事故証明の内容に納得できない

交差点での左折時に、当方の自動車に後ろから原付バイクがぶつかりました。当方は、左折しかけたところ横断歩道を渡りかけている歩行者がいたため、一旦停止していました。高齢の歩行者で、ゆっくり歩いておられ、当方へ「お先にどうぞ」と手で合図されましたが、歩行者の後ろから自転車も来ていたので、当方も歩行者へ「お先にどうぞ」と合図してさらに停止していました。そこへ後方から衝撃があり、降りて確認すると、原付バイクが車体後方の下部にぶつかり潜り込んでいました。
警察を呼び記録をとってもらいましたが、その際にも上記の歩行者とのやり取りを含めて詳細を説明し、「当方が横断歩道の手前で停止して3-5秒経ってから後ろから衝撃があった」とはっきり伝えました。その内容は、原付バイクの運転者も警察官の質問に対して認めました。
その後先方の保険会社から当方の過失責任を問う連絡があり、弁護士に依頼して調査してもらったところ、事故証明の内容が追突になっていなかったそうです。私としては大変驚きました。
上記のように停止してからの歩行者とのやり取りなどを詳細に記憶しており、それを正確に伝えていても、警察が追突として扱ってくれないことはあるのでしょうか? その事故証明のせいで当方の(本来0:100のはずだった)過失責任が生じる場合、警察に異議を申し立てるなどして内容を修正することは不可能なのでしょうか? 他の手立てはあるのでしょうか?
2017年11月23日 08時24分

みんなの回答

米川 耕一
米川 耕一 弁護士
ありがとう
実況見分調書はどうでしょうか?

2017年11月23日 08時43分

相談者
米川先生
早速ご回答頂きありがとうございます。
今回の事故では双方に人身傷害がないので、今のところ事故証明しか作成されていないと思います。これから警察に依頼すれば、実況見分調書が作成されるのでしょうか?

2017年11月23日 08時53分

米川 耕一
米川 耕一 弁護士
ありがとう
されないでしょう。
でも、過失相殺の立証責任は、バイクの方にあるので、
その立証が出来ないのでは?

2017年11月23日 09時01分

相談者
米川先生
せっかくご回答頂きましたが、専門用語を含めご回答の内容を十分に理解できません。平易な言葉でご説明頂けると有難いです。

2017年11月23日 09時36分

久保田 匡彦
久保田 匡彦 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ありがとう
双方に人身傷害のない物損事故ということであれば、実況見分調書は作成されず、物件事故報告書というものが作成されるのみです。物件事故報告書は、単なる警察の内部資料という位置づけでしかないですから、内容も極めて簡易ですが、一応、事故状況の略図が記載されていることがほとんどです。
弁護士に依頼されているということでしたら、まずは依頼中の弁護士に物件事故報告書を取得してもらった上で、対応を検討するのが先ではないでしょうか?
当事者本人に対しては開示されませんが、弁護士が、弁護士会照会等の方法をとれば、物件事故報告書が開示されることが多いようです(地域の警察ごとに対応が異なります。沖縄県警も最近になって、弁護士会照会に対しては、物件事故報告書を開示してくれるようになりました。)。

2017年11月23日 15時39分

相談者
久保田先生
ご丁寧なご説明、ありがとうございました。
依頼中の弁護士が警察に照会したところ、上記のとおり追突扱いになっていないことがわかりました。その先生の考えでは、報告書どおり当方が停止していたことは主張せず、少なからず責任を負う予定になっています。私自身は、報告書自体が私が警察官に伝えた内容と異なることに強い違和感を感じており、容易に修正する術はないものかと思い、ここでお尋ねしています。

2017年11月23日 16時48分

久保田 匡彦
久保田 匡彦 弁護士
交通事故に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
前述のとおり、「物件事故報告書」は警察の内部資料という位置付けでしかありません。
また、「民事不介入」という言葉からも分かるように、警察は民事事件を解決することを任務としておらず、この「物件事故報告書」を民事の損害賠償のために作成したわけでもありません。

したがって、残念ながら、警察が修正に応じる可能性は限りなくゼロに近いと言わざるをえません。あとは、依頼中の弁護士とよく相談して、最善と思われる方向で進めていくしかないでしょう。

2017年11月24日 16時29分

相談者
久保田先生
十分納得できるご説明をいただき、ありがとうございました。
今後も機会がありましたら、よろしくお願い致します。

2017年11月28日 12時57分

この投稿は、2017年11月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「スマホ操作」自転車と衝突した場合の過失割合【弁護士Q&Aまとめ】

車を運転中に、スマートフォンを操作しながら走行している自転車とぶつかってしまった。このような事故が起きた場合、車側にも過失があると判断される...

自転車で走行中に車と衝突…発生場所や時間帯は過失割合に影響する?

交通事故における過失割合は、個別の状況に応じて修正される場合があります。今回は、自転車やバイクで走行中に車と衝突した場合の修正要素の考え方に...

【交通事故】過失割合に納得できない…どんな事情があれば修正される?

交通事故の過失割合の交渉で、「納得いかない」と感じることがあるかもしれません。交渉次第では、過失割合が修正される可能性はあるのでしょうか。あ...

赤信号無視の自転車と車が衝突…過失割合はどうなる?

信号機のある交差点で、赤信号を無視して侵入してきた自転車と衝突してしまった場合、過失割合はどうなるのでしょうか。相手方とのその後の対応で、気...

【交通事故】巻込み事故の過失割合はどうなる?3つの事例をもとに解説

左折車や右折車の内側で接触する事故のことを、一般的に「巻込み事故」といいます。ここでは、「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com/bbs/)」に...

やること診断

今するべきことがわかります 交通事故のやること診断

チェックリスト

解決の流れとすべきことを知りたい方へ

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 警察官の行き過ぎた交通取り締まりについて

    先日、交通違反の切符を切られました。一時停止違反の切符です。 時間帯は深夜で仕事帰りでした。毎日通る道です裏路地から幹線の都道の側道を左折しようとした際です。 横断歩道があり、停止線が手前、標識もあるのは知っていました。 深夜であり歩行者や自転車が居ないのを徐行しながら確認し、ゆっくりと都道全体が確認できると...

  • 自転車の赤切符について

    一方通行の道路の歩道を自転車で走ってきて、その道路を横断する横断歩道を通過する際の出来事です。横断歩道にミニサイクルの自転車でとろとろと差し掛かったとき、信号が青点滅していることに気づいたので、そのまま止まろうと思い減速しましたが、右折のタクシーが止まって待ってくれたため、急いで横断しました。すると、横断歩道の...

  • 【交通事故】警察が追跡中のバイクとの右直事故における過失割合について

    ご覧いただきありがとうございます。 先日、交通事故にあいました。 内容は私が車、相手がバイクの右直事故です。 場所は片側1車線の三叉路でした。 事故発生当時、帰宅時間帯で対向車線が渋滞していました。 そこで、対向車線の車両が右折用のスペースを作ってくれ、道を譲ってくれました。 徐行して右折を試み、対向車か...

  • 一時不停止について

    納得ができません。 つい先程、一時不停止違反で呼び止められましだ。 状況としては、 本線への合流地点にて、私は減速して合流に備えました。本線の方に車が見えたので、一時停止し、そ の車が通った後に本線へ合流すべく、そのつもりでいました。 しかし、後方から結構なスピードで別の車が近づいて来ていた事と、本線が赤信...

  • 通行区分違反。質問?

    教えて下さい。 T字路から、片側二車線道路に右折しようとした時です。 車用の信号はなく、歩行者用の信号は青でした。 直進レーンに続く左側道路は信号待ちで車がならんで停車していた為、とりあえず右側車線に対して右折し、左側の車線に入ろうとしました。車間が詰まっていた為、安全に車線変更できる場所まで直進し、車間スペ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

過失割合に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

過失割合の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

交通事故のニュース

  1. 凶暴な飼い犬、小学生を襲う…被害児の親は「...
  2. バイク運転手死亡事故、信号無視した「歩行者...
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」 運...
  4. 「いじめの時効」はいつか…中学時代の同級生...
  5. 国内最悪「時速235キロ」で高速道路暴走した...
  6. 高速道路の落下物「年30万件」以上…タイヤ原...
  7. 高齢ドライバー対策、自動ブレーキ車など「限...

活躍中の弁護士ランキング

交通事故の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。