弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

過失割合

交通事故の過失割合の決め方や過失相殺の仕組み

交通事故で慰謝料などの損害賠償の金額とともに、過失割合が争点となることが多くなっています。保険会社が提示する過失割合に納得できない場合も多いでしょう。 過失割合は保険会社が一方的に決めてよいものではないため、提示された内容に不服であれば認める必要はありません。場合によっては保険会社と交渉しましょう。ここでは過失割合の決め方や過失相殺の仕組みをご紹介します。

目次

  1. 過失割合とは
  2. 過失割合は誰が決めるのか
  3. 過失割合の認定基準
  4. 実況見分調書の入手方法

過失割合とは

過失割合とは、交通事故の責任が加害者と被害者にそれぞれどの程度あるのかを数値化したものです。7対3や80対20といった表現の仕方をし、合計が10または100となることが一般的です。

過失相殺と慰謝料・損害賠償

過失相殺とは、双方の過失割合に基いて損害賠償を減額することを言います。過失相殺の適用範囲は広く、治療費や休業損害、逸失利益、慰謝料など、請求対象がすべて減額されてしまいます。 例えば、加害者と被害者の過失割合が7対3で、加害者から被害者へ損害賠償額が8,000万円だとすると、加害者の過失割合の7割に当たる、5,600万円だけが支払われることとなります。もし過失割合が8対2であれば、6,400万円を受け取れ、800万円もの差が生まれます。 正しい過失割合を決めることは、賠償額を決めるのと同程度に重要なものなのです。

過失割合は誰が決めるのか

過失割合は保険会社との示談交渉時に、保険会社から提示されるケースが多いでしょう。そのため、過失割合は保険会社が決定するものと勘違いしてしまう方もいますが、保険会社が一方的に決めて良いものではありません。 示談の段階では、保険会社と被害者が話し合って過失割合を決めることとなります。しかし、本来被害者に過失がないような事故でも、保険会社は少しでも被害者の過失を求めようとし、話し合いがまとまらないことも多いでしょう。そもそも交渉に応じようとしない保険会社さえ存在します。 話し合いで合意できないからといって、保険会社の提示した過失割合で決まってしまうわけではありません。納得できない場合は裁判を起こし、裁判所の判決に委ねることができます。

過失割合の認定基準

過失割合は保険会社と話し合って納得できれば問題ありませんが、納得がいかないケースの方が多いでしょう。そのような場合には、まずは正しい認定基準を知り、それを根拠に交渉していきましょう。 裁判においては用いられる認定基準は、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という書籍にまとまっているため、購入し知識をつけるとよいかもしれません。しかし、法律関係者が読む専門書で、ハードルは高いでしょう。 保険会社が過失割合の話し合いに応じないのであれば、最終的には裁判となるため、この段階から弁護士に依頼することをおすすめします。過失割合は金額を大きく左右する部分ですので、弁護士に相談もせずに泣き寝入りすることだけは避けたいところです。

実況見分調書の入手方法

過失割合を決定する上で、重要な証拠となるのが「実況見分調書」です。人身事故の場合は、警察が現場検証を行い、当事者の立会いのもと、事故時の状況をまとめた書類を作成します。それが実況見分調書です。 実況見分調書は警察の作成した書類なので、有効な証拠とできるでしょう。一方で、必ずしも被害者に有利な証拠となるとは限りません。コピーが入手できるので、まずは内容を確認し、有利な証拠となるようであれば有効に活用しましょう。 実況見分調書のコピーは次の手順で入手できます。

  1. 実況見分を行った警察署へ行き、加害者の送致先検察庁、送致日、送致番号を聞く。
  2. 送致先検察庁へ行き、送致日と送致番号を伝え、予約を申し込む。
  3. 予約日に送致先検察庁へ行き、コピーをとる。

実況見分調書の閲覧・コピーの際には、身分証明書や印鑑、手数料が必要になる場合があるため、予約する際に必要なものを確認しておきましょう。

実況見分調書の入手は、弁護士が代理人となって行うことも可能です。過失割合でトラブルとなった場合には、早めに弁護士に相談することで、証拠の準備から示談の方向性までトータルでサポートしてもらえます。お困りの際は、一人で悩まず、まずは一度弁護士に相談してください。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

過失割合を扱う弁護士を探す

過失割合に関する法律相談

  • 交通事故 後遺傷害認定について

    交通事故過失割合

    はじめまして、 交通事故後遺傷害についてお伺いしたい事がありメールにて問い合わせいたします。 昨年12月に自動車と自動車の交通事故をしてしまいました。 過失割合は今の所、8対2で被害...

    2弁護士回答
  • 高速道路の落下物の事故、過失割合

    交通事故過失割合

    三車線の高速道路上の事故についての質問です。 こちらは大型トラックで第一車線を走行中、右手からドラム缶が転がってきて、当方フロントバンパーとぶつかり破損しました。 運転席中央に付...

    1弁護士回答
  • 停止中の車と走行中の自転車の過失割合はどれくらいでしょうか?

    交通事故過失割合

    先日、私が自転車で走行中駐車場から右折しようとする車に私が前方を見ていなかった為、気づいた時には遅く止まり切れず車両の前方側面にぶつかってしまいました。 その際、車両は左右確認...

    1弁護士回答
  • 示談書を無効にできますか?

    交通事故過失割合

    建設現場で仕事中に元請会社の社員である私は、下請け会社の社員と口論になり足場から突き落とされました。腰骨を骨折し、1ケ月入院し、労災扱いとなりました。 当初、自分と加害者で150万円...

    2弁護士回答
  • 車両接触事故で加害者側が修理費出してこないので過失割合が出ず被害者(当方)の修理費が出ない

    交通事故過失割合

    違う道路から合流する片側2車線道路で車線変更した接触事故です。当方は(自家用普通車)で被害者側です。加害者(会社所有トラック)は合流直後車線変更してきて私の車にぶつかりました。 ...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故の人気法律相談

  1. 示談交渉について悩んでます
  2. 交通事故の過失割合
  3. 後遺症障害と示談 慰謝料について
  4. 交通事故と怪我との因果関係がないと言われました。
  5. 追突事故で物損事故から人身事故に、困ってます。
  6. 交通違反に対する会社の罰則
  7. 交通違反したら後から連絡が来るのでしょうか?

交通事故のニュース

  1. 横浜小1死亡事故、「高齢ドライバー」不起訴...
  2. 「歩きスマホ」VS「3人乗り自転車」歩道で事...
  3. 追い越し車の「飛び石」でマイカーのフロント...
  4. 赤信号の交差点に進入した「パトカー」が車と...
  5. 交通事故で異例の「刑免除」判決、背景にある...
  6. 「十分な注意が必要」ノーリードで犬飼育、ペ...
  7. 北関東でお馴染み?「鬼ハンドル」「カマキリ...