自転車事故

自転車同士の事故で、加害者が重過失罪で起訴され有罪。過失割合は、加害者が100%。パートタイマーであった被害者は、事故の後遺症で4ケ月ほど休職。通勤労災適用。後遺障害等級12級5号。
加害者は大学生で通学途中。通学で自転車を使う学生の為の自転車保険に加入していました。
弁護士に相談して裁判を起こすつもりですが、今までの判例として
いくらぐらいの賠償がおりますでしょうか?
裁判を起こす場合と示談する場合とどちらが有利でしょうか?
2013年10月10日 08時22分

みんなの回答

和氣 良浩
和氣 良浩 弁護士
ありがとう
後遺障害が労基署から12級5号に認定されたとのことですが,その内容は「鎖骨,胸骨,肋骨,肩胛骨又は骨盤に著しい畸形を残すもの」ということで宜しいでしょうか?詳細な内容が分かりませんので,モデルケースでお話しいたします。

 お怪我を負われ,上記のような重い後遺障害が残存したとのことですので,損害額は相当程度のものとに上ると思われます。

 具体的な損害費目(労災保険支給分は除く)のうちメインとなるものとしては,休業損害,傷害慰謝料,後遺障害慰謝料・逸失利益が挙げられます。
 まず,休業損害については,パートタイマーとしての休業損害のうち6割が支給されていると思われますが,被害者の方が主婦であるとすると兼業主婦ですので,どちらか高い方の年収を基礎収入として計算することになります。主婦の年収は348万円程度(家族構成・年齢によります)であるとされていますので,おそらくこちらの年収が高いのではないかと思います。そうすると,主婦休損で計算して,労災保険からの支給分を控除します。
 次に傷害慰謝料について,入・通院期間が不明のため正確には計算できませんが,上記の後遺障害から推測しますと,9か月から1年程度は治療を受けられたのではないかと推察されます。そうすると,妥当な傷害慰謝料は,150万円程度であると思います。
 後遺障害について,その慰謝料は280万円,逸失利益は348万円×14%×7.722=376万2158円が基本となります。慰謝料の方はこれで間違いありませんが,逸失利益の方は減額される余地があります。例えば,鎖骨に畸形があったとしても,痛みがなく,肩等の動きに何ら支障がないようであれば,果たしてその後遺障害により労働能力が減退するのかという疑念が生じ,裁判実務上,減額される方向で算定されることになっています。

 以上を総合すると,休業損害やその他の損害費目はさておいても,賠償額は800万円程度と推計されます。これに,主婦休損も併せると1000万円程度になるのではないでしょうか。当事務所での,12級事案であれば通常それぐらいになっています。
 これは全ていわゆる裁判基準に基づいた算定です。任意保険基準で算定すると,おそらく3,400万円程度ではないでしょうか。
 ということで,ぜひとも弁護士にご依頼されることをお勧め致します。
 

2013年10月17日 09時54分

和氣 良浩
和氣 良浩 弁護士
ありがとう
(補足回答)
 ご相談者の質問「裁判を起こす場合と示談する場合とどちらが有利でしょうか?」について補足回答致します。
 
 まず,後遺障害の等級からすれば,基本的に裁判で解決する方がよいとされています。
 ただし,①早期解決を望まれる場合,②弁護士を代理人に立てて交渉してもらった結果,当職が前回の回答で述べたような賠償額の提示がなされたが,特段,後遺障害による痛みや機能障害がない場合には,示談で解決することをお勧め致します。
 ②の理由について,保険会社のなかで自転車事故を担当する部署の査定はかなり緩く,自動車事故では有り得ないような緩い(高い)賠償額を提示してきたりすることがあります。ですので,おそらくご相談者が,交通事故に精通されている弁護士に依頼して交渉してもらえれば,示談でもかなりの賠償額を得られるように思います。もちろん,それでも裁判を起こせば,上記の損害額に加えて,遅延損害金(年5%)と弁護士費用(10%)が付加されますので,賠償額にこだわるようであれば,やはり裁判をお勧めします。
 ただし,何度も述べているとおり,後遺障害の等級からして,減額される可能性をはらんだものですので,その点には重々注意をしておく必要があります。もちろん,痛みやしびれ,機能障害(可動域制限)があるようであれば問題なく,裁判を起こされればよいかと思います。

 以上のとおりですが,ご質問があれば何なりとお申し付け下さい。

2013年10月17日 10時04分

この投稿は、2013年10月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,795名の弁護士から、「慰謝料・損害賠償に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

交通事故で家族が意識不明に…後遺障害等級認定の可能性と請求できる損害賠償の項目

交通事故で家族が意識不明の状態になってしまったーー。本人が意識不明の場合、後遺障害等級認定の手続きや、損害賠償の請求は、誰がどのように手続き...

【交通事故】後遺障害等級認定の結果が非該当の場合に請求できる慰謝料の計算方法

交通事故の被害にあってケガをした場合、事故で入院・通院することになったことについての慰謝料(傷害慰謝料)を保険会社から支払ってもらうことがで...

通勤中や仕事中の交通事故でケガをした場合の労災保険の手続き

通勤中や仕事中に交通事故にあいケガをしてしまった…。このような場合、労災保険から治療費や休業損害を支払ってもらうことができます。この記事では労...

通勤・仕事中の交通事故は労災保険と自賠責保険どちらから請求すればよいのか

通勤中や仕事中に交通事故にあった場合、労災保険や自賠責保険・任意保険から治療費などの支払いを受けられます。ただし、請求する順序によって受け取...

後遺障害等級認定が「非該当」だった場合の損害賠償の流れと支払われる費目

交通事故でケガをした場合、加害者側の任意保険会社から賠償金を支払ってもらうことができます。ここでは、症状固定後に残った症状について後遺障害等...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 安全義務違反を肯定後の民事訴訟和解金額の妥当性に関し、質問します。

    被告が安全義務違反を認め、損害賠償金請求のみの民事裁判中です。施設で平成25年に右脚頸部骨折、2か月後、左脚転子骨折により歩行不能(手術担当医の後遺障害診断書有り)寝たきり状態に陥り、事故後、事故ににより要介護3~5に悪化(施設神経内科嘱託医の診断書有り)、慢性尿路感染症(泌尿器科医の診断書有り)の発症、廃用症候群...

  • 交通事故 証拠あるのに過失割合決まりません

    交通事故を起こしました 交差点で青の信号をバイクで直進中に 対向車 右折のトラックに進路妨害され 追突された形になります 現在骨盤骨折 靭帯損傷で入院2カ月目になります 当初交差点での事故にも関わらず 加害者側の主張は 加害者0 被害者自分10 とかなり悪質な人間で治療費も払わないような 対応でしたが 事故の瞬間...

  • 素因減額を行う場合の立証責任について

    自動車事故における保険金支払い(搭乗者保険、人身傷害補償保険)に関して素因減額を行う場合の立証責任について質問です。 人身傷害保険と搭乗者保険で、約款には既往症によって損害が拡大した場合は既往症がなかった場合の金額を支払うとあります。事故のあと損保担当者が「加療は持病のせい。怪我は治っているはずなので治療費の支...

  • 損害保険料率算定機構

    自賠法施行令が改正されてから、交通事故による後遺障害認定は、受けずらくなっているのでしょうか。 仮に、非該当の場合でも、本訴で後遺障害が認定される事は、良くある事なのでしょうか。 症状は、腰椎捻挫で、腰痛と左足首付近に、正座をした後、15分くらい経過したような、ほんの軽い痺れがあります。 又、MRI検査では、年相応の加...

  • 知的障害者の殴打による耳鳴り

    知的障害者施設の職員です。 9ヶ月前に、施設にお預かりした知的障害者の方から不意に右耳付近を殴られ、以降耳鳴りが絶えません。 勤務中の事故でしたので労災で6ヶ月通院後、現在労災後遺障害申請中です。 加害者は知的障害者なので、当然責任を負うことはありませんが、もし私が労災の後遺障害が認定された場合、加害者加入...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

交通事故慰謝料・損害賠償の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。