交通事故の加害者による調査における虚偽報告申告

公開日: 相談日:2021年07月17日
  • 1弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
交通事故被害者です。
相手側加害者が、虚偽の申告解答をしたことが立証され確定した明らかな証拠が出てきた場合それに対する賠償額の相場及び増額などはありますか。

よろしくお願いいたします。

【質問1】
相手側保険会社の虚偽報告について
教えてください。

1046423さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県3位
    タッチして回答を見る

    相手方がどんな虚偽申告をしたのかが全く不明であるため、なんとも言えません。
    ただ、例えば相手方が主張していた事故態様が、ドライブレコーダー映像などから明らかに誤りであったことが判明したとしても、それだけで賠償額が増減することはほとんどないという現実はあります。
    個別具体的な事情を考慮しなければ正確なことは言えませんので、弁護士への直接相談をおすすめします。

  • 相談者 1046423さん

    タッチして回答を見る

    それでは嘘はバレなければついたもん勝ちという解釈にもなりますが、報告などが虚偽やそれが嘘だとわかった場合に何のペナルティーもないということでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  • 弁護士ランキング
    福岡県3位
    タッチして回答を見る

    例えば、犯罪者が虚偽の供述をしたり、自らの犯罪の証拠を隠滅したりしても、それ自体は犯罪にならないことになっています。もちろん、情状が悪くなり、刑が重くなったりはします。
    交通事故事件においては、刑罰が概ね被害者の怪我の程度と過失の有無で判断される運用となっており、刑事的には虚偽の供述で刑が重くなるということはあまりありません。
    民事的にも、「虚偽の供述を故意に行った」ということを質問者様にて立証できればもしかすると、というレベルです。なぜなら、故意に行ったという点は内心の事情であり、かつ人間の記憶が当てにならないということは法曹であればよく知る事実であり、少なくとも相手方の記憶ではそういう事実になっている可能性が排除できないことが多いからです。
    繰り返しになりますが、一体なにについて虚偽を述べたのか、それが実際に虚偽であり、記憶違いというレベルではないのか、という点を検討しなければ具体的なことは何もいえません。
    弁護士への相談を強く、強くおすすめします。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す