直進バイクと右折車の右直事故過失割合について。

公開日: 相談日:2017年07月28日
  • 1弁護士
  • 1回答

初めまして。
先日昼間、片側4車線の幹線道路の1番左車線を中型バイク法定速度以下のスピードで直進中、信号有り交差点内(右折矢印の無い)で、右折してきた軽自動車と接触しました。
当方が走っていたレーンは、左折と直進両方可の道路表示です。
信号は双方とも青でした。
こちらはすぐに救急車で運ばれ、火傷と打撲で全治1週間の軽傷と診断されましたが、翌日から左膝の打撲が酷く痛みだし、右肩、右首の付け根あたりの痛み、右肘の痺れ等の様々な症状が出て来たため、すぐに近所の病院に通い始めたところ、MRI検査等を行った後に、「少なくとも28日以上の加療、休業が必要」との診断書を貰いました。
相手は任意保険加入、こちらは未加入で、相手は怪我なし。
現在、相手の保険会社から、相手70-30当方という過失割合を提示されました。
なんであんなに安全運転してたのに、こちらが30も悪いのかと憤慨しております。
相手保険会社は、別冊判例タイムズ38号217図を根拠としているとのことなのですが、自分でも217図というものを確認したところ、素人判断的に記載のケースはすり抜けの場合じゃないのか?と思っております。

事故当時の状況としては、4車線中、自分の走っていた左端レーン以外は渋滞していました。
しかし、恐らく20km~30km程度だと思いますが、車は全体的に流れていました。
こちらは事故したくなかったので、歩道からの飛び出し等に注意し、ブレーキレバーに4本指をかけていつでも止まれるように構え、60km制限の所を40km台のトロトロ運転で走っていた事はハッキリ覚えています。
車線内を車のように走っていたので、すり抜け等も一切しておりませんでした。
横の車線の流れてる車が止まったと思ったら、突然軽自動車が当方の走っていた車線を塞ぐように出てきての衝突でした。

質問したいのは、この場合、別冊判例タイムズ38号の217図の状況を根拠に、70対30の過失割合になるのでしょうか?

また、もし渋滞で車の流れが完全に止まっていた場合の過失割合も教えて頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。

571835さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    お書きいただいた文面を拝見した限りですが、30:70は、被害者の過失が大きすぎるように思います。

    相手方損保会社は、最終的な決着よりも大きめの過失割合を提示してくることが多いですので、質問者様の過失は1,2割程度になる可能性もあります。正確なことは実況見分図などを吟味しないといえないです。
    完全に車の流れが止まってしまっていた場合には、追突のように0:100ということもありえるかと思います。

この投稿は、2017年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す