交差点内での車対車の事故の過失割合(レアケース)

公開日: 相談日:2017年04月06日
  • 1弁護士
  • 1回答

 信号青の交差点内で相手車両が右折するために並んでおり、その横を直進していると、突然相手方が左側にふくらみ接触しました。

 相手方は左前部フェンダー、当方は運転席ドア・後部座席ドアが損傷しました。
 進行方向は片側1車線、右折後は片側2車線の道路です。
 相手方は、前に右折待ち車両が2台あり、前の右折車両が右折後に追越車線に入ると予測し、右折後に走行車線に入ろうとして、前の右折車両を追い越そうとして、後続車の確認をせずに左側に膨らんだために、直進していた当車と接触したものです。
 進行方向は、両側2車線のため比較的狭い交差点です。

 相手方とこれから交渉するのですが、当方は避けがたく予測できない事故であり、停車車両に追突したのと同様の状況であるため、「100対0」で、相手方に全負担をしてもらうよう交渉をする予定です。

 ①このような場合の過失割合はどうなのでしょうか?
 ②こちらにも過失があるのでしょうか?
 ③このような判例があれば教えていただけるでしょうか?

 100対0の交渉は、当方の保険屋を通さずに示談交渉する必要があるとのことですので教えてください。

539967さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    ①このような場合の過失割合はどうなのでしょうか?

    追越車と被追越車と考えるなら、基本過失割合は90:10となります。
    追い越し禁止、車線変更禁止の場所なら、100:0もあり得ます。

    ②こちらにも過失があるのでしょうか?

    個別の事故の具体的状況によりますので、何ともいえません。

    >100対0の交渉は、当方の保険屋を通さずに示談交渉する必要があるとのことですので教えてください。

    あなたが弁護士費用特約に加入されているなら、弁護士に直接相談されることをお勧めします。

  • 相談者 539967さん

    タッチして回答を見る

    早速の回答ありがとうございます。

    交差点内で右折しようとしている相手車両が後ろから来た直進車両に、幅寄せするような形で左からぶつけにきたので、当方としてはどうすることもできませんでした。

    ④交差点内での出来事ですので、当然車線変更禁止で追い越しも禁止だと思うので、十分100:0の交渉をできると思いますが、いかがですか?

    弁護士特約に加入しているので、利用しようと思ってます。
    何度も申し訳ございませんが、お返事をお待ちしております。
    よろしくお願いします。

この投稿は、2017年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました