【自動車事故の過失割合】T字路特殊な状況、相手方の過失による割合修正の妥当性について

公開日: 相談日:2019年04月13日
  • 1弁護士
  • 1回答

過失割合についてのご相談です。
ちょっと状況が特殊なため、認識が合っているか、教えていただけますでしょうか。

【状況】
 信号のないT字交差点で優先道路側(片側1車線)を直進していたのですが
 突き当り路(片側1車線)から出てきた右折車に、側面から追突されました。

 右折車は、左折待ちで一時停止している車を右から追い越して右折しようとし
 私の車にそのまま追突した、という状況です。

【過失割合計算】
 ①信号のないT字交差点で、直進車(優先道路)と右折車の衝突
   直進車:右折車=10:90

 ②右折車は追い越し禁止場所(交差点30m以内)で追い越ししている
  →右折車に著しい過失

 ③右折車は追い越しの際、反対車線を逆走している
  →右折車に著しい過失

 ①をベースに、②・③から過失割合は「直進車:右折車=0:10」

【質問】
 上記過失割合、私の理解は正しいでしょうか?

過失割合の計算の書籍をいくつか読んだのですが、いまいち自信が持てず・・・。
宜しくお願い致します。

786382さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました