【交通事故】警察が追跡中のバイクとの右直事故における過失割合について

ご覧いただきありがとうございます。

先日、交通事故にあいました。
内容は私が車、相手がバイクの右直事故です。

場所は片側1車線の三叉路でした。

事故発生当時、帰宅時間帯で対向車線が渋滞していました。
そこで、対向車線の車両が右折用のスペースを作ってくれ、道を譲ってくれました。
徐行して右折を試み、対向車から見て左側(歩道側)をすり抜けしてきたバイクと横断歩道上で衝突しました。

通常の右直事故であれば、直進するバイクの直進妨害で右折車両の過失がおおよそ85%程度になるようです。
しかし、納得がいきません。

相手が明らかにスピードを超過していたことや、右折を終えそうな横断歩道上での事故ということもありますが、一番に納得がいかないことがあります。

それは、相手のバイクが警察車両から逃走中に私の車に衝突したことです。

違反内容はわかりませんが、即座に現場にかけつけた(元々追跡していたので)警察官がそう口に出しているのを耳にしましたし、後日警察に連絡した際にも追跡していた旨の発言をしていました。

しかし、ふたを開けてみれば事故証明書には警察が追跡していた旨の文言は一切なく、通常の右直事故として処理されていました。

担当していた警察官に問い合わせても「それとこれとは別問題」という旨の言葉しか得ることが出来ず、警察が追跡していた証拠は組織として出すことができないとお払い箱です。

相手もその状況を理解し、最初に見せていた反省しているような態度を一変させ、「自身の過失は過去の判例に基づき2割しかない」「治療費を請求する」「スピードも大して出ていなかった」など言いたい放題です。

しかし、このような状況では私が言いたい放題に感じていることも、被害者の当然の権利として受理されるのでしょう。



■質問内容

長くなってしまい大変申し訳ございません。
私が質問したい内容は以下の3点です。

・今回のような件では、やはり私の過失が85%となり相手の車両の修理代、治療費諸々を支払うことになるのでしょうか。
・警察が追跡していた証拠を手に入れることができれば状況は改善されるのでしょうか。
・また、警察が追跡していた証拠という都合のよいものはそもそも存在するのでしょうか。

稚拙な文章で恐縮ですが、どのような意見でも大変ありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
2018年02月25日 12時06分

みんなの回答

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
過失割合および損害額については、争うことができる可能性があります。ご自身の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されているのであれば、弁護士費用が賄えますので、お近くの弁護士に直接ご相談ください。

弁護士に依頼することになれば、物件事故報告書という警察の内部文書を、弁護士の立場で取り寄せることができます。人身事故の届出になっているのであれば、実況見分調書という文書を取り寄せることができる場合があります。
そこにまず記載があるかを確かめるべきでしょう。
もっとも、記載がないとすれば、目撃者などが現れない限りは、証拠は出てこないと思われます。

なお、警察に追跡させられていたことが、事故当時のスピード違反を導くのであれば、過失割合の修正がありえますが、そうでなければ、あなたの有利になることはなかなか考え難いところです。

2018年02月25日 12時26分

相談者
金原 光俊 様

早速のご回答、大変感謝いたします。

文字制限の都合上、本文に記載できませんでしたが、弁護士特約は付帯されておりません。

また、事故直後にバイクを運転していた本人が「スピードは結構出していた」と認めたことと、私の車両の破損具合からスピード超過を導き出しました。(車両の破損からそう導き出したのは私ではなく保険会社です)

しかし、今となっては車両の破損具合しか証拠がないです。
金原様の回答から察するに、それだけで有利に進めることはできないようですね。

大変貴重なご意見ありがとうございます。

2018年02月25日 12時39分

金原 光俊
金原 光俊 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
そのような証拠があれば、相手のスピード違反の程度を検証し、幾分か有利に進められる可能性があります。
弁護士費用特約がついていないとなると、別途弁護士と有料にて契約をしなければなりませんが、弁護士を介入させるべき案件だと思われます。
ご検討ください。

2018年02月25日 12時52分

相談者
金原 光俊 様

追記へのご回答ありがとうございます。
弁護士の契約も視野に入れてみようと思います。

ご意見誠にありがとうございます。

2018年02月25日 13時33分

この投稿は、2018年02月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「バイクと車」や「バイク同士」事故の過失割合は?3つの事例をもとに解説

バイクで走行中に事故にあった場合、過失割合はどのようになるのでしょうか。「バイク対車」と「バイク対バイク」の事例について「[みんなの法律相談](...

車線変更が原因で事故が発生…過失割合はどうなる?3事例をもとに解説

交通事故が起こる原因の1つに、車線変更があります。この記事では、車線変更が原因で起こった交通事故の過失割合について「[みんなの法律相談](https:/...

追突事故のケース別過失割合…追突された側にも過失がつく場合とは

交通事故の中で比較的発生件数が多いと言われているのが、追突事故です。追突事故において、追突した側と追突された側の過失割合は、どのように考えら...

過失割合10対0の交通事故で治療を受けるときに相手方の任意保険会社とやり取りする場合のポイント

過失割合10対0の交通事故でケガの治療をする際に、相手方の任意保険会社から、「健康保険を使って治療してほしい」「労災保険を使ってほしい」といった...

【交通事故】過失割合に納得できない…どんな事情があれば修正される?

交通事故の過失割合の交渉で、「納得いかない」と感じることがあるかもしれません。交渉次第では、過失割合が修正される可能性はあるのでしょうか。あ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 巻き込み事故について

     バイク対軽自動車の巻き込み事故の被害に遭いました。  私がバイクを運転していたところ、前方の車が突然左折をし、避けきれずに巻き込まれました。道路は片道2車線で、私は車道外側線(白線)の左側を走行、車は車道外側線をまたぐことなく右側を走行しており、何か思いついたように、幅寄せせず、曲がると同時ぐらいにウインカー...

  • 自動車×自転車の交通事故での過失割合について。車の運転をした私が第二当事者になった場合。

    1週間前に交通事故を起こしました。 18:50、街灯のない約1m50cm幅の歩道のある県道にて発生。私の車と同進行中の自転車が、車の約10m手前で道路より約20cm程高くなっている歩道より突然転落しました。私の車左前方側面に接触し、自転車の方が全治30日以上の大怪我をおいました。轢過したかは不明ですが、車に傷はなく、タイヤや衣類...

  • 交通事故。どおしたら良いでしょうか?

    よろしくお願いします。 先日、相手(40代女性)ー軽自動車、自分ー原付で交通事故を起こしましました。 事故状況は自分が原付で片側1車線、2車線の道路を30キロ前後で走行中、相手の軽自動車が、追い越し&幅寄せをし、自分の右側、相手側左側が接触。幸い転倒無し。 そこから100メーターくらい走行後、前方信号で自分停車時、ま...

  • 交通事故の警察判断に納得できない

    先日、交通事故にあいました。 時間は夕方6時半ごろで、こちらは駐車場から左折で出ようと停車中。出口の前方雪山に道路を横断する人がいました。 反対車線からウインカーをつけて、駐車場に入ろうとする車があり、左右確認してわずかに前進し停車。改めて左右確認すると、右から勢いよく走行してくる車があり、気づいたときには衝突...

  • 事実に反し重過失で送致されます。

    自転車乗車中に発生した内容で、長文ですが一読頂き助言頂ければ幸いです。 お伺いしたいこと ①送致する予定を止めることができるのか。 ②先方から警察に連絡してもらい止めることはできますか 経緯 当方は夜に歩行者専用通路を自転車で走行中(ライト点灯)に前方より、一般道路(横断禁止場所)を渡っている年配の女性(80歳位)...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

過失割合に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

過失割合の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。