飼い犬の交通事故死

公開日: 相談日:2012年11月25日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

最近我が家の愛犬が交通事故により命を落としました。問題なのは大手メーカーの首輪の着用中にその首輪の装着部分が破損したコトです。本来であれば基準値に十分見合うサイズと体重値のものを購入し使用していて、劣化もなく、常に交換しながら使用していたのですが、その部分が破損した為に首輪が外れた状態で車道に飛び出して脳挫傷、内臓破裂で亡くなりました。相手方の車の修理代の請求も届いていますが、この首輪を作った大手メーカーに対しての損害賠償請求などはどうしたらできるのでしょうか、また、そういったことは可能なのでしょうか、

151652さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    愛犬の不慮の死,ことばもありません。

    メーカーの責任は,製造物責任法で追及することになるでしょう。
    愛犬の生命を侵害した,ということではなくて,あなたの財産を侵害したということで。
    争点は,首輪の欠陥の有無です。
    首輪は絶対に捨てず,事故当時の状態をできるだけ保つように。

    (製造物責任)
    第三条  製造業者等は、その製造、加工、輸入又は前条第三項第二号若しくは第三号の氏名等の表示をした製造物であって、その引き渡したものの欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が当該製造物についてのみ生じたときは、この限りでない。


    一方,車の修理代のほうは,原因が首輪の欠陥なら,賠償責任を負うとは限りません。民法718条でいう「相当の注意をもって管理をした」といえるかもしれませんので。
    (動物の占有者等の責任)
    第七百十八条  動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。

  • 相談者 151652さん

    タッチして回答を見る

    丁寧に解りやすくご説明くださり誠にありがとうございます。では、私の方は弁護士さんに本格的にご相談させて頂いて、動いてみたいと思います。愛犬は本当にかけがえのない宝でした。また、今後もこれに似た事故を誰にも起こして貰いたくないので、納得できるように頑張ります。本当に感謝しています。ご回答ありがとうございました。

この投稿は、2012年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す