで法的な話 し合いは尽くされたと言えるのでしょうか。

  • 冤罪事件後の民事訴訟について

    傷害事件の被疑者として、逮捕・起訴され、無罪判決を受けました。刑事補償法による補償金は受け取りました。 ○ 被害者として虚偽の訴えを起こしたものに対して民事訴訟による損害賠償請求は難度は高いのでしょうか。 ○ 被害者として虚偽の訴えを起こしたものを刑事告訴で検察は動き、虚偽の被害者は罪に問われる可能性はありますか...

  • 損害賠償請求訴訟で損害の根拠がなにも書かれていない訴え

    損害賠償請求訴訟においては、損害額の具体的根拠を原告側が必ず示す必要がありますか。 相手方(代理人)の訴状には、大きく精神的損害額として・・・は下らない、としか書かれておらず、診断書等も提出されていません。 また、業務妨害を受けたと主張しながら、経済的損失には触れられておらず、精神的損害としての根拠も書かれ...

  • 危険運転致傷罪

    事故により被害者は遷延性意識障害になって、加害者は懲役4年という短い判決。加害者に裁判をかけ子供達に対して慰謝料請求しようと思い裁判をしたかったのですが出来ないと言われました。加害者加入の損害賠償があるから加害者本人に対して裁判はできないのですか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

慰謝料・損害賠償に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。