直近右折に対する過失割合の修正について

公開日: 相談日:2017年09月01日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

丁字路において、直進路を左から直進している時に右左折路から右折する車両が至近距離で右折してきたため衝突した場合に、直近右折は当てはまるのでしょうか。
右左折路側には、一時停止の規制ありです。
もし当てはまるのであれば修正要素としてはどれくらいになるのでしょうか。
軽自動車と普通自動車との事故です。
直進車両は運転席側ドア前方辺りに衝突されました。
相手車両の衝突箇所は確認していません。

お互い損害額が出ていないためとても不安です。
宜しくお願いします。

581293さんの相談

回答タイムライン

  • 泉田 健司 弁護士

    注力分野
    交通事故
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    T字路における直進車と右折車の過失割合(右折車側に一時停止規制がある場合)は、直進車:右折車=15:85が基本的過失割合ですね。
    直近右折というのは、直進車の至近距離で右折をすることですが、これは程度の問題と言わざるを得ません。直進車が通常の速度で、交差点にすでに進入しているか、そのすぐ手前までに来ている場合に当てはまる概念です。ご相談の事案が直近右折に当てはまるかは、証拠によって直近右折が立証できるか、という点にかかっているように推察いたします。
    ただし、交通事故の過失割合について、参考にされている「判例タイムズ38」では、この事故類型の場合、直近右折が修正要素として記載されていません。そのため、本件事故において、保険会社が直近右折の修正を認めてくれるかは、不透明に思います。仮に裁判をした場合、裁判官によっては、10パーセント程度の修正を認めてくれる可能性はあるとは思いますが、やってみないとわかりません。
    なんだか頼りない回答で恐縮ですが、参考になさってください。

  • 相談者 581293さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます。
    今回の場合で、修正となる項目はないのでしょうか。

    直進車は、交差点に進入する前に減速を行い交差点を通過中(先に進入)に右折車両の動きに気づいたためブレーキにより停止した所へ右折車両から追突されました。(交差点進入前に、右左折路側に車両を確認していたため減速(徐行)を行いました。)

    右折車の言い分は聞いておりません。

この投稿は、2017年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました