弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

交通事故後の過失割合の決定について。

交通事故後の過失割合の決定について。
当方2輪で走行中、よそ見をしていた後続車(4輪)に追突されました。
どちらも動いてた場合過失は0にはならないと聞きました。
走行中の追突でも過失割合は0にならないのでしょうか?
法定速度内、急ブレーキはありません。
またこちらが2輪であったことは不利に働きますか?

事故後1週間が経ち、入院していたこともあり、まだ警察に調書の作成や、診断書の提出(全治2か月)はしていません。
相手保険会社からはっきり過失割合の話は出ていないのですが、まだ警察に言っていない段階から相手保険会社に過失割合について聞くことは早いでしょうか?過失がゼロの場合当方弁護士を立てる予定です。

過失割合についてはっきりこちらからこのタイミングで聞いていいものなのか教えてください。
下手に動いて不利な状況になりたくないので。。
普通過失割合は症状固定まで話し合われないのですかね?
b4_aafbさん
2019年02月06日 19時19分

みんなの回答

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県2 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
1 後続車が先行車に追突するのは,後続車の前方不注視です。後続車には車間距離保持義務があります。先行車が急に減速したり急ブレーキをかけたりすれば車間距離は後続車の注意にもかかわらず保持されなくなるため追突が起こります。この場合には先行車にも過失があります。御相談者の場合には,法定速度内,急ブレーキなしということであるので通常の追突です。追突が車間距離不保持の後続車にもっぱらの責任である以上は,動いている場合も停止している場合と同じです。御相談者には過失はありません。
2 御相談者のお仕事が不明ですが,いずれにしても休業損害はすぐに問題となります。
あるいは,物損について人身損害に先行して賠償がなされることが通常です。
過失割合だけの質問というよりも,物損であれば,その賠償額を定めるにあたり当然に過失を前提にせざるを得なくなります。
ちなみに,物損で定めた過失割合は人身損害にも連動して同一とするのが通例です。
3 その際に,保険会社の過失の考え方が明らかになるでしょう。警察に対する証言(供述)とは別に物損示談は進みますから,その際に保険会社に対して追突なので過失相殺には応じないときっぱりと宣言して下さい。
その対応を見て,また御相談下さい。
4 なお,過失相殺について症状固定まで話に出ないことはあり得ません。
過失が被害者に4割以上出てくれば(保険会社によっては3割),治療費は全額当面は負担しますが,休業損害において過失相殺をして減額支給するとか,あるいは,治療長期化への警告として再三過失相殺を持ち出すことが多いというのが実感です。
保険会社によっては,過失が大きいから自由診療は認めないと初動からいう場合も多々あります。従って,余談ですが,症状固定まで過失の問題を持ち越して後出しのようになるのは、ほとんど無いはずです。

2019年02月07日 06時30分

b4_aafb さん (質問者)
事故は仕事中の事故で労災となります。
交渉の窓口が会社になるのか、私個人になるのかいまいちわからず動くに動けない状態です。
私の乗っていた車両はもちろん相手の保険での修理ですがどのような話し合いが行われたのかわからないので過失割合についてどうなってるのかわからない状況です。
一度はっきり聞いて過失割合についてはっきりさせます。

仮に過失割合が0の場合、弁護士をたてて対応したいと考えます。
労災であっても個人で弁護士を立てて対応することは一般的なのでしょうか?
会社が間に入り、嫌がるのかなと思い踏み切れません。
そこら辺の事情について教えてください。

2019年02月07日 08時58分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県2 交通事故に注力する弁護士
ありがとう
御相談者が乗っていた車は,会社の車でしょうか。
そうであれば,物損の窓口においては会社になります。
しかし,御自分の体のことですから,労災であるものの,交通事故ですから御自分で弁護士に依頼しても何ら問題はありません。
交通事故で労災となる場合でも特に異なった点があるわけではないので,会社が嫌がる理由というのは思い当たりません。

2019年02月07日 09時06分

b4_aafb さん (質問者)
ありがとうございます。
会社の車になります。
会社側の任意保険会社からはなにも連絡がないということはやはり過失がゼロだからでしょうか?
ゼロだと個人で交渉しないといけないと聞いたのでやはり弁護士に依頼する方向で進めたいと思います。

過失割合についてはっきりさせたいので相手保険会社にどうなっているのか聞きたいのですが、私の過失はゼロですと言われた場合でも正式に書類を交わさない限りは後から覆される可能性もありますよね?

2019年02月07日 09時39分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県2 交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 会社側の任意保険会社からはなにも連絡がないということはやはり過失がゼロだからでしょうか?
→修理額の協定ができれば,既に着工しているのではないでしょうか。過失相殺が問題になるのであれば,その間に何かやりとりがあるのが通例です。
> 私の過失はゼロですと言われた場合でも正式に書類を交わさない限りは後から覆される可能性もありますよね?
→人身事故の治療中に過失割合についての書類を交わすことは無いと思います。
今後覆される可能性はゼロとは言えませんが,事故態様からは考えにくいと思います。

2019年02月07日 09時44分

この投稿は、2019年02月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,756名の弁護士から、「過失割合に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

状況で調べる

関連度の高い法律ガイド

追突事故のケース別過失割合…追突された側にも過失がつく場合とは

交通事故の中で比較的発生件数が多いと言われているのが、追突事故です。追突事故において、追突した側と追突された側の過失割合は、どのように考えら...

【交通事故】過失割合に納得できない…どんな事情があれば修正される?

交通事故の過失割合の交渉で、「納得いかない」と感じることがあるかもしれません。交渉次第では、過失割合が修正される可能性はあるのでしょうか。あ...

あおり運転など相手の危険な運転が原因で事故…「過失割合」はどうなる?

あおり運転や進路妨害からの急ブレーキなど、相手の危険な運転が原因で事故が起きるケースがあります。このような場合、自分と相手の過失割合(事故が...

自転車で走行中に車と衝突…発生場所や時間帯は過失割合に影響する?

交通事故における過失割合は、個別の状況に応じて修正される場合があります。今回は、自転車やバイクで走行中に車と衝突した場合の修正要素の考え方に...

交通事故の過失割合を事故のパターン別に弁護士が解説

交通事故の過失割合は、保険会社から支払われる保険金(損害賠償金)の額に大きく影響します。そのため、自分の過失割合を正しく理解しておくことが保...

この相談に近い法律相談

  • 相手の急ブレーキ、後方からの追突過失割合

    当方、後ろからの追突事故の加害者になります。 被害者は、軽度の人身事故という事で2週間の診断書を警察に提出しています。 事故の内容は、信号待ちで3台の車が止まっていました。 3台目が私で2台目が被害者になります。 信号が青になり各車発進して50mほど進んだ先に横断歩道があり、歩行者が渡っており1台目が停車しました。 し...

  • 黄色信号で急ブレーキをした車に追突した場合の過失割合について

    自車は追突した側です。 前方車は黄色信号の時に交差点内に進入しています。その先にパトカーが走行していて、それが気になったようで交差点途中で急停車しました。私も黄色信号の時点で交差点に進入するタイミングでしたが、急停車をすることが危険だと判断し、そのまま交差点を通過しようとしました。後続車の側に過失責任が大きくあ...

  • 黄色信号で急ブレーキをして追突された場合の過失割合について。

    黄色信号で急ブレーキをして追突された場合の過失割合について。 自車は追突された側です。 信号が黄色に変わった時点で停止線と自車の距離からこのまま進むと赤信号で交差点に進入してしまうと判断し、ブレーキをかけたところ急ブレーキ(急な減速)となってしまい後続車から追突されてしまうと、過失割合はどうなるのでしょうか?...

  • 追突事故の過失割合について

    知人の車に同乗中、トラックに追突されました。私が乗っていた車は信号で前から3台目くらいに停まっており右矢印信号が出たので交差点に入りました。交差点に入り曲がりかけたあたりで、後ろにいたトラックが追突してきました。同乗車の運転手は前の車に合わせてブレーキを踏みましたが、トラックの運転手はそのまま流れると思っていた...

  • 追突事故の過失割合はどうなるのでしょうか?

    片側一車線のセンターラインがある道路を走行中、交差点にさしかかったので (交差する側に一時停止あり)安全確認のためブレーキを踏み停止しました (対向車線が渋滞していて飛び出しがあるかもと思ったため) すると後続車に追突されました 前方車は不必要に急ブレーキをかけてはならない(道路交通法24条) と、ありますが 何をも...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

過失割合の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  2. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  3. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  4. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...
  5. 東名夫婦死亡事故、進路妨害した容疑者の「危...
  6. ひき逃げ事件「人をひいた認識はない」男性に...
  7. うちの車に便乗したがる図々しい「ママ友」、...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。