交差点付近での交通事故の過失割合について

公開日: 相談日:2017年04月24日
  • 1弁護士
  • 1回答

交通事故の過失割合についての質問です。

現場は片道1車線づつの国道の交差点付近で、対向車線にはウィンカーを出した右折待ちの車が3台ほどいました。
この交差点を青で走行していたところ、交差点を過ぎたところで右折レーンに並んでいた右折待ちの車のうちの1台(前から3台目)が突然、交差点付近(手前)にあるコンビニの駐車場に入ろうと右折を開始し、事故に逢いました。

保険会社同士での話し合いでは、判例タイムスから、直線道路での直進車と路外へ出る右折車との事故ということで10:90となったそうで、提示されました。
しかし、この判例の場合は前後に車がおらず、右折する車を認識できる状況での事故を想定していると思うので、割合及びこの判例に当てはめることには納得がいきません。

そこで、質問があります。

今回の事故では、右折待ちの車のうちの1台が交差点ではなく直前手前のコンビニ駐車場へ右折することを予測することは非常に困難であると思うのですが、この場合はどのような過失割合の解釈になるでしょうか。

できれば、過失割合を極力ゼロにできたらと思っています。ご回答よろしくお願いいたします。

544942さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    > しかし、この判例の場合は前後に車がおらず、右折する車を認識できる状況での事故を想定していると思うので、割合及びこの判例に当てはめることには納得がいきません。
    お気持ちは分かりますが、右折待ちの列があったからといって注意義務が免除されるわけではなく、むしろ、死角ができるような状況であれば周囲に対する注意義務が加重されるとも解されますから、右折待ちの車の列について強調することは得策ではないかもしれません。

    むしろ、路外への右折車90:直進車10との基本割合を前提に、右折車の徐行なしだとか合図無しだとかいった修正要素が主張できないかを検討する方が現実的なようにも思われます。

この投稿は、2017年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました