交通事故の損害賠償について!

昨年、交通事故に遭い怪我をしました。
病院へ通い身体の方は症状固定し今は認定待ちです。
事故の後に視力も低下しこちらの方はまだ症状固定はしていません。
病院の先生は脳にも視神経にも問題がないので事故との因果関係を証明するのは難しいと言っています。
知り合いの弁護士いわく頚椎の方から視力低下で後遺症認定を受けた判例もあると言っていました。
長々とすいません。本題にはいります。
事故の1ヶ月前の健康診断では裸眼視力1.5あり
事故後矯正視力で0.2くらいまで落ち視野狭窄もあり免許更新をストップされて今は失効状態です。
私は大型トラックの運転手をしているのでかなりの死活問題です。
この場合は損害賠償請求出来るのでしょうか?
できるならいくらぐらいが妥当なのでしょうか?
どなたかよろしくお願いします。
トッシーさん
2014年08月27日 15時37分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう
事故の前後を通じて視力が著しく低下していますので事故が原因となっている可能性が高い事案です。自賠責では因果関係が明確に立証できない場合でも5割を限度に認定する扱いもあります。矯正視力が0.2ですと後遺障害等級9級に該当しますので、基準額616万円の半額308万円は認定されると思います。また、裁判になれば、医学的な所見を踏まえて裁判所が因果関係の判断をしますが、事故前後の視力低下の事実を無視して一刀両断に因果関係を否定するのも被害者にとって酷に思えますので、救済として裁判所も一定割合で因果関係を認定する可能性もあると思います。仮に自賠責と同じ5割認定の判断がされるとすると、後遺障害慰謝料で約350万円、後遺障害逸失利益で、事故直前の収入を基礎収入として35%の労働能力喪失、67歳までのライプニッツ係数を乗じた金額の半額を認定し、このほか、通院慰謝料も加算すると、1000万円を超える可能性はあると思います。

2014年08月27日 23時59分

トッシー さん (質問者)
お答え有難うございます。
参考になりました。
自分は現在35歳になりますが67歳までですと裁判で損害賠償請求をしたらかなりの金額になると思ってよろしいのでしょうか?

2014年08月28日 00時17分

清水 卓
清水 卓 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
>自分は現在35歳になりますが67歳までですと裁判で損害賠償請求をしたらかなりの金額になると思ってよろしいのでしょうか?

→ 仮に、認定される後遺障害等級が9級であることを前提に、症状固定時の年齢を35歳、就労可能年数を32年(67歳ー35歳)、因果関係に関する判断につき裁判所が5割認定をするとしますと、基礎収入(事故直前の収入)にもよりますが、逸失利益だけでも800万円以上の賠償額になる可能性があります。
 これに後遺障害慰謝料等を加えますと、1000万円以上の賠償額になる可能性があります。
 ただ、以上は、いろいろな仮定を前提とした算定ですので、実際に認定される後遺障害等級や因果関係に関する裁判所の判断等により金額が変わってきます。
 トッシーさんのご事案は、後遺障害等級や因果関係の判断など難しい問題を含んでいますので、弁護士に依頼して適切な法的サポートの提供を受けられることもご検討下さい。







2014年08月28日 05時33分

トッシー さん (質問者)
回答有難うございます。
弁護士の先生に初めはお願いしていたのですが…その先生が突然事務所を辞めてしまいそこの事務所の代表弁護士先生が後を引き継いでくれたのですが引継ぎの連絡も無い顔も知らないでは信頼関係が気づけないと思い先日、委任契約の解除をしてきました。
やはりかなりの金額になるみたいなのでしっかりとサポートしてくれる弁護士先生を探してみたいと思います。

2014年08月28日 10時26分

トッシー さん (質問者)
先ほど前任の弁護士から後遺症認定非該当でしたと連絡があり加害者側の弁護士先生に送り返しときましたと言われ非該当の理由はまだわからないのですが…
今だに首の痛み頭痛右手に痺れ右手握力低下、右肩の関節が痛くて腕が上がらない。
腰痛、右脚の痺れ感、歩いているときの右脚の膝下の急な脱力感に悩まされています。
視力低下、視野狭窄の症状もありこちらは症状固定はまだしていませんが視力低下で眼科医から免許更新をストップされていますので失効状態です。
もしもこのまま異議申し立てしても後遺症認定を受けられない場合、免許失効になった損害賠償請求は起こせますか?
は私は大型トラックの運転手をしているのでかなりの被害になります更新が出来なかった為に仕事も辞めてしまいました。

2014年09月01日 13時10分

この投稿は、2014年08月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,125名の弁護士から、「慰謝料・損害賠償に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

何をするべきか知りたい方へ

交通事故_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

状況別に知りたい方へ

関連度の高い法律ガイド

交通事故で家族が意識不明に…後遺障害等級認定の可能性と請求できる損害賠償の項目

交通事故で家族が意識不明の状態になってしまったーー。本人が意識不明の場合、後遺障害等級認定の手続きや、損害賠償の請求は、誰がどのように手続き...

【交通事故】視力低下や斜視は後遺障害等級認定される?弁護士Q&Aまとめ

交通事故によって頭部に強い衝撃を受けると、視力低下や斜視といった症状が出ることがあります。これらの症状は交通事故の後遺障害等級認定を受けられ...

【交通事故】賠償金の一部を前払いしてもらう方法と手続きの流れ

交通事故でケガをして働けなくなり、収入が途絶えると、生活に困る人もいるでしょう。示談がまとまれば加害者から賠償金が支払われますが、それまで待...

子どもが交通事故で死亡した場合に親権ない親も賠償金を請求できるのか

交通事故で子どもが死亡した場合、慰謝料などの賠償金は親が受け取ることになります。では、離婚して親権を持たない親は賠償金を求める権利はあるので...

【交通事故】保険会社が提示する慰謝料に不満…弁護士が交渉すると増額する?

交通事故の慰謝料として保険会社から金額を提示されても、それが妥当なのかどうか素人にはなかなか判断がつきません。保険会社から提示された額に不満...

この相談に近い法律相談

  • 交通事故について。

    昨年11月に交通事故に遭い怪我をいたしました。身体の方は症状固定して後遺症障害の認定待ちでしたが先ほど前任の弁護士から後遺症認定非該当でしたと連絡がありもう委任契約の解除をしていたので加害者側の弁護士先生に送り返しときましたと言われ非該当の理由はまだわからないのですが…今は新しい弁護士先生を探したいます。 今だに...

  • 交通事故についてお願いします。

    去年の11月に交通事故に合い頭痛、鞭打ち、腰椎捻挫、手足の痺れ、握力低下、視力障害の怪我をし後遺症障害の認定待ちでしたが先日、非該当の通知が届きました。 理由は治療日数の不足と画像所見で異常無しとの事でした。 治療日数に関してはチョットした事で警察の留置所に1ヶ月チョットいたので異議申し立てしようと考えてます。 ...

  • 交通事故についてお願いします。

    去年の11月に交通事故に合い頭痛、鞭打ち、腰椎捻挫、手足の痺れ、握力低下、視力障害の怪我をし後遺症障害の認定待ちでしたが先日、非該当の通知が届きました。 理由は治療日数の不足と画像所見で異常無しとの事でした。 治療日数に関してはチョットした事で警察の留置所に1ヶ月チョットいたので異議申し立てしようと考えてます。 ...

  • 後遺症

    仕事中追突事故に遭い、 いわゆる鞭打ちうになりました。 他覚所見としては頚椎の軟骨の隆起があり、 規定では12級のはずなんですが、 自賠責は神経症状に厳しいらしく14級でした。 しかし労災は大抵きちんとした対応がなされるらしいので、 12級かとHP等で推定しておりました。 ところが、地方公務員災害補償基金...

  • 交通事故の後遺症障害について。

    一昨年の11月に交通事故に遭い頸椎捻挫、腰椎捻挫と診断され病院に通って症状固定をし後遺症障害診断書を書いてもらい提出しましたが非該当で返ってきました。 未だに起立性頭痛、頚部痛、右肩関節痛、指先の痺れ、握力低下、右足痺れ、視力低下、不眠、発汗異常などの症状があり脳神経外科に行って検査したところ脳脊髄液の漏出所見が...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。