人身事故の過失割合、裁判

 親が5日ほど前に事故にあったのでいくつか質問があります。
 事故の概要は、親の車両(乗っていたのは一人)が片側一車線の道路を走行中(40~50㌔)に、停止線のある脇道から一時停止せず進入してきた相手車両に横から突っ込まれた形です。
 相手車両は親の車両の左側面(前のタイヤあたりらしい)にぶつかり、親の車両は反対車線の標識にぶつかり止まったそうです。相手に怪我はなく、親は救急車で搬送され胸骨の骨折が複数(全治1ヶ月)ありましたが入院はしませんでした。
 事故自体は人身事故で処理されています。親の話では脇道に相手車両は確認できなかったため、速度を落とす等はしなかったそうです。また相手は一時停止をしていないとを認めており、出していたスピードは20㌔くらいで、看板のせいで見通しが悪かったといっているそうです。看板に関しては、親が実況見聞にいったときに確認したところ、上の方に設置されていて見通しは良かったとのこと。
 親の車両(軽、使用期間:一年半、取得価格:170万円程度)は大破したので廃車、相手車両(普)は修理に45万円ほどかかるそうです。保険会社の提示する過失割合は9:1です。
 当然ですが親としては、相手の修理代金は払いたくないし、具合も悪く後遺症も気になる、車両についても同程度の車両を買えるくらいの保証が欲しいようです。

質問は以下の通りです。

1.保険会社の交渉では過失割合を10:0にするのは無理だと思いますが、仮に裁判を起こしたとして10:0にすることは可能なのか。

2.裁判を起こしたとして相手にどういう請求が可能なのか。
 事故自体がひどいので何らかの後遺症が出る可能性もあると考えたときに、相手に賠償もしくは慰謝料を請求できるのか。

3.親が警察に相手に対して厳罰を望みますか?と聞かれたのはどういう意図があるのか。
 親は望まないと答えたみたいですが後から変えることができるのか。

概要に関してはできるだけ客観的に書いたつもりです。
個人的には20㌔程度で車が反対車線まで吹き飛ばされるとは思えないですが...
相談者(302951)からの相談
2014年12月03日 16時48分

みんなの回答

本田 幸則
本田 幸則 弁護士
ありがとう
>1.保険会社の交渉では過失割合を10:0にするのは無理だと思いますが、仮に裁判を起こしたとして10:0にすることは可能なのか。

相手に一時停止の規制がある交差点での直進車同士の事故の過失割合は、8:2を基本として、各種事情により修正します。
10:0となるためには、相手に通常の事故以上の過失が必要なので、相当悪質な事情とそれを根拠づける証拠がないと難しいと思います。

>2.裁判を起こしたとして相手にどういう請求が可能なのか。

通常は、治療が終了した段階で後遺症がある場合には、医師に後遺障害診断書を書いてもらい、その後遺症の程度に応じた損害賠償をします。
損害の算定については、ここでは書き切れないので、お近くの弁護士にご相談ください。

治療終了まで待てない事情があるようでしたら、既に発生している損害を、損害賠償の一部として請求することも可能です。

>3.親が警察に相手に対して厳罰を望みますか?と聞かれたのはどういう意図があるのか。
 
相手の行為は、自動車運転過失致傷罪に該当するので、警察の捜査対象となっているはずです。
そこで、どのような処分にするか決める事情の一つとして、被害者の被害感情を尋ねたのだと思います。

2014年12月03日 17時16分

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
1.保険会社の交渉では過失割合を10:0にするのは無理だと思いますが、仮に裁判を起こしたとして10:0にすることは可能なのか。

⇒脇道というと、現場は優先道路に進入する丁字路交差点のようなところでしょうかね。そうすると基本過失割合は90:10となります。相手の進入速度が20キロというのは疑わしいですが、確たる証拠がないとすると90:10を動かすことは難しいと思います。四輪同士の事故ですし、裁判所としても10ゼロで認定するのは躊躇する事案ではないかと思います。

2.裁判を起こしたとして相手にどういう請求が可能なのか。
 事故自体がひどいので何らかの後遺症が出る可能性もあると考えたときに、相手に賠償もしくは慰謝料を請求できるのか。

⇒治療を全て終えた段階で医師から後遺障害診断書を書いてもらい、自賠責の後遺障害認定を受けて最終的に等級が認定されれば、後遺障害等級に応じた逸失利益と後遺障害慰謝料を請求できます。症状固定までの治療については、治療費、通院費、休業損害、通院慰謝料などを請求できます。
⇒後遺障害等級については自賠責の認定を争うこともできますので、後遺障害等級の最初の認定が出た段階で相談されたほうがよいです。


3.親が警察に相手に対して厳罰を望みますか?と聞かれたのはどういう意図があるのか。親は望まないと答えたみたいですが後から変えることができるのか。

⇒相手は、自動車運転死傷行為処罰法の過失運転致傷罪で捜査されています。警察の捜査が終わると検察庁に送検されて検察官が処分を決定します。このとき被害者の処罰感情が重要となります。検察庁に呼び出されたときに厳罰を望むと供述を変えることは可能ですが、必ず理由を聞かれますので何故警察段階の供述を変えることにしたのか、きちんと説明できるようにしておいたほうがよいですね。

2014年12月03日 23時21分

この投稿は、2014年12月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【交通事故】自分が加入している人身傷害保険を使うメリット・デメリット

自動車保険には人身傷害保険という特約があり、交通事故で被害を受けた場合に利用することができます。自分が加入している人身傷害保険を利用すること...

【交通事故】保険会社が提示する慰謝料に不満…弁護士が交渉すると増額する?

交通事故の慰謝料として保険会社から金額を提示されても、それが妥当なのかどうか素人にはなかなか判断がつきません。保険会社から提示された額に不満...

交通事故でケガをした場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、治療費だけではなく、入院や通院を余儀なくされて精神的なダメージを受けたことに対する傷害慰謝料を加害者に...

交通事故で家族が意識不明に…後遺障害等級認定の可能性と請求できる損害賠償の項目

交通事故で家族が意識不明の状態になってしまったーー。本人が意識不明の場合、後遺障害等級認定の手続きや、損害賠償の請求は、誰がどのように手続き...

【交通事故】後遺障害等級認定の結果が非該当の場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、事故で入院・通院することになったことについての慰謝料(傷害慰謝料)を保険会社から支払ってもらうことがで...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 人身事故:過失割合 (私)1:9(相手) の見込み

    4日前、仕事中に人身事故に遭いました。 こちらは原付バイク、相手は軽自動車です。 片側1車線の道路を時速25~30kmで走行中、反対車線駐車場より軽自動車が出てきました。 すぐにブレーキをかけましたが、自車両がかなり接近している状態で軽自動車が出てきたため 停まりきれず接触・転倒となりました。 相手方は受傷なし。私...

  • 過失割合について

    3週間前に車同士での事故をおこされました。片側2車線道路を走行中、左側を走行していた相手側の急な車線変更による衝突事故です。 事故状況としては私は右側車線を走行中、相手は事故のあった場所の手前の道に曲がろうとしたみたいですが、進入禁止の道路だったので元の車線に戻ろうとしていました。 相手との車の差が1/3ほど相手の...

  • 車両接触事故の過失割合について

    先日、車をぶつけられました。 状況: 片側1車線道路の交差点の右折レーンで停止直前(少し動いていた)だった。 そこへ、右側にある駐車場出口から相手の車が出てきて、 自分の車の右斜め後ろに衝突し、右側の後ろドアまでこすった。相手は対向車の隙間から出てきて前方を見ていなかったといっている。 この場合、相手の過失100...

  • どうしたらいいかわからずお願いします

    T字路の交差点で相手が自転車で私が自動車で人身事故しました 私の方はT字の下から左折するため標識もなにもないところを安全確認するため止まる寸前で相手は左側から右折してきて相手の自転車の右側前輪と私の車のバンパーの左にあたり相手は倒れ足の痛みを訴え救急搬送されました ちなみに相手が走ってきた歩道をまたいで広道にでて...

  • 物損事故の過失割合の交渉について

    先日僕が自動二輪(250cc)で走行中に普通自動車と接触する事故を起こしました。 片側一斜線の道路で前にいた相手の車がウインカーも出さず道路のかなり中央よりを走っていた(両方とも相手に自覚がない可能性大)ので左から追い抜こうとしたところ相手の車が道路左側にある駐車場の方に左折してきたため接触しました。速度はどちらも10km...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

慰謝料・損害賠償に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。